記事カテゴリー

着実志向・挑戦志向とは?適性検査の価値観を採用・配属に活用する方法

ミツカリには、着実志向・挑戦志向という項目があります。着実志向は、大きなリスクを避けてキャリアをしっかり積み重ねたい人です。挑戦志向は、ハイリスク・ハイリターンを好み、挑戦を求める人です。着実志向の人は規律性と秩序あるポジションが適しており、挑戦志向の人は新規事業や責任を問われるポジションが向いています。着実志向・挑戦志向が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに着実志向・挑戦志向を活用する方法について説明します。

労働移動支援助成金の再就職支援コースとは?職業訓練を有効活用しよう!

労働移動支援助成金の再就職支援コースとは、自社の事業規模の縮小などにより、やむをえず従業員を離職させてしまう場合に、再就職しやすいように職業訓練などを実施することで得られる助成金です。再就職支援コースには3つの支援コースがあり、実施する支援内容によって受給できる助成金の金額なども変わります。再就職支援コースを受給する条件や受給金額、受給する際の注意点などについて説明します。

面接の仕方とは?面接官や企業が押さえるべき6つのチェックリスト

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。

社内ルールを守らない人に対して会社が取るべき対応や施策とは

社内ルールを作ったとしても、従業員に守ってもらえなければ意味がありません。社内ルールが守られない理由として「そもそも従業員に認知されていない」「現場の業務が反映されていない」など様々な理由が考えられます。今回は社内ルールが守られない理由と社内ルールを守らない従業員がいる場合に会社が取るべき施策について説明します。

ローパフォーマーとは?パフォーマンスの低い社員が生まれる原因や対策

ローパフォーマーとは、高い業績を生み出すハイパフォーマーの対義語であり、目標の成果が生み出せない人のことです。業績の悪化や他の社員への悪影響を生む可能性がある人材ですが、ローパフォーマーを切り捨てても解消されないどころか悪化する可能性があります。健全な組織を目指す上ではローパフォーマーへの対応がしっかりとできるかが焦点となります。今回はローパフォーマーの概要や放置するデメリット、原因と対応策について説明します。

リーダーシップとは?意味や良い・悪いリーダーを決める要因と具体例

企業にとって魅力的なのが「リーダーシップがある人材」です。会社で働いてもらうならば長期的に会社利益を出してくれる人材が望ましく、部署や会社全体に良い影響を与えるには「リーダーシップ」を発揮できる人材が不可欠となります。しかし、「リーダーシップ」という言葉は広く、頻繁に使用されているにもかかわらずいくつかの誤解を持ったまま認識している人も多くいます。今回はリーダーシップとはそもそも何か、どんな誤解があるのかなどについて説明しますので、リーダーシップの重要性を再認識してみましょう。

専門追求型・組織貢献型とは?適性検査の価値観を採用・配属に活用する方法

ミツカリには、専門追求型・組織貢献型という項目があります。専門追求型は、一つの分野のエキスパートとして組織に貢献したい人です。組織貢献型は、幅広い知識で組織に貢献したい人です。専門追求型の人は裁量権や責任が大きく、独立して働けるポジションが適しており、組織貢献型の人はエキスパートと会話しながら円滑にコミュニケーションを行うポジションが向いています。専門追求型・組織貢献型が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに専門追求型・組織貢献型を活用する方法について説明します。

過程重視・結果重視とは?適性検査の価値観を採用・配属に活用する方法

ミツカリには、過程重視・結果重視という項目があります。過程重視は、結果だけでなく、至るまでの自分の働きや考え方を評価してほしい人です。結果重視は、プロセスという曖昧なものを避けて最終的な結果のみで評価してほしい人です。過程重視の人は間接的に協力しながら業務を進められるポジションが適しており、結果重視の人は自分の能力が直接成果として見やすいポジションが向いています。過程重視・結果重視が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに過程重視・結果重視を活用する方法について説明します。

労働移動支援助成金とは?再就職の人材採用を強化できる助成金!

人材採用に関わる助成金として、労働移動支援助成金があります。労働移動支援醸成金とは、主に再就職を行う労働者を支援する企業のための助成金であり、従業員の再就職支援を行う、再就職を目指す求職者を雇い入れるなどで受給できる助成金です。人材獲得競争が激化していく中で、採用コストも増加傾向にあるため、受給できる助成金を積極的に活用し、企業を活性化させながら採用コストを抑えられる助成金制度は非常に有意義です。今回は労働移動支援助成金はどのような目的の助成金なのか、労働移動支援助成金の各コースの内容や受給できる要件や金額について説明します。

同一労働同一賃金では賞与(ボーナス)も対象となる!

正規・非正規間の不当な格差を是正する目的である「同一労働同一賃金」制度。基本給だけでなく、賞与も対象となっており、正社員と同様の貢献をしたアルバイトやパートタイム労働者にも、正社員と同様に賞与を支払う必要があると説明されています。一方で正社員と非正社員で業務内容や責務に大きな違いがある場合には、支払わなくても問題がないとの見解も示されています。今回は同一労働同一賃金制度における賞与の扱いについて説明します。