記事カテゴリー

ダニング=クルーガー効果が発生する原因や対策方法、活用方法とは?

ダニング=クルーガー効果とは、能力の低い人ほど自己評価が高く、能力の高い人ほど自己評価が低くなるバイアスです。能力の低い人は根拠のない自信を持つため、人事部や経営者が有効活用することで、人材を行動につなげやすくすることもできます。ダニング=クルーガー効果が発生する原因や対策方法、活用方法について説明します。

トレーニンググループとエンカウンターグループの違いとは?

トレーニンググループとエンカウンターグループは、ともに人間関係を通じた能力の発展を目的として行われる体験型学習です。実施事例も多く実証研究も盛んに行われており、コミュニケーションやリーダーシップの教育研修として多くの企業に採用されつつあります。今回はトレーニンググループとエンカウンターグループの違いについて説明します。

両立支援等助成金の育児休業取得等支援コースとは?育休しやすい環境整備に

両立支援等助成金の育児休業取得等支援コースとは、女性が育児休業を取りやすくするための社内整備に活用できる助成金です。育児休業を取得するだけでなく、職場復帰時、代替要員確保時など、企業の育児休業取得支援の実態に沿った内容で支援が行われます。今回は育児休業取得等支援コースの詳細について説明します。

要員計画に必要な項目とは?フォーマットを活用して効果的に運用しよう

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、業務の棚卸しを行い、必要な役割や職種を事前に確認し、経営戦略とすりあわせていくことが大切です。今回は要員計画に必要な項目や活用できるツールについて説明します。

HSPに向いている仕事や業務内容とは?適職を理解し適材適所を実現する

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、生まれつき刺激に敏感で、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう人のことを指します。HSPは対人関係の多い接客業や営業職などでは強いストレスを感じてしまいますが、デザイナーなどのクリエイティブ職や教師やインストラクターなどでは高い能力を発揮するなど、組織として適した業務を割り振ることが大切です。今回はHSP人材に向いている仕事や業務内容、苦手な業務内容について説明します。

デリバラブルとは?戦略人事を実現するために必要な視点と考え方

デリバラブルとは、行為の内容を考えるのではなく、行為の結果「誰に、何をもたらすことができるのか」という観点で考えることです。人事業務、戦略人事においては「経営にどのような成果をもたらしたのか」という意味で使用されます。今回は戦略人事を実現するために必要なデリバラブルの考え方について説明します。

セクハラとは?改善や発生防止対策は企業の義務である!

セクハラとはセクシャルハラスメントの略称で、行う側が意図する・しないにかかわらず、相手が不快に思い、相手が自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動、性的いやがらせのことを指します。様々な調査で、従業員の多くがセクハラ被害に遭っていること、被害に遭っても相談していないことが明らかになっています。セクハラを放置すると、メンタルヘルス不全などの健康被害だけでなく労働生産性の低下、離職率にも大きな影響を与えます。今回はセクハラについて説明します。

ダニング=クルーガー効果とは?自信や自己評価に関わるバイアス

ダニング=クルーガー効果とは、能力の低い人ほど自己評価が高く、能力の高い人ほど自己評価が低くなるバイアスです。ダニング=クルーガー効果によって、能力の低い人は根拠のない自信を持つため、人事部や経営者が有効活用することで、人材を効果的に動かすこともできます。今回はダニング=クルーガー効果について説明します。

Tグループとは?体験型学習でコミュニケーションや人間関係を学ぶ

Tグループとはトレーニンググループのことを指し、コミュニケーションやリーダーシップなどの人間関係を総括して深く学べる体験学習方法です。福祉職や管理職に向けた教育研修として用いられていましたが、近年は新人教育やチームビルディングなどにも活用されています。今回は企業の人材育成にも活用できる体験型学習Tグループについて説明します。

両立支援等助成金の女性活躍加速化コースとは?どの企業でも申請できる

ポジティブアクションなどで、女性活躍や社会進出をサポートする企業が増えてきています。女性活躍を推進する企業に対して、最大60万支給される助成金が両立支援等助成金の女性活躍加速化コースです。採用時の男女比率や管理職の女性比率に対して具体的な数値目標を立てている企業にこそ活用してもらいたい女性活躍加速化コースについて説明します。