記事カテゴリー

採用活動における課題と解決方法とは?課題が増えている背景を理解する

採用活動における課題は様々なものが挙げられます。生産労働人口の減少による母集団形成の難化だけでなく、人事部門の人手不足や新たな採用手法の出現と対応、通年採用への対応など課題は様々です。今回は採用活動における課題が増加している背景や課題の解決方法について説明します。

プレゼンテーションスキルを活用するメリットとは?細分化して考えよう

プレゼンテーションスキルは相手にお願いしたことをやってもらうために大切なスキルです。こちらの意見を伝え、理解してもらうことができて、はじめて人は動きます。一方的ではなく、双方的なコミュニケーションスキルと考えることもできるでしょう。この記事では、ビジネスシーンで不可欠なプレゼンテーションスキルとはなにかを解説し、実際にどのように活用していくかを紹介します。

海外で長時間労働が発生しにくい理由とは?日本の現状と取組を知ろう

日本に比べて、欧米をはじめとした海外の国々では長時間労働者の割合が低い調査結果があります。長時間労働者の割合が低い理由として、法律や労働協約で労働時間や残業可能時間がこと細かく定められていること、成果主義やタスク管理が徹底しており成果を出していれば柔軟に働き方を変えられることなどが挙げられます。今回は海外で長時間労働者の割合が低い理由から、取組内容を紹介します。

仕事をすぐに辞める人材の特徴とは?採用要件や人事評価に反映しよう

求人倍率は右肩上がりで上昇し続ける昨今、採用難易度が高く人手不足が深刻化しています。人を採りにくい時代だからこそ、従業員の離職率を改善することは採用と同じくらい大事な人事業務だと言えます。注目したいのが「どういう人が辞めやすいのか」ということです。この記事では、仕事をすぐ辞める人の特徴を整理し、人材マネジメントの効率アップのヒントを探ります。

スパン・オブ・コントロールとは?マネジメントできる人数は上限がある

スパン・オブ・コントロールとは、経営学で主に用いられる軍隊発祥の概念で、上司が直接連動してマネジメントできる人数の限界を示したものです。一般には5~8人、多くても10人程度と言われていますが、メンバー間の連携や業務の多様性、上司のマネジメント以外の業務量など様々な要素で適正人数は変化します。一方で、管理職を対象としたアンケートでは10人以上の部下を抱える管理職が過半数となっており、適切にマネジメントができない現状となっています。今回は管理職が管理できる人数を示すスパンオブコントロールについて説明します。

経験学習におけるサイクルとは?経験からの学びを効果的にするために

経験学習とは、日々の業務や人間関係など全ての経験を通して学ぶ事です。経験からの学びを最大限に活用するためには、体系化された経験学習サイクルを理解し、うまく循環させることが大切です。今回は経験学習サイクルにおけるそれぞれのサイクルについて説明します。

フォローアップ面談の具体的な質問例とは?目的と意図を明確にしよう

フォローアップ面談とは、新入社員だけでなく既存社員にも有効な教育方法です。フォローアップ面談を実施する場合には、事前に質問を用意しておき、お互いにとって有意義な時間にすることが大切です。今回はフォローアップ面談での具体的な質問例や質問する意図、目的について説明します。

プレゼンテーションスキルとは?活用場面はプレゼンだけではない

プレゼンテーションスキルとは、自ら情報を発信するコミュニケーションスキルの一つです。社内会議や報告会、顧客との商談など、さまざまな場所でプレゼンテーションの機会がありますが、実に7割以上に登るビジネスパーソンがプレゼンテーションスキルに不安を抱えているといわれています。この記事では、プレゼンテーションスキルの概要、どんな技術を身につければプレゼンテーションスキルが向上するかを紹介します。

長時間労働の対策企業事例とは?成功要因を知り、自社にも活用しよう

長時間労働は多くの日本企業が抱えている問題です。厚生労働省の調査では、長時間労働への対策を行った企業は9割を超えている一方で、実際に改善された企業は約半数程度であり、改善施策が失敗に終わってしまうこともあります。今回は長時間労働を対策し、実際に効果が現れた企業の取組施策事例について説明します。