記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

ワークライフバランスの海外事例とは?自社の施策の参考にしよう!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、海外の事例を参考にすることで、ライフワークバランスを推進する上での課題を解決するヒントが得られます。今回は、ワークライフバランス実現のためのヒントを海外の事例から探っていきます。

ティール組織の事例紹介!ティール組織を実現した企業の事例について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織を実現している企業は多くあり、さまざまな取組事例や成功事例が公開されています。今回は、ティール組織を導入した企業の事例をご紹介します。

ワークライフバランス推進における日本特有の問題点と解決策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。日本でワークライフバランスを推進する上での問題点として、男女の役割分担意識の強さがあり、男性の家事参加や女性の社会進出の妨げとなっています。今回は、ワークライフバランス推進における日本特有の問題点についてご紹介します。

ティール組織とは?5つの組織モデルの概要と特徴について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。自社でティール組織の実現を目指す際には、ティール組織を含む5つの組織モデルについて知っておく必要があります。今回は、ティール組織を含めた5つの組織モデルの概要と特徴についてご紹介します。

ワークライフバランスの問題点とは?推進するための取り組みについて

ワークライフバランスの問題点としては、ワークライフバランスの実現に向けた取り組みに対して、協力を得られない場合があるという点が挙げられます。ワークライフバランスを実現するためには、職務評価制度を導入したり経営者の理解を得たりする必要があります。今回はワークライフバランスの問題点についてご紹介します。

ティール組織とは?言葉の意味やメリット・デメリットについて

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織では、社員の主体性や当事者意識が強化され、組織全体の生産性の向上につながります。今回はティール組織の意味や目的、ホラクラシーとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

ワークライフバランスとは?言葉の意味や企業のメリットについて

ライフワークバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して内閣府が定義した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランス実現に向けた取り組みの推進は、社員のモチベーションアップや組織全体の生産性向上など、企業にとって様々なメリットがあります。今回はワークライフバランスの意味や定義、企業のメリットや実際の取り組みについてご紹介します。

キャリアデザインシートの書き方や記入例、企業での活用方法とは?

キャリアデザインシートとは、理想のキャリアや理想を実現するための計画を書き出し、キャリアデザインを具体化・可視化するためのツールです。キャリアデザインシートを活用すれば、社員のキャリアデザイン構築や仕事へのモチベーションを向上させることができます。今回は、キャリアデザインシートの書き方や記入例、企業での活用方法について具体的にご紹介します。

仮面就職の意味とは?原因と対策を知ればメリットに変えられる!

仮面就職とは、生活しながら転職活動を行うために、本命ではない企業に就職して働いている人または状態のことです。仮面就職をデメリットばかりと決め付けず、仮面就職した新卒社員をいかに活かすかを考えれば、逆に企業価値向上につながるメリットがあることに気付けます。今回は仮面就職の意味と増加の原因、仮面就職への対策とメリットに変える方法をご紹介します。

キャリアデザインの方法とは?企業側から支援する方法について

キャリアデザインとは、自身の理想のキャリアを描き、キャリアを実現する方法を考えることです。キャリアデザインの方法を理解することで、社員のキャリアデザインを支援し、労働生産性の向上や組織全体の活性化が図れます。今回はキャリアデザインの方法と、企業が社員のキャリアデザインを支援する方法をご紹介します。