ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプとは?

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。特に営業職や販売スタッフなどの顧客と直接関わる職業は、ソーシャルスタイル理論を理解することで、ビジネスでのコミュニケーションがよりスムーズになるとされています。

ソーシャルスタイル理論は、米国の産業心理学者であるデイビット・メリル氏とロジャー・レイド氏によって、1960年代に提唱されました。メリル氏らは、人々の潜在的な経営力や営業のセンスなどを見抜く法則を探す研究として、人々がある程度の緊張が伴う場面でどのようにふるまうのかに着目して分析を行い、分析結果を「ソーシャルスタイル」としてまとめました。

ソーシャルスタイル理論では、人の性格や価値観は、物事の考え方や意思決定の仕方の傾向から「ドライバータイプ」「エクスプレッシブタイプ」「エミアブルタイプ」「アナリティカルタイプ」の4種類に分類されます。

ソーシャルスタイル理論を活用するためには、自分と相手がどのタイプに属するのかを見定めた上で、それぞれの相性に応じたコミュニケーションの方法を考える必要があります。

弊社サービス「ミツカリ」でも、応募者や従業員のソーシャルスタイルが一覧で閲覧できる機能を提供しています。採用面接時に応募者の方との会話をスムーズにする、配属予定部署の従業員とのスタイルの違いを理解するなど採用時だけでなく、人事面談や1on1面談時のコミュニケーションを円滑にするマネジメント時にもご活用頂けるように提供しております。

会社や部署に合う人材を診断、採用前にミスマッチが見えるミツカリ

今回の記事では、エミアブルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

エミアブルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性とは?

エミアブルタイプとは、周囲の気持ちに敏感で、自分の話をするよりも相手の話に耳を傾けるタイプです。いつも明るく、自分のことよりも組織全体の調和を重視します。

ソーシャルスタイル理論で分類される4つのタイプとは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは「感情」と「意見」の強弱によって「ドライビング」「エクスプレッシブ」「エミアブル」「アナリティカル」という、4つのタイプに分類されます。

4タイプのソーシャルスタイル
出典元『リクナビNEXTジャーナル』あなたは何タイプ?コミュニケーション上手になるための4タイプ診断法

ソーシャルスタイルで分類される人の言動には、4タイプいずれかの傾向があります。4タイプの特徴を実在した人物に当てはめた例がありますので、イメージの参考にしてみてください。

ソーシャルスタイル別の具体的な人物例
出典元『WOWOWコミュニケーションズ』ソーシャルスタイル理論とは?相手の心をつかむコミュニケーション

エミアブルタイプの特徴とは?

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプとは、自己主張が弱く、感情表現が豊かなタイプです。

エミアブルタイプの強みとしては、以下が挙げられます。

  • 和やかな雰囲気を好み、人間関係の構築が得意
  • 聞き上手で、人の意見を積極的に取り入れる
  • 周囲の変化に敏感で、困っている人がいれば助ける

エミアブルタイプの弱みとしては、以下が挙げられます。

  • 周囲を気にするあまり、優柔不断で意思決定が苦手
  • 客観的な事実よりも、自分の感情や人の意見を優先しがち

エミアブルタイプは、協調力や共感力に優れていることから、周囲をサポートするような仕事に向いているタイプだと言われています。

エミアブルタイプと他タイプとの相性とは?

エミアブルタイプと他タイプとの相性やコミュニケーションの方法について、4種類のソーシャルスタイルごとに詳しくご紹介します。

  1. エミアブルタイプ同士の相性とコミュニケーション方法
  2. エクスプレッシブタイプとの相性とコミュニケーション方法
  3. アナリティカルタイプとの相性とコミュニケーション方法
  4. ドライバータイプとの相性とコミュニケーション方法

1.エミアブルタイプ同士の相性とコミュニケーション方法

エミアブルタイプ同士の相性で良い点は、お互いに協調的で共感力が優れているため、和やかな雰囲気が生まれる点です。

エミアブルタイプ同士の相性で悪い点は、お互いに相手の意見を尊重しようとするため、結論が出るまでに時間がかかりすぎる点です。

エミアブルタイプ同士でコミュニケーションを取る際は、お互いに意思決定が苦手であることを意識して、言うべき意見はハッキリ言う姿勢を持つことが大切です。

2.エクスプレッシブタイプとの相性とコミュニケーション方法

エミアブルタイプとエクスプレッシブタイプの相性で良い点は、感情を重視する傾向が共通しているため、話が合いやすい点です。

エミアブルタイプとエクスプレッシブタイプの相性で悪い点は、エミアブルタイプは自己主張が弱く、エクスプレッシブタイプは自己主張が強いため、会話が一方的になりがちな点です。

エミアブルタイプとエクスプレッシブタイプがコミュニケーションを取る際は、お互いに相手の話のペースに合わせることを意識し、話すばかり・聞くばかりにならないように意識することが大切です。

3.アナリティカルタイプとの相性とコミュニケーション方法

エミアブルタイプとアナリティカルタイプの相性で良い点は、相手の意見を聞こうとする傾向が共通しているため、コミュニケーションの摩擦が起きにくい点です。

エミアブルタイプとアナリティカルタイプの相性で悪い点は、エミアブルタイプは感情を重視し、アナリティカルタイプは論理を重視するため、会話にズレが生じやすい点です。

エミアブルタイプとアナリティカルタイプがコミュニケーションを取る際は、お互いに相手が自分とは逆の価値観を持っていることを理解し、自分の意見が相手に伝わるように努力する姿勢を持つことが大切です。

4.ドライバータイプとの相性とコミュニケーション方法

エミアブルタイプとドライバータイプは、性格や価値観に共通する傾向がないため、あまり相性が良くありません。それぞれと共通する傾向を持つエクスプレッシブタイプやアナリティカルタイプが間に入ることで、コミュニケーションが取りやすくなります。

エミアブルタイプとドライバータイプの相性が悪いというのは、両者間のコミュニケーションに限った話です。正反対のタイプ同士は、お互いに相手の苦手な点を補い合える関係とも言えるため、上手く役割分担できれば非常に効率の良いチームワークを発揮します。

エミアブルタイプとドライバータイプがコミュニケーションを取る際は、お互いの性格や価値観が正反対であることを理解した上で、自分には無い視点を尊重する姿勢を持つことが大切です。

エミアブルタイプの特徴を知り、コミュニケーションに活用しよう!

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプとは、自己主張が控えめで、感情表現が豊かなタイプです。

エミアブルタイプは、協調力や共感力に優れていることから、周囲をサポートするような仕事に向いているタイプだと言われています。協調的で人間関係の構築が得意なタイプですが、意思決定が苦手で全体の調和を重視するため、論理的で自己主張が強いドライバータイプとの相性があまり良くない傾向があります。

ソーシャルスタイルごとの特徴を理解し、お互いの得意なことや苦手なことを知っておくことでコミュニケーションが円滑になり、長所を伸ばし合い短所を補い合えるようになるでしょう。

弊社サービス「ミツカリ」では、72問10分程度の適性検査で応募者や従業員の性格特性を検出できます。今回の記事で取り上げた「ソーシャルスタイル」についても、性格特性と同時に検出できるため、自社の組織特徴を再確認するだけでなく、管理職と部下のコミュニケーション時の注意点としてもご活用いただけます。管理職がエミアブルタイプである場合には、特にドライバータイプの部下に対してのコミュニケーション時に注意を喚起しておくことが大切です。ソーシャルスタイルを用いた社内コミュニケーションの改善を検討される場合には、お気軽にお申し付けください。

ソーシャルスタイル

資料ダウンロードフォーム

    「ミツカリ - 導入事例集」が無料でダウンロードできます

    ミツカリは採用活動における利用だけでなく、入社後のマネジメントにも利用できる適性検査として3,800社以上の企業に導入されています。サービスも5年以上の運用実績があり、効果検証に時間のかかる離職率改善等においても、多くの企業で成果を出しています。

    今回はミツカリを導入した企業における活用方法や導入後の効果について、代表的な7つの事例をまとめました。是非ダウンロードしてご参照ください。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ