記事カテゴリー

行動力を構成するスキルとは?どのように行動力を育成できるのか

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。行動力は主体性やチャレンジ精神など、多くの企業が採用要件として掲げる要素と密接に影響しており、行動力の構成要素を理解することで人材の見極めや育成に活用できます。今回は行動力を構成する要素について説明します。

ブラック企業とは?意味や定義、組織の特徴やデメリットについて

ブラック企業とは、長時間労働やハラスメント行為などが常態化し、残業代の未払いといった違法行為が行われている企業を指します。実際には長時間労働やハラスメントがなくとも、離職率が高いだけで世間からブラック企業として認定されてしまうこともあり、違法性だけでなく自社がどのように認識されているのか客観的に判断する必要があります。今回はブラック企業とはなにか、ブラック企業に共通する特徴やブラック企業として認識されるデメリットについて説明します。

モラハラが起きる原因や対策方法とは?具体例から自社を客観視する

モラハラはモラル・ハラスメントの略で、精神的な嫌がらせのことです。暴言を吐くなどの直接的な被害だけでなく、無視するなどの間接的な被害もモラハラに該当します。ではなぜモラハラは発生してしまうのでしょうか?今回はモラハラが起きる原因や対策方法について説明します。

ホーソン効果とプラセボ効果の共通点や違いとは?自他の認識を活用する

ホーソン効果は上司などの他者が注目することで起こる効果であり、プラセボ効果は他者から見られていると自身が認知することで起こる効果です。ホーソン効果もプラセボ効果もともに良い影響を与える心理効果として知られているため、上手に活用することが大切です。今回はホーソン効果とプラセボ効果の共通点や違いについて説明します。

上下関係とは?職場におけるメリットやデメリットについて

職場の人間関係の一つに上下関係があります。職場の上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与える重要な課題です。上下関係は役割というルールのもとに発生し、責任の所在や指示系統、情報の流れに影響を与えます。今回は上下関係を活用するメリットやデメリットについて説明します。

離職防止のソリューションとは?退職理由から改善施策を考えると

離職を防止する方法としては「自社で発生した離職理由」と「一般的に多い離職理由」の2種類を改善するアプローチがあります。一般的に多い離職理由として共通しているのは「入社前に思い描いていた理想と入社後に感じた現実とのミスマッチ・ギャップ」です。今回は一般的に多い離職理由から、離職を防止するソリューションについて説明します。

リベンジ転職とは?自社に応募してくれた求職者を再度検討する

リベンジ転職とは、新卒入社時に希望していても入社が叶わなかった企業や業界に、ある程度の社会人経験を経てからもう一度挑戦し転職活動を行うことです。新卒時点での採用基準を満たしていない人材であっても、他社で社会人経験を身につけることで、再度希望する企業や業界に転職として応募してくれる可能性があるものです。今回はリベンジ転職を活用する企業としてのメリットやデメリットについて説明します。

行動力とは?従業員の行動力ががもたらす企業へのメリットやデメリット

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。ビジネスシーンでは慎重に検討することだけでなく、実際にやってみてから改善していくことも大切です。今回は行動力とはどのような能力なのか、従業員の行動力の有無によって企業にもたらされるメリットやデメリットについて説明します。

クランボルツの意思決定理論とは?予測が難しい中で活用できるキャリア理論

意思決定理論とはキャリアを選択していく意思決定そのものに焦点を当てた考え方です。クランボルツの意思決定では、人の特性だけでなく環境や学習経験なども意思決定に用いられることをモデル化し、偶然の出来事や出会いについても積極的に活用すべきであると提唱しています。今回はクランボルツの意思決定理論について説明します。

モラハラとは?どんな企業でも起こりうるハラスメントを理解する

モラハラはモラル・ハラスメントの略で、精神的な嫌がらせのことです。モラハラは暴言を吐くだけでなく、意図的に無視するなど様々なシチュエーションで起こりえます。モラハラの問題を放置すると、企業として罰則を受ける可能性もあります。今回はモラハラについて説明します。