記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (50)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (87)
  • 離職・定着 (26)
  • 知識を知恵に活用するナレッジワーカーとは?意味や重要性について

    ロボットや人工知能の発達により、単純作業を行うマニュアルワーカーではなく、知識を知恵として活用するナレッジワーカーの重要性が高まっています。ナレッジワーカーとは、マネジメントの生みの親であるピーター・ドラッカーが提唱した用語で、知識経済を根本から支える高度な専門知識をもつ労働者と定義されています。ナレッジワーカーとホワイトカラーの違いや、何故今後ナレッジワーカーが重要視されていくのかについて説明します。

    加速する「副業解禁」に対応すべき?期待する効果と注意点とは

    大企業を含む、一部の企業において「副業解禁」の流れが加速しています。背景として、働き方改革の推進に伴い、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」から「原則副業を禁止する」文面が削除され、「原則容認する」文面が追加されたことが挙げられます。副業を解禁することで、労働者の健康管理や本業への影響などが懸念されますが、それ以上に企業・労働者側にも大きなメリットがあります。副業・兼業が原則禁止されていた背景と解禁された背景、企業・労働者側のメリットとデメリットについて説明します。

    ブラザーシスター制度・メンター制度・OJTの違いとは?人材育成制度を理解しよう

    メンター制度やブラザーシスター制度、OJTなど、企業の人材育成制度の代表的なものだけでも複数の種類があります。メンター制度やブラザーシスター制度、OJTは実施方法が異なるだけでなく、解決できる課題や目的についても違いがあり、自社の人材育成に関する課題において適した制度を導入することが大切です。人事担当者としては、各制度の目的や違いを理解し、自社の従業員内での混乱や認識のズレを生じさせないための工夫や取り組みも重要となってきます。今回はメンター制度やブラザーシスター制度、OJTなどの人材育成制度の違いについて説明します。

    チームビルディングのアクティビティとは?メリットやデメリット、目的を知ろう!

    チームビルディングを行う方法の一つに「アクティビティ」を活用する方法があります。アクティビティは、メンバー全員で身体を動かしながらコミュニケーションを取り、共通の体験を得る方法です。日常の業務と離れて、異なる環境の中で取り組むことが多く、チームメンバーのプライベートに近い一面も垣間見える点もチームビルディングの大きなメリットです。チームビルディングをアクティビティで行う目的やメリット・デメリット、具体的なアクティビティの一例について説明します。

    採用ブランディングの実施方法とは?5ステップで解説します

    採用ブランディングは、採用マーケティングと同様に、採用領域において近年注目されている概念です。採用ブランディングを実施する方法としては、採用マーケティングと同様に、求める人物像の明確や自社の強みや価値の把握などが必要です。採用マーケティングでの視点は自社にあったのに対して、採用ブランディングでは情報を受け取る求職者目線で考えることが重要です。今回は採用ブランディングの実施方法について、5ステップに分けて説明します。

    ストレッサー(ストレス要因)とは?仕事や職場におけるストレスを考えよう

    仕事や職場には、多くのストレス要因(ストレッサー)があります。ストレスの感じ方は人それぞれで、適量のストレスは企業や労働者にとって良い結果をもたらしますが、過剰なストレスは悪い結果をもたらします。日本では、仕事において強いストレスを感じている労働者は過半数以上にもなり、実際に精神障害の労災請求件数や労災決定件数は増加傾向にあります。今回は抽象的で目に見えないものであるストレスとは何か、仕事や職場でストレスを引き起こすストレッサー(ストレス要因)とは何かについて説明します。

    エンパワーメントの使い方とは?企業の活用事例からヒントを得る

    エンパワーメントとは、権限を持たせること、自信を与えること、力を付けてやることで、「意思決定の迅速化」「自ら考え、判断し、行動できる人材の育成」「本来持つ能力の発揮」などのメリットがあります。国内外問わず、エンパワーメントを活用して顧客満足度や離職率の低下を実現した企業は数多くあります。今回はエンパワーメントの使い方をイメージするために、エンパワーメントを活用した企業事例について紹介します。

    求める人物像の設計方法とは?4つの視点で考え、採用活動を成功させよう!

    採用活動を成功させるためには「求める人物像」を明確にすることが大切です。採用活動に失敗してしまう企業の特徴として「人材獲得が目的になっている」「求める人物像が明確化されていない」ことが挙げられます。少子化かつ売り手市場で人材獲得難が加速する中で、採用活動を成功させるためには、求める人物像の設計が大切です。今回は求める人物像の設計方法で重要な4つの視点について説明します。

    ブラザーシスター制度のメリットやデメリット、対策とは?

    ブラザーシスター制度は、新入社員に対して入社2年目~5年目ぐらいまでの若手社員が業務や職場の人間関係における悩みの相談相手となるサポート制度です。ブラザーシスター制度を導入することで、新入社員はもちろんのこと、指導役となる若手社員の早期離職を防止する効果があります。今回はブラザーシスター制度のメリットやデメリット、デメリットを発生させないための対策について説明します。