記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

副業・兼業を禁止できる場合とできない場合とは?裁判例をご紹介!

副業・兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。現在の日本では副業・兼業を禁止している企業が多いですが、法的には一部の例外を除いて禁止できないことが定められています。今回は、副業・兼業を禁止できる場合と禁止できない場合の違いについて、実際の裁判を例に挙げてご紹介します。

再雇用時の賃金の設定方法とは?賃金引下げの合法性・違法性について

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。再雇用にともなう賃金の引き下げは、基本的には合法とされていますが、場合によっては違法となる可能性があるため注意が必要です。今回は、再雇用制度における賃金の設定方法についてご紹介します。

副業・兼業の促進に関するガイドラインとは?注意点を簡単にご紹介!

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。副業・兼業を認めて運用するためには、どのようなことに注意する必要があるのか、どうすれば対策できるのかについて知っておく必要があります。今回は、厚生労働省が公開している「副業・兼業の促進に関するガイドライン」に沿って、副業・兼業を認める上での注意点を要約してご紹介します。

再雇用制度を導入する方法とは?企業側に必要な準備や注意点について

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。再雇用制度を導入するためには、就業規則の見直しや賃金、任せる業務内容の設定や定年の年齢設定など、自社制度の整備が必要になります。今回は、再雇用制度を導入するために必要な準備や注意点についてご紹介します。

兼業と副業の違いとは?法的な定義と一般的な定義の違いについて

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業と副業の違いについて法的に明確な定義はありませんが、一般的にはある程度の基準で使い分けられているため、自社で兼業・副業を認める際にはそれぞれの一般的な意味の違いについて知っておく必要があります。今回は、兼業と副業の違いについてご紹介します。

再雇用の意味や定義とは?制度の目的やメリット・デメリットについて

再雇用とは、定年退職者を再び雇用することを意味する言葉です。再雇用制度では、高年齢者雇用安定法により、再雇用を希望する従業員がいる場合には就労の機会を与えることが企業に義務付けられています。今回は再雇用の意味や定義、制度の目的や企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

兼業を認めている企業の理由とは?認める際のリスクと対策について

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業を認めて運用するためには、どのようなことに注意する必要があるのか、どうすれば対策できるのかについて知っておく必要があります。今回は、兼業を認めている/認めていない企業の理由や、兼業を認める際のリスクと対策についてご紹介します。

兼業とは?意味や定義、副業との違いやメリット・デメリットについて

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業を認めると、優秀な人材の確保や社員の人材育成につながるメリットがある反面デメリットも存在するため、容認すべきかどうかは慎重に検討する必要があります。今回は兼業の意味や定義、副業との違いや企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの実現につながる制度とは?

ワークライフインテグレーションは、ワークライフバランスから派生した概念で、どちらが良い・悪いというものではありません。人事担当者はワークライフインテグレーションとワークライフバランスの違いについて理解して、自社の従業員や組織風土に適している方を選ぶ必要があります。今回は、ワークライフインテグレーションの実現につながる制度についてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの意味とは?企業のメリットについて

ワークライフインテグレーションとは「仕事も生活も人生の一部」と統一(インテグレーション)して考え、仕事と生活両方の充実を求める働き方を意味する言葉です。ワークライフインテグレーションを実現すれば、社員のモチベーションアップや生産性向上など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はワークライフインテグレーションの意味や定義、ワークライフバランスとの違いや企業のメリットなどについてご紹介します。