記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

障害者採用の評価項目・評価基準とは?職業準備性を理解しよう

民間企業の障害者法定雇用率は2.2%で社員を45.5人以上雇用してる企業は障害者を雇用する義務が発生します。しかし過半数以上の民間企業では障害者法定雇用率は未達成であり、受け入れ体制がないのが課題となっています。今回は障害者雇用における評価項目や評価基準の設定方法、職業準備性について説明します。

RPAを導入した成功企業事例とは?労働生産性向上のヒントにしよう

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、ロボットによってホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジーとして、世界中で注目されています。今回は、ホワイトカラーの生産性を向上させるために欠かせないRPAについて、効果的に活用している企業事例をご紹介します。

RPAツール導入までのプロセスとは?準備すべきポイントを理解しよう

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、ロボットによってホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジーとして注目されています。ホワイトカラーの生産性を向上させる、RPAについて、今回は導入前に準備しなければならない点をプロセスごとに説明します。

障害者採用の現状やメリット、デメリットとは?受け入れ体制を整備しよう

民間企業の障害者法定雇用率は2.2%で社員を45.5人以上雇用してる企業は障害者を雇用する義務が発生します。しかし過半数以上の民間企業では障害者法定雇用率は未達成であり、受け入れ体制がないのが課題となっています。今回は障害者雇用の背景やメリット・デメリットについて説明します。

RPAを活用した働き方とは?現在できることと将来できるようになること

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、ロボットによってホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジーとして、近年多くの企業で注目されています。今回は、RPAの概要とともに、RPAの出現で可能になったこと、また今後展望される未来などについて掘り下げます。

RPAとは?RPAが普及した背景や目的、導入するメリットについて

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、ロボットによってホワイトカラーの単純な間接業務を自動化するテクノロジーとして、近年多くの企業で注目されています。今回は、ホワイトカラーの生産性を向上させるRPAが注目・導入されてきた背景や導入するメリットについて説明します。

リカレント教育とミドル・シニア人材の活用方法の関係性とは?

リカレント教育とは、義務教育や基礎教育を受けて以降、社会に出て仕事をするようになってからも、個人が教育機関に戻って学ぶことができる教育システムです。リカレント教育は、若年層だけでなくミドル・シニア世代の人材にとっても重要です。今回は、ミドル・シニア世代のリカレント教育がいかに必要かについて掘り下げていきます。