記事カテゴリー

組織文化(企業文化)の構成要素や具体例とは?自社のカルチャーを定義しよう!

企業文化とは、企業や従業員が意識的・無意識的に共有している独特の価値観や企業規範、前提条件・ルールなどのことを言います。企業文化は様々な要素に影響を受けて構成されています。企業文化を構成する要素について知ることが、企業文化を上手く活用するコツとなります。具体的にどのような要素が企業文化に影響を与えているのか、企業文化の具体例について説明します。

社員のモチベーション向上事例とは?会社の取り組みや施策内容について

社員のモチベーションを向上させると会社の業績が伸びることが、様々な研究や事例から分かっています。社員のモチベーションを上げる方法は、実際にモチベーションアップの取り組みに成功した企業の事例に、重要なヒントが隠されています。今回は実際の企業事例から、モチベーション向上の取り組みに成功した施策とその内容、要因について説明します。

テクニカルスキル(業務遂行能力)とは?自社での業務遂行スキルを見極める

ビジネススキルの基本的な分類は「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」の3つがあり、特に現場で活躍する人材は「テクニカルスキル」を重視して起用するのが適しています。テクニカルスキルは業務遂行能力とも呼ばれ、専門性の高さを示すスキルです。専門性の高さだけを重視してしまうと、以前のやり方にこだわって自社で成果がでないなどの弊害が発生する可能性があります。どんなテクニカルスキルがあるかよりも、どのようにしてテクニカルスキルを身につけたかに着目することが重要です。「テクニカルスキル」を重視するメリットやデメリット、注意点について説明します。

くるみん認定とは?認定基準の見直しや取り消しが行われた内容と経緯

くるみん認定とは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業が厚生労働大臣から受けられる認定制度です。くるみん認定は過去に2回認定基準の見直しが行われ、新しい基準に満たない企業の認定取り消しも行われました。今回は過去に行われた2回の見直しの内容と経緯についてご紹介します。

職場の離職率が高い・低いことによるメリット・デメリットとは?

応募者から離職率を聞かれた際に、一般的な離職率より自社の離職率が高い場合、応募者への伝え方などには悩んでいませんか?この記事では単純に「離職率が低い」=良い企業という図式ではなく、離職率が低い場合のメリットとデメリット、そして離職率が高い場合のメリットとデメリットを分析して解説します。離職率が高いけれど、それをどうにか前向きな表現を持って伝えたい人事担当者、また離職率が高い職場でこそ活躍してくれる可能性のある人材についても説明します。

企業文化(組織文化)とは?カルチャーの意味や定義、メリット・デメリットについて

企業文化は事業戦略と同じぐらい重要である、企業文化なき企業は並の業績しか挙げられない、と言われるほど、企業文化は企業にとって重要な概念です。企業文化は抽象的な概念であり、類似した「組織風土」や「社風」とも異なる概念ですが、定義があいまいな方も多くいらっしゃるかと思います。企業文化を活用し、業績アップにつなげるために、理解しておきたい「企業文化とは何か」について、説明します。

社員のモチベーションを上げる施策とは?7つの取り組み例について

社員のモチベーションアップのために最も重要なポイントは、社員がどんな欲求を持っているのかを理解して、欲求に応じた施策を行うことです。社員が求めているものを理解せず、無闇な施策を行うだけでは、効果が出ないだけでなく逆効果になってしまうことすらあります。今回は社員のモチベーションアップにつながる、具体的な施策を7つご紹介します。

ヒューマンスキルを構成する7つの能力一覧!具体例も交えて説明します

ビジネススキルの中でも会社内のどのポジションの人でも重要になるのが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルには人間関係を構築する「コミュニケーション力」、実務での応用が容易な「交渉力」、周囲の士気を高める「リーダーシップ」など更に細分化できます。将来マネジメントを任せられるか、人事評価に使うのはもちろんのこと、会社に馴染んでくれるかなどの観点から、採用選考にも活用できます。ヒューマンスキルを構成する7つの能力について、ビジネスシーンにおける具体例・活用例も提示しながら、説明します。

くるみんマーク・プラチナくるみんマークの意味とメリットとは?

くるみんマーク・プラチナくるみんマークとは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業に対し、子育てサポート企業として付与される認定マークです。くるみんマークを活用すれば、様々な方法で多くの人に向けた企業ブランディングが可能です。今回はくるみんマークの意味とメリットについてご紹介します。

応募者の志望度を上げる”採用選考プロセス”のポイントとは?

説明会や求人に応募した時点で、ある程度の志望度は期待できます。しかし、内定が出る即ち入社するほど志望度が高い応募者は多くおらず、自社に興味がある程度の志望度であることが多いです。人事担当者として重要になるポイントとして「応募者の志望度を選考プロセスでどう高めるか」になります。具体的に応募者の志望度を上げるための工夫やポイントについて、それぞれの選考フェーズなどに沿って説明します。