記事カテゴリー

組織風土や組織文化、社風の意味や定義の違いとは?

会社の内部や従業員の人間関係などを示す言葉として「組織風土」「組織文化」「社風」などが用いられます。抽象的であいまいな概念である組織風土や組織文化、社風ですが、厳密には全て言葉の意味に違いがあります。組織風土は社員のモチベーション、組織文化は仕事のやり方、社風は人間関係に影響を与えるものです。人事業務や経営戦略に組織風土や組織文化、社風という言葉を用いる上で、それぞれの言葉の意味や違いを正確に理解できるようになるために、解説いたします。

社員のモチベーションアップ方法とは?欲求を理解し、向上につなげよう

社員のモチベーションアップのためには社員の欲求を満たすことが大切ですが、欲求とは給与や昇進などの待遇に限った話ではありません。欲求の内容を正しく理解することが、社員のモチベーションを上げる方法を知る上で非常に重要です。今回は社員のモチベーションアップの方法と、モチベーションの上げ方のコツをご紹介します。

ヒューマンスキル(対人関係能力)とは?項目や種類を知ろう!

ビジネススキルのなかでも、どんな人材にも大切なものが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルは、主にコミュニケーションや教育で発揮される能力で、ヒューマンスキルが高い人材は専門性やキャリアにとらわれず、どんなポジンションでも活躍することが期待できます。具体的にはどのようなスキルなのでしょうか?この記事では「ヒューマンスキル」を構成する7種類の能力の項目を紹介し、人事業務に活用することでどのような効果が期待できるかを説明します。

くるみんとは?税制優遇措置だけじゃない認定企業のメリットについて

くるみんとは、仕事と育児の両立支援に取り組んでいる企業に対して、厚生労働大臣が実施している認定制度です。くるみん認定を受けた企業には、税制優遇だけでなく様々なメリットがあります。今回はくるみん認定制度の概要と、認定企業のメリットについてご紹介します。

採用したい人材の口説き方とは?テクニックやコツを理解しよう

自社に応募してくれた人材の中に「どうしても採用したい人材」がいる場合があります。優秀な人材は、多くの会社から内定を獲得できるため、入社してもらうためには、人材を口説くことが必要です。しかし「採用したい人材」は多くの内定先からも口説かれている可能性が高いです。人材の口説き方として、一般的にどのような口説き方が良いのか、他社との差別化を行うための口説き方などについて、3つのポイントに絞って説明します。

組織風土改革の成功事例・失敗事例とは?成功・失敗要因を探る

多くの企業が組織風土改革に取り組んでいます。成功した企業はもちろん、残念ながら失敗した企業も数多くあります。今回は組織風土改革に取り組んだ企業事例から、改革が成功した要因や失敗した要因について読み取っていきます。最も大切なのは、組織風土の改革には必ず明確な目的が必要なことです。「組織風土の改革」はあくまで課題解決の手段であり、改革をすることが目的ではありません。その他にも大切な要因は様々あります。実際の改革事例を紹介しながら説明します。

社員のモチベーションが低いことで起きる問題と対策の方法とは?

社員のモチベーションが低い状態では、労働生産性の低下や離職率の悪化など、企業にとって様々なデメリットがあります。モチベーションの低下は企業にとって致命的な悪循環を生むため、根本的な対策を行うことが極めて重要です。今回は社員のモチベーションが低いことで起きる問題と、モチベーション低下を防ぐ対策方法をご紹介します。

ビジネススキルの種類や分類とは?ビジネススキルを体系的に定義しよう!

一言でビジネススキルと説明しても、思い浮かべるスキルは様々あります。PCスキルといった専門的なスキルから、ビジネスマナーなどの社会人全般におけるスキル、管理者に求められるマネジメントスキルなどがあります。人材採用や人事考課でスキルを用いる際には、スキルの種類や分類を明確にして、具体的なスキルを明確にすることが大切です。カッツの理論(カッツモデル)では、ビジネススキルを3種類に分類し、現場のリーダークラスから経営層まで、求められるスキルの種類ごとに重要性が体系的に分類されています。今回はビジネススキルにおける分類であるカッツの理論(カッツモデル)でビジネススキルを活用する方法について説明します。

中途採用でのクロージングのコツとは?内定承諾率を向上させよう

中途採用においても内定辞退を防ぐためのクロージング面談は非常に有効です。特に優秀な人材であればあるほど、多くの内定が出るため、内定辞退を防ぐ施策は重要性を増します。しかし、実際に中途採用においてクロージング面談を行っている企業は多くありません。中途採用でのクロージングのポイントは「一度は仕事を辞めていること」。このポイントに絞って、クロージングを行っていない企業と差別化を行い、中途採用における内定辞退を防ぎましょう。

組織風土の改善方法とは?プロセスやポイント、注意点について

組織風土は改善できます。しかし、組織風土は自然発生して外部からの影響を受けにくいため、改善には多くの期間と労力を必要とします。組織風土を改善するためには、まず組織風土がどのようなものか、自社の組織風土の現状を把握する、理想とする組織風土とのギャップを埋める過程が必要となります。従業員一人一人の理解を得ながら、「なぜ組織風土を改善するのか」を明確にし、仕組みや制度を浸透させる方法について説明します。