記事カテゴリー

求人票の就業時間の見方とは?変形労働時間制やみなし労働時間制とは

求人票の就業時間には、時間が定められている場合だけでなく、変形労働時間制やフレックスタイム制、みなし労働時間制などの様々な記載がされます。時間外労働の残業時間や残業代を知るためには、就業時間の種類について理解を深めることが大切です。今回は求人票における就業時間の見方について説明します。

性格検査(パーソナリティ検査)とは?採用適性検査の種類を知る

適性検査の一つである性格検査とは、曖昧で抽象的な概念である性格や価値観を、客観的かつ具体的に明示化してくれる検査です。しかし性格検査は分析を行うのみで、人事業務へ具体的にどのようにして応用していけばよいのかについては、利用者に委ねられ、有効活用できていないことも多々あります。今回は性格検査とは何か、自社ならではの形で活用するための方法やメリットについて説明します。

求人票の社会保険の見方とは?加入義務の有無や完備しているか確認しよう

社会保険は、多くの企業で加入が義務付けられている制度です。しかしながら、保険料負担を気にして、加入義務がありながらも加入していない事業所が多く存在するのも事実です。今回は求人票における社会保険の見方について、どのような保険があるのか、加入義務となる事業所の種類について説明します。

採用通知書の雛形やテンプレートとは?記載すべき内容とポイント

採用通知書とは、応募者が内定者になることを通知する書面であり、内定者として初めての接点となる手段です。採用通知書は事務的な手続きと考えられがちですが、内定者フォローの第一歩であると考えると、非常に影響力の多い手法です。売り手市場によって、内定獲得数も増加しており、優秀な人材であればあるほど、自社を選んでもらうための取り組みは重要です。今回は採用通知書のテンプレートから、記載すべき内容や具体例について説明します。

求人票の賞与の見方とは?基本給や手当の内訳、就業規則を確認しよう

賞与の支払いは、法的な義務はないものの、賞与のある企業はアピールポイントとして求人票にも記載しています。賞与は基本給ベースで支払われることが多いため、求人票に月給の記載があったとしても、基本給と手当の割合などを事前に確認しておくことが大切です。今回は求人票における賞与の見方について説明します。

面接の目的とは?見極めと惹き付けを使い分け、失敗しない面接をしよう

面接は全企業のうち99.4%が実施している採用活動プロセスです。面接の目的としては「応募者を見極める」ことが第一に挙げられますが、売り手市場においては「応募者の惹き付け」を行うことも重要です。新卒採用において、過半数の学生が2社以上からの内定を取得しており、「複数の内定から自社を選んでもらう」仕組みを面接にも取り入れることが大切です。面接の目的である「応募者の見極め」と「応募者の惹き付け」を行うことの重要性ややり方、注意点や配分について説明します。

求人票の賃金・給与の見方とは?基本給と手当、最低賃金の定義を知ろう

求人票に必ず記載される項目として、賃金や給与が挙げられます。職場への不満の多くが給与・賃金が低いと挙げられており、賃金や給与の意味を正確に知っておかなければ、入社後のギャップに悩んでしまう可能性があります。今回は求人票の賃金や給与の定義や見方について説明します。

ストレッサー(ストレス要因)の種類や例とは?仕事や上司の影響範囲

職場のストレスを軽減するためには、ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)を発生させないことが最も良い改善方法です。すべてのストレッサーを排除することは不可能ですが、明らかに不要で悪影響を与えているストレッサーについては改善が可能です。今回はストレッサーの種類や具体例から、改善可能なストレッサーにはどのようなものがあるのかについて説明します。

ナレッジワーカーの条件や特徴とは?抽象化して定義すると

顧客ニーズの多様化、付加価値の創造など、企業が競争で勝ち残るためにはナレッジワーカーの活用が必要不可欠です。ナレッジワーカーとは、知識や経験を知恵として活用して付加価値を生み出す労働者のことを指します。ナレッジワーカーの条件や特徴は自社が置かれている環境によって様々ですが、抽象化して条件や特徴を定義して説明します。