記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

テレワークの導入課題や問題点とは?デメリットの対策をしよう!

テレワークには様々な課題や問題点があり、導入・運用へのハードルとなっています。課題の一つひとつは解決が可能で、テレワークの課題を解決することは会社全体の生産性向上にもつなげることができます。今回はテレワークにおける課題や問題点と、課題に対する解決策についてご説明します。

テレワークの導入方法とは?目的やセキュリティを明確にして準備しよう

テレワークとは、在宅勤務だけでなくサテライトオフィスやモバイルワークなども含めた、職場から離れたところで働く勤務形態の総称です。従業員だけでなく会社にとってもメリットが大きいテレワークですが、導入には様々なプロセスや準備、対策が必要になります。今回はテレワーク導入の全体的な流れと導入に必要なプロセス、導入のためのルールとセキュリティ対策についてご説明します。

テレワークとは?メリットやデメリット、在宅勤務以外の働き方について

テレワークとは、情報技術を活用して会社以外の場所で、遠く離れて働くことを実現する勤務形態のことです。テレワークとは在宅勤務だけを指す言葉ではなく、時間や場所を有効に活用できる様々な働き方があります。今回はテレワークを導入する目的や、テレワークを導入する企業・従業員のメリット・デメリットについて説明します。

副業を解禁した他社の事例!先進的な活動から、副業解禁の効果を知る

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」によって「原則副業を容認する」流れとなっています。副業について法的な拘束力は元々無く「モデル就業規則」での解禁に先立って副業を容認してきた企業がいくつかあります。今回は副業を解禁した他社の事例から、副業を解禁することでどのような効果をもたらしたのかについて説明します。

副業解禁はいつから?企業が働き方改革に対応する方法について

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」で「原則副業を禁ずる」文面が削除され、「原則副業を容認する」文面が追加されました。副業に関する法的な拘束はないため、各企業が「副業を解禁する」とみなしたタイミングで「副業が解禁された」とみなすことができます。逆に現在でも「正当な理由なしに副業を禁止すること」は、労働者の自由を奪う行為として法的問題に発展する可能性が0ではありません。今回は副業が解禁された流れと、企業としてどのような対応や考えが求められるのかについて説明します。

副業解禁とは?期待する効果やメリット・デメリット、注意点について

大企業を含む、一部の企業において「副業解禁」の流れが加速しています。背景として、働き方改革の推進に伴い、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」から「原則副業を禁止する」文面が削除され、「原則容認する」文面が追加されたことが挙げられます。副業を解禁することで、労働者の健康管理や本業への影響などが懸念されますが、それ以上に企業・労働者側にも大きなメリットがあります。副業・兼業が原則禁止されていた背景と解禁された背景、企業・労働者側のメリットとデメリットについて説明します。

メンター制度導入で助成金が受給できる!人材確保等支援助成金とは

メンター制度導入によって得られる効果には、人材育成だけでなく離職率の低下や社内コミュニケーションの活性化など、様々なメリットがあります。政府としても近年の離職率に課題意識を持っており、メンター制度導入によって離職率を低下させた場合に助成を行う人材確保等支援助成金の雇用管理制度助成コースを設けています。メンター制度を導入することで助成金を受けるためにはどうしたら良いのか、助成金の概要や受給要件、受給金額などについて説明します。

小規模事業場産業医活動助成金とは?産業医を活用しよう!

常時50名以上を使用する事業場には産業医の選任が義務付けられています。常時50名未満でも産業医や保健師の助言や指導、労働者が直接相談できる環境を整備することで受給できる助成金が小規模事業場産業医活動助成金です。産業医は労働者の健康管理を行う専門家であり、労働者の安全配慮義務を満たすためにも非常に重要な存在です。今回は小規模事業場産業医活動助成金の目的や各コースの違い、受給要件や受給金額などについて説明します。

産業保健関係助成金のストレスチェック助成金とは?メンタルヘルス確認に

ストレスチェック助成金とは、ストレスチェックが努力義務である常時50名以上を抱える事業所がない事業主向けに、ストレスチェック制度の導入を促進するために誕生した助成金です。今後ストレスチェックが義務化する規模まで成長しそうな企業において、自社制度を整える意味でも活用していただきたい助成金です。ストレスチェック助成金が誕生した背景として、精神障害などの労災の申請・認定件数が増加傾向にあることが考えられます。今回はストレスチェック助成金の目的や受給要件、受給金額などについて説明します。