「 働き方改革 」一覧

ストレスチェック助成金とは?自社のメンタルヘルス制度を確立しよう!

ストレスチェック助成金とは、ストレスチェックが努力義務である常時50名以上を抱える事業所がない事業主向けに、ストレスチェック制度の導入を促進するために誕生した助成金です。特に今後ストレスチェックが義務化する規模まで成長しそうな企業において、自社制度を整える意味でも活用していただきたい助成金です。ストレスチェック助成金が誕生した背景として、精神障害などの労災の申請・認定件数が増加傾向にあることが考えられます。今回はストレスチェック助成金の目的や受給要件、受給金額などについて説明します。

産業保健関係助成金とは?健康的に働ける環境づくりに活用しよう!

産業保健関係助成金とは、労働者健康安全機構が設けている助成金で、労働者が健康的に働ける環境づくりに活用できる助成金です。産業保健関係助成金は比較的新しい助成金で、誕生した背景として「長時間労働などによる労災認定件数の増加」などがあると考えられます。労働者保健関係助成金には、4つの助成金があり、ストレスチェックを実施したり、職場環境の改善を行うことで受給できます。今回は労働者保健関係助成金の目的や各助成金について、受給できる金額や要件について説明します。

【業務改善助成金の記入例】申請書類の書き方とは?

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。助成金を受給するためには、どんな設備投資を行い、どんな効果が得られるのかを記載する事業実施計画書を記入し、提出する必要があります。業務改善助成金の申請の流れや、申請に必要な書類の書き方について説明します。

【人材確保等支援助成金】雇用管理制度助成コースとは?

人材確保等支援助成金の雇用管理制度助成コースとは、離職率を低下させるための「評価・処遇制度」や「研修制度」、「メンター制度」などを新たに導入することで受給できる助成金です。目標達成助成であるため、申請の際には現状の離職率と目標とする離職率を記載した雇用管理制度整備計画書を提出する必要があります。雇用管理制度助成コースの目的や受給金額、達成目標として必要な数値などについて説明します。

【時間外労働上限設定コース】テレワークコースとは?

時間外労働等改善助成金のテレワークコースとは、テレワーク導入のための設備投資などの費用の一部負担される助成金です。企業全体の2割弱しか導入していないテレワーク制度ですが、導入企業の8割が効果があったと実感しており、マイナスだと考えているのは1.5%のみと、多くの企業で効果が得られる有用な施策であると言えます。テレワークコースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

労働生産性が高い企業の事例とは?業務自動化だけではない!

労働生産性の向上は、多くの企業が取り組んでいる課題です。しかしながら、自社の課題と適した施策に取り組まなければ効果は表れないだけでなく、適した施策を実施しても効果が表れないこともあります。労働生産性が高い企業は、ロボットなどの業務の自動化を行うだけでなく、中長期的な視点での改善を行っています。今回は労働生産性の高い企業が取り組みを行った目的や施策、得られた効果などの事例について紹介します。

業務改善助成金の受給事例とは?他社の取り組みを参考にしよう!

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。既にいくつかの企業が業務改善助成金を受給しており、取組内容や効果も現れています。今回は業務改善助成金を受給した企業の取り組み内容やその効果をご紹介します。

【人材確保等支援助成金】人事評価改善等助成コースとは?

人材確保等支援助成金の人事評価改善等助成コースとは、人事評価を整備し、離職率を改善した場合に受給できる助成金です。人事担当者としても離職率改善には人事評価制度が重要だと考えていながらも、未だに多くの従業員が自社の人事評価制度に不満を抱えています。人事評価改善等助成コースの目的や受給要件、どんなことをしたら助成されるのかについて説明します。

【時間外労働等改善助成金】職場意識改善コースとは?

時間外労働等改善助成金の職場意識改善コースとは、有給取得日数などを増加させたり、所定労働時間を短縮させた場合に受給できる助成金です。日本の有給消化率は世界最低水準であり、取得しない理由として「人手不足」や「職場の同僚が休んでいない」などの職場環境に依存する理由が上位に挙げられています。職場意識改善コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

労働生産性を向上させる方法とは?付加価値額の増加から考える

労働生産性を向上させるには、労働の成果である「付加価値額」を増加させる方法と労働投入量である「労働人数や労働時間、人件費」を減少させる2つの方法があります。売り手市場や労働者不足と言われる現在の日本において、人件費を削減することは法律的にも厳しく、大きな改善を行うことは難しい領域です。今回は労働生産性を向上させるための「付加価値額の増加」の視点から、どのような方法で付加価値額を上げることができるのかについて説明します。