ビッグファイブの神経症傾向とは?意味や特徴、向いた業務について

性格を科学的に記述する「ビッグ・ファイブ理論」

「行動の科学」=近代心理学において、人間の性格における分類方法で広く活用されている「ビッグ・ファイブ(The Big-Five factor structure)」があります。現代の性格分類において、最もメジャーである分類方法として確立されている「ビッグ・ファイブ」は、多くの適性検査においても用いられている、非常に汎用性のある理論です。

「ビッグ・ファイブ理論」は、1990年代に心理学者のルイスゴールドバーグが『パーソナリティの特性論(性格分析)』において「人間が持つさまざまな性格は5つの要素の組み合わせで構成される」としたものです。

心理学の性格研究では、長年にわたって様々な性格類型や特性が提案されてきましたが、お互いに別物であり科学にならない、という難問を長らく抱えていました。ゴールドバーグが大規模な多変量解析によって特定した構造が「ビッグ・ファイブ」で、現在は最も信頼性のある性格分析と言われています。

多くの企業で用いられる適性検査を理解するための指標ともなっており、ビッグ・ファイブ理論に基づいて、さまざまな研究も行われています。適性検査における性格検査もビッグ・ファイブ理論に基づいたものが多く、適性検査を理解する上ではビッグ・ファイブ理論を理解することも非常に有用です。

今回は、ビッグ・ファイブ理論における5つの要素のうちの1つ「誠実性」について説明します。

ビッグ・ファイブ理論における「神経症傾向」とは?

ビッグ・ファイブ理論の考え方は、5つの要素でその人のパーソナリティの特徴を大まかに説明できるとするものです。

5要素は研究者によって多少その内容は異なりますが、基本的な考え方は全て同じです。現在最も広く利用されているのは「コスタ&マックレー」のモデルとされており、「外向性」「調和性」「誠実性」「神経症的傾向」「経験への開放性」の5つに大別されます。辞書にある何万という言葉の中から性格に関する言葉を洗い出し、区分し、最後に残った5つの言葉だとされています。

傾向 特徴
外向性 興味関心が外界に向けられる傾向 積極性、社交性、明るさ
調和性 バランスを取り協調的な行動を取る傾向 思いやり、優しさ、献身的
誠実性 責任感があり勤勉で真面目な傾向 自己規律、良心、慎重
神経症的傾向 落ち込みやすいなど感情面・情緒面で不安定な傾向 ストレス、不安、衝動的
経験への開放性 知的、美的、文化的に新しい経験に開放的な傾向 好奇心、審美眼、アイデア

引用元『モチベーショナップの法則』ビッグ・ファイブ(特性5因子モデル)

それぞれの因子が高いから良い、低いから悪いというわけではなく、それぞれにメリットとデメリットが存在しています。

協調性が高いことは、特に日本においてはポジティブにとらえられがちです。しかし協調性が高い人は、対人における愛着心が強い一方で、自分なりの独立した考えを持つことに難がある、という性質とセットになっています。

協調性
出典元『DECIDE+』ビッグ・ファイブ性格モデルとは

ある特性に強く偏っているタイプは、良くも悪くもその影響を強く受けており、さまざまな形態で”個性的”になります。

一般的な「個性とは何か?」という印象と同様、心理学のパーソナリティもまた、その人の持っている安定的な構造ととらえられています。デメリットだけ打ち消して成長する、という発想はないのです。

神経性傾向の意味や特徴とは?

神経性傾向は「ストレス耐性」「メンタル傾向」とも呼ばれ、ネガティブなことへの感情の反応を示しています。不安になるようなトラブルやプレッシャーのかかる仕事・テストなど、ネガティブな出来事に対してどう反応するかを示すものです。

日本人は往々にして「新しい物を生み出すよりも既存の物の問題を見つけて改善する」ことが得意ですが、これは日本人が「神経性傾向が強い」民族であるためとも言われています。美点として「優しい」「真面目」「几帳面」「綺麗好き」というようなものがあります。

神経性傾向は何に影響を与えるのか

神経性傾向は、長所短所は常に表裏一体です。神経性傾向からは、メンタルの強い面と弱い面、柔軟さなどを見ることができます。

他の要素である「外向性」は「ポジティブ感情に対する反応性」を見るものですが、神経性傾向は「ネガティブ感情にどれだけ反応的か」というパーソナリティ特性=神経質傾向(情緒安定性)を見るという側面があります。

神経性傾向が高い人の特徴と適した仕事とは

周囲の人の感情への感度が高く空気を読むことができ、洞察力がある一方で「メンタルが弱い人」と評価されがちでもあります。恐怖と不安、羞恥、罪悪感、悲しみといったネガティブ感情に敏感に反応するため、ちょっとした環境の変化や失敗、険悪な人間関係に対して情緒不安定になりやすいです。

人よりも優れた感受性を備えているということがありますが、独特の発想力や繊細な気配りのできる性質とも言うことができます。問題点を抽出したり、問題が発生する前に事前に準備しておく能力が高いとも言われています。

精神面を深く考える傾向にあるため、詩人や作家、アーティストなどの芸術的な分野に向いていると言われています。綿密で丁寧な対応が求められる医療関係やものづくりの業種や、問題点や欠陥を見つけて改善する仕事、環境に影響されにくく落ち着いた場所でできる仕事などに向いています。

神経性傾向が低い人の特徴と適した仕事とは

恐怖心にとらわれることなく誰からも頼りにされる存在で、常に落ち着いている、いわゆる「メンタルが強い人」と呼ばれるタイプです。物事に動じず、冷静に判断を下すことができる一方で、鷹揚であるがゆえ、自分の周りにある危険に気づくのが遅いというマイナスの面もあります。

向いている職業は、アスリートや警察官、消防士など、自身の力で大胆な行動が必要とされるものや、建築・土木関係などの体力のある仕事、営業職などある程度のストレス耐性が求められる職種などです。冒険家や探検家など、何かを開拓していく方向性も考えられます。

ストレスに強い=必ず良い人材ではない!

神経症傾向はストレス耐性にも影響を与えている要素です。メンタルヘルス管理が注目される昨今では、多くの企業でストレスに強い(神経症傾向が低い)人を優先して採用する傾向にありますが、注意が必要です。

神経症傾向が低い人は、ストレス対処は上手ですが、リスクに対して過度に楽観視していたり、危険を顧みず行動してしまう傾向があるため、時としてハイリスクな決断を求められる時に一方的に決断してしまうなどのリスクもあります。

慎重に行動できる、神経性傾向の低い人物をうまくチームに組み込むことなどができれば、より弾力性のある強い組織を作っていくことができるでしょう。人材を一つの側面で判断するのではなく、組織全体を俯瞰した「適材適所」を意識したチーム作りを心掛けることが重要なのです。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ