記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

両立支援等助成金の再雇用者評価処遇コースとは?育児や介護の復職を支援する

両立支援等助成金の再雇用者評価処遇コースは出産や介護を理由に一度退職した社員を再雇用した際に支給される助成金で、カムバック支援助成金とも呼ばれています。今回は再雇用支援や企業の採用にも活用できる、再雇用者評価処遇コースの詳細について説明します。

両立支援等助成金の育児休業取得等支援コースとは?育休しやすい環境整備に

両立支援等助成金の育児休業取得等支援コースとは、女性が育児休業を取りやすくするための社内整備に活用できる助成金です。育児休業を取得するだけでなく、職場復帰時、代替要員確保時など、企業の育児休業取得支援の実態に沿った内容で支援が行われます。今回は育児休業取得等支援コースの詳細について説明します。

両立支援等助成金の女性活躍加速化コースとは?どの企業でも申請できる

ポジティブアクションなどで、女性活躍や社会進出をサポートする企業が増えてきています。女性活躍を推進する企業に対して、最大60万支給される助成金が両立支援等助成金の女性活躍加速化コースです。採用時の男女比率や管理職の女性比率に対して具体的な数値目標を立てている企業にこそ活用してもらいたい女性活躍加速化コースについて説明します。

両立支援等助成金の出生時両立支援コースとは?育児休暇制度を整える

両立支援等助成金の出生時両立支援コースとは、男性が育児休暇を取得する制度を設ける上で活用できる助成金です。育児休暇だけでなく、期間の短い育児目的休暇の導入や利用においても助成されるため、ワークライフバランスを実現するための施策として非常に有効です。今回は出生時両立支援コースの受給要件や受給できる金額について説明します。

両立支援等助成金とは?自社のワークライフバランスを実現しよう

ワークライフバランスは、働き方改革推進におけるキーワードとして注目されています。求職者の意識にも影響が出ており、新卒や既卒における会社選びとしてもワークライフバランスが重視されています。ワークライフバランスを実現するためには自社制度や設備の整備が必要ですが、政府も両立支援等助成金を設けることで、企業のワークライフバランス推進を支援しています。今回は両立支援等助成金の概要について説明します。

ゆでガエル理論の原因と対策とは?市場の変化に対応していこう

ゆでガエル理論とは、環境に変化に気づかずに致命的な結果を招くことの例えをビジネスの状況に当てはめたものです。過去の成功にとらわれたり、成長意欲がなかったり、組織としてまとまりがなく風通しの悪いものであったりする場合にはゆでガエルに陥りやすくなります。今回はゆでガエルになる原因と対策方法について説明します。

ゆでガエル理論とは?既存の業務や施策が深刻な問題に発展する可能性も

ゆでガエル理論とは、アメリカで提唱され日本では2000年ごろに紹介された、環境に変化に気づかずに致命的な結果を招くことの例えをビジネスの状況に当てはめたものです。ゆでガエル理論に科学的根拠はないものの、かつて売れた商材や成功したビジネスモデルに囚われ市場の変化についていけなくなる企業の状況をよく言い当てているため、よく用いられています。今回はゆでガエル理論の概要について説明します。

BPRの具体的な手法とは?4つのプロセスを理解して実践しよう

BPRとはバブル気の不況にあえぐ日本で注目された業務フロー全体を見直すことで業務の立て直しを図る手法です。具体的な手法としては①検討②分析③実施④モニタリング・評価の四つのプロセスとなります。BPRは大掛かりなプロジェクトになりやすいですが、予測不可能性の高い現代の市場で生き残るために取り組む価値のある手法です。

BPRとは?業務の改善・最適化を図る方法を理解して活用しよう

BPR(Business Process Re-engenieering)とは、日本語で「業務改革」を意味し、従来の業務改善のような業務フロー別の改善にとどまらず、事業全体の業務プロセスを根本的に見直すことで企業に大きくかつポジティブな変化をもたらすことを目的にバブル崩壊後の日本で注目されました。大きな変化をもたらす取り組みであるが故のリスクも大きいですが、働き方改革によって労働生産性が求めれれる中再び注目されています。

海外で長時間労働が発生しにくい理由とは?日本の現状と取組を知ろう

日本に比べて、欧米をはじめとした海外の国々では長時間労働者の割合が低い調査結果があります。長時間労働者の割合が低い理由として、法律や労働協約で労働時間や残業可能時間がこと細かく定められていること、成果主義やタスク管理が徹底しており成果を出していれば柔軟に働き方を変えられることなどが挙げられます。今回は海外で長時間労働者の割合が低い理由から、取組内容を紹介します。