記事カテゴリー

採用ブランディングの動画は必要?目的から活用方法を考える

採用ブランディングの方法として、動画が用いられることがあります。若年層はYouTubeなどで普段から動画に慣れ親しんでいることや、文字や画像以上の情報を伝えられることから、動画は非常に有効な手段として考えられています。一方で、伝わりやすい動画ではなくかっこいい動画を作るなど、動画を作ることが目的となってしまっては本末転倒です。今回は採用ブランディングにおいて動画を使うことのメリットや注意点、活用方法について説明します。

ストレス反応とは?ストレスが発生するメカニズム3段階を理解しよう

ストレスを感じるメカニズムは、ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)から刺激を受けることで、ストレス反応として心理や行動に反応が起こることです。ストレス反応には、心理的な反応、行動的な反応、身体的な反応として現れます。ストレスを軽減したり、ストレス管理を行うためには、ストレスが発生するメカニズムについて理解しておくことが重要です。今回はストレス反応を中心に、ストレスが発生するメカニズムや、ストレス反応によって引き起こされること、ストレスの対処行動について説明します。

自己効力感と自己肯定感の共通点や違いとは?双方を活用しよう!

自己効力感と自己肯定感の違いと関係性について説明します。自己効力感と自己肯定感は、とてもよく似た言葉ですが、その意味は全く異なります。自分自身の成長をより良くするためには、自己効力感と自己肯定感の二つを高めることが重要です。ここでは、自己効力感と自己肯定感の違いや、その関係性について説明します。

ナレッジワーカー(知識労働者)とは?意味や定義、役割について

ロボットや人工知能の発達により、単純作業を行うマニュアルワーカーではなく、知識を知恵として活用するナレッジワーカーの重要性が高まっています。ナレッジワーカーとは、マネジメントの生みの親であるピーター・ドラッカーが提唱した用語で、知識経済を根本から支える高度な専門知識をもつ労働者と定義されています。ナレッジワーカーとホワイトカラーの違いや、何故今後ナレッジワーカーが重要視されていくのかについて説明します。

自己効力感の高い人、低い人の特徴とは?4つの情報源を理解しよう!

自己効力感の高い人の特徴や低い人の特徴について説明します。自分の自己効力感が高いのか低いのか、大体のイメージを持つことは、今後、新しいことを始めるときのモチベーションをコントロールすることに役立ちます。ここでは、自己効力感とは何か、自己効力感を決定する因子、自己効力感の高い人、低い人の特徴を説明します。

自己効力感を高める方法とは?すぐにできることから始めよう!

自己効力感を高める具体的な方法について説明します。「自己効力感」とは、自分が課題を克服できるという期待や自信のことを言います。「自分にはできる」という強い思い込みが行動を生み、結果的に成功を得る可能性を高くします。自己効力感を測る尺度と、自己効力感を高める具体的な方法について説明します。

副業解禁とは?期待する効果やメリット・デメリット、注意点について

大企業を含む、一部の企業において「副業解禁」の流れが加速しています。背景として、働き方改革の推進に伴い、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」から「原則副業を禁止する」文面が削除され、「原則容認する」文面が追加されたことが挙げられます。副業を解禁することで、労働者の健康管理や本業への影響などが懸念されますが、それ以上に企業・労働者側にも大きなメリットがあります。副業・兼業が原則禁止されていた背景と解禁された背景、企業・労働者側のメリットとデメリットについて説明します。

ブラザーシスター制度・メンター制度・OJTの違いとは?人材育成制度を理解しよう

メンター制度やブラザーシスター制度、OJTなど、企業の人材育成制度の代表的なものだけでも複数の種類があります。メンター制度やブラザーシスター制度、OJTは実施方法が異なるだけでなく、解決できる課題や目的についても違いがあり、自社の人材育成に関する課題において適した制度を導入することが大切です。人事担当者としては、各制度の目的や違いを理解し、自社の従業員内での混乱や認識のズレを生じさせないための工夫や取り組みも重要となってきます。今回はメンター制度やブラザーシスター制度、OJTなどの人材育成制度の違いについて説明します。

自己効力感とは?自信を持って行動することで、人生を成功させよう!

自己効力感とは、自分が課題を克服できるという期待や自信のことです。「自分はできる」という、いわゆる【強い思い込み】が行動を生み、結果的に成功を得る可能性を高くします。今回の記事では、自己効力感とは何か、自己効力感を活用する大切さを説明します。

チームビルディングのアクティビティとは?メリットやデメリット、目的を知ろう!

チームビルディングを行う方法の一つに「アクティビティ」を活用する方法があります。アクティビティは、メンバー全員で身体を動かしながらコミュニケーションを取り、共通の体験を得る方法です。日常の業務と離れて、異なる環境の中で取り組むことが多く、チームメンバーのプライベートに近い一面も垣間見える点もチームビルディングの大きなメリットです。チームビルディングをアクティビティで行う目的やメリット・デメリット、具体的なアクティビティの一例について説明します。