記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

テレワークデイ参加企業から学ぶテレワークのメリットとは?

テレワークデイとは、東京オリンピック開催に向けて行政機関の主導で行われている、テレワークの導入を推進する国民運動です。テレワークデイに参加した企業のほとんどが、労働生産性の向上や従業員のワークライフバランス向上を実感しています。今回はテレワークデイ参加企業の報告書をもとに、テレワーク導入で実際に得られたメリットについてご紹介します。

テレワークデイとは?プロジェクトの概要と参加のメリットをご紹介!

テレワークデイとは、東京オリンピック開催に向けて行政機関の主導で行われている、テレワークの導入を推進する国民運動です。テレワークデイの参加企業数は2017年から2018年の間で大きく増加し、東京オリンピック前年となる2019年には、参加企業の更なる増加が予想されます。今回は国が推進するテレワークデイの概要と、参加するメリットについてご紹介します。

テレワーク導入に使える助成金制度の種類と受給条件、受給金額とは?

テレワークは、国や政府が推進する働き方改革の一つとして、様々な制度や運動で推進されています。テレワーク導入を推進する助成金制度にはいくつかの種類があり、助成金を上手く活用すれば、テレワーク導入のハードルを下げることができます。今回は自社でテレワークを導入する際に申請できる助成金の種類と、それぞれの受給条件や受給金額についてご紹介します。

テレワーク導入のメリットとは?導入企業事例から導入効果を探る!

テレワークは1970年代から存在していましたが、働き方改革推進の影響やビデオ会議システムの普及による導入の容易化などから、近年再度注目が集まっています。テレワーク導入の方法と導入した際のメリットを知るためには、実際に導入した企業の事例が大きなヒントになります。今回は実際にテレワークを導入した4社の企業による、実施したテレワークの内容と得られたメリットについてご紹介します。

テレワーク導入を阻害する課題とは?解決策は生産性向上にもつながる!

テレワークには様々な課題や問題点があり、導入・運用へのハードルとなっています。課題の一つひとつは解決が可能で、テレワークの課題を解決することは会社全体の生産性向上にもつなげることができます。今回はテレワークにおける課題や問題点と、課題に対する解決策についてご説明します。

テレワークの導入プロセスとは?必要な準備から全体像を把握しよう!

テレワークとは、在宅勤務だけでなくサテライトオフィスやモバイルワークなども含めた、職場から離れたところで働く勤務形態の総称です。従業員だけでなく会社にとってもメリットが大きいテレワークですが、導入には様々なプロセスや準備、対策が必要になります。今回はテレワーク導入の全体的な流れと導入に必要なプロセス、導入のためのルールとセキュリティ対策についてご説明します。

テレワークとは?働き方改革は在宅勤務だけじゃない!

テレワークとは、情報技術を活用して会社以外の場所で、遠く離れて働くことを実現する勤務形態のことです。テレワークとは在宅勤務だけを指す言葉ではなく、時間や場所を有効に活用できる様々な働き方があります。今回はテレワークを導入する目的や、テレワークを導入する企業・従業員のメリット・デメリットについて説明します。

副業を解禁した他社の事例!先進的な活動から、副業解禁の効果を知る

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」によって「原則副業を容認する」流れとなっています。副業について法的な拘束力は元々無く「モデル就業規則」での解禁に先立って副業を容認してきた企業がいくつかあります。今回は副業を解禁した他社の事例から、副業を解禁することでどのような効果をもたらしたのかについて説明します。

「副業解禁」はいつから?各企業に求められる対応と考え方とは

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」で「原則副業を禁ずる」文面が削除され、「原則副業を容認する」文面が追加されました。副業に関する法的な拘束はないため、各企業が「副業を解禁する」とみなしたタイミングで「副業が解禁された」とみなすことができます。逆に現在でも「正当な理由なしに副業を禁止すること」は、労働者の自由を奪う行為として法的問題に発展する可能性が0ではありません。今回は副業が解禁された流れと、企業としてどのような対応や考えが求められるのかについて説明します。

加速する「副業解禁」に対応すべき?期待する効果と注意点とは

大企業を含む、一部の企業において「副業解禁」の流れが加速しています。背景として、働き方改革の推進に伴い、厚生労働省が公表している「モデル就業規則」から「原則副業を禁止する」文面が削除され、「原則容認する」文面が追加されたことが挙げられます。副業を解禁することで、労働者の健康管理や本業への影響などが懸念されますが、それ以上に企業・労働者側にも大きなメリットがあります。副業・兼業が原則禁止されていた背景と解禁された背景、企業・労働者側のメリットとデメリットについて説明します。