記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

デモグラフィー型ダイバーシティとは?デメリットや問題点を理解しよう

デモクラフィー型ダイバーシティとは、性別・国籍・年齢など、属性の多様性のことを意味する言葉です。デモグラフィー型ダイバーシティは、外見的・表面的な多様性ばかりに意識が向き、社員の不信感や不公平感の原因になりやすいというデメリットがあります。今回はデモグラフィー型ダイバーシティの意味や定義、企業へのデメリットが起こる理由についてご紹介します。

タスク型ダイバーシティとは?メリットや活用方法を理解しよう

タスク型ダイバーシティとは、能力・経験・知識など、実力の多様性のことを意味する言葉です。タスク型ダイバーシティは、組織や事業に新しい知識や価値観を与え、イノベーションを起こす大きなきっかけとなります。今回はタスク型ダイバーシティの意味やメリット、デモグラフィー型ダイバーシティとの違いについてご紹介します。

アンコンシャスバイアスの具体例とは?偏見の原因と対策方法について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスへの対策を考える際には、アンコンシャスバイアスが持つ2つの厄介な特徴に注意が必要です。今回は企業で発生し得るアンコンシャスバイアスの具体例と、対策の方法についてご紹介します。

アンコンシャスバイアスとは?意味や定義、企業への悪影響について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスは、多様な人材を労働力として迎え入れる障害となるため、企業で働き方改革を進める際には必ず対策しなければならない問題です。今回はアンコンシャスバイアスの意味や定義を説明し、アンコンシャスバイアスが企業に与える影響と防止策についてご紹介します。

アファーマティブアクションの現状とは?日本が遅れている理由

日本のアファーマティブアクションは、世界から見て非常に遅れています。日本のジェンダー・ギャップ(男女格差)指数は、世界全体で見ると非常に低いランクで推移しており、先進7ヵ国の中では最下位です。今回は日本のアファーマティブアクションが遅れている原因を、世界の指標と比べながらご説明します。

ポジティブアクションの取り組み事例とは?課題を明確にしよう!

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。自社でアファーマティブアクションの取り組みを始める際、どんな取り組みを行うかを考えるために、他社の事例を見ることで大きなヒントが得られます。今回は実際にアファーマティブアクションに取り組んだ企業の事例を、6例ご紹介します。

テレワークデイ参加企業から学ぶテレワークのメリットとは?

テレワークデイとは、東京オリンピック開催に向けて行政機関の主導で行われている、テレワークの導入を推進する国民運動です。テレワークデイに参加した企業のほとんどが、労働生産性の向上や従業員のワークライフバランス向上を実感しています。今回はテレワークデイ参加企業の報告書をもとに、テレワーク導入で実際に得られたメリットについてご紹介します。

テレワークデイズとは?目的や参加するメリットや効果について

テレワークデイとは、東京オリンピック開催に向けて行政機関の主導で行われている、テレワークの導入を推進する国民運動です。テレワークデイの参加企業数は2017年から2018年の間で大きく増加し、東京オリンピック前年となる2019年には、参加企業の更なる増加が予想されます。今回は国が推進するテレワークデイの概要と、参加するメリットについてご紹介します。

テレワーク導入に使える助成金制度の種類と受給条件、受給金額とは?

テレワークは、国や政府が推進する働き方改革の一つとして、様々な制度や運動で推進されています。テレワーク導入を推進する助成金制度にはいくつかの種類があり、助成金を上手く活用すれば、テレワーク導入のハードルを下げることができます。今回は自社でテレワークを導入する際に申請できる助成金の種類と、それぞれの受給条件や受給金額についてご紹介します。

テレワーク導入のメリットとは?導入企業事例から導入効果を探る!

テレワークは1970年代から存在していましたが、働き方改革推進の影響やビデオ会議システムの普及による導入の容易化などから、近年再度注目が集まっています。テレワーク導入の方法と導入した際のメリットを知るためには、実際に導入した企業の事例が大きなヒントになります。今回は実際にテレワークを導入した4社の企業による、実施したテレワークの内容と得られたメリットについてご紹介します。