記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

マリッジハラスメント(マリハラ)とは?結婚に関する価値観も変化

マリッジハラスメント(マリハラ)とは、結婚にまつわる嫌がらせのことです。「結婚するのが当たり前」「結婚してないとおかしい」「既婚者はエライ」という価値観を押し付けた発言です。厚意や親切心から出た発言であっても、ハラスメントとみなされる可能性は十分にあります。今回はマリハラについて説明します。

ソーシャルハラスメントとみなされる具体例や対策方法とは?

ソーシャルハラスメントとは、ツイッターやLINE、フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)を使った「ハラスメント(嫌がらせ)」のことです。上司が部下のSNSを逐一チェックする、いいねやフォローなどのアクションを求めることもソーハラに該当します。今回はソーシャルハラスメントとみなされる具体例について説明します。

ソーシャルハラスメントが起きる原因や具体的な対策方法とは?

ソーシャルハラスメントとは、ツイッターやLINE、フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)を使った「ハラスメント(嫌がらせ)」のことです。SNSを利用する人が増えたことから発生している新しい形のハラスメントです。今回はソーシャルハラスメントとみなされる具体例や起きる原因、対策方法について説明します。

ソーシャルハラスメントとは?SNSのコミュニケーションに注意しよう

ソーシャルハラスメントとは、ツイッターやLINE、フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)を使った「ハラスメント(嫌がらせ)」のことです。SNSを利用する人が増えたことから発生している新しい形のハラスメントです。今回はソーシャルハラスメントについて説明します。

テクスチュアルハラスメントの具体例や起きる原因、対策方法とは?

テクスチュアルハラスメントとは、文学作品などのテキストに対して性差別を行うことです。「女性にはこんな論理的な文章は書けない」などと決めつけることがテクハラに該当します。あまり馴染みのないハラスメントではありますが、女性の活躍推進を行う上で大きな障害となります。今回はテクスチュアルハラスメントの具体例や起きる原因、対策方法について説明します。

テクスチュアルハラスメントとは?文章による決めつけによって発生する

テクスチュアルハラスメントとは、文学作品などのテキストに対して性差別を行うことです。「女性にはこんな論理的な文章は書けない」などと決めつけることがテクハラに該当します。あまり馴染みのないハラスメントではありますが、女性の活躍推進を行う上で大きな障害となります。今回はテクスチュアルハラスメントについて説明します。

時短ハラスメントとみなされる具体例とは?業務指示の内容を見直そう

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。働き方改革によってプライベートの時間を確保するために残業時間の削減が求められましたが、業務量や業務改善を行わなければ時短ハラスメントにつながる可能性があります。今回は時短ハラスメントとみなされる具体例について説明します。

時短ハラスメントの原因や対策方法とは?業務量や業務効率の改善が必須

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。働き方改革によってプライベートの時間を確保するために残業時間の削減が求められましたが、業務量や業務改善を行わなければ時短ハラスメントにつながる可能性があります。今回は時短ハラスメントが起きる原因や対策方法について説明します。

時短ハラスメントとは?働き方改革の弊害として生まれたハラスメント

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。本来は従業員のワークライフバランスを整えるための働き方改革として「ノー残業」や「時短」が登場しました。しかし、経営者側の理解不足などが原因で「残業時間を減らす」という事実だけが先行し、ハラスメントへと変化しています。今回は時短ハラスメントについて説明します。

エアーハラスメントの具体例とは?エアコン温度調整に配慮しよう

エアーハラスメントとは、「エアハラ」という略称で使われることもある「空気」に関する嫌がらせのことです。主に「エアコンの温度設定」と「場の空気」の2つの意味で使われ、相手への配慮が足りていないことで発生するハラスメントです。今回はエアコンの温度設定で起こるエアハラの具体例について説明します。