記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

リチーミングの実施方法とは?12個のステップを実践しよう

リチーミングとは、チームの再構成を意味する言葉であり、人材再活性化に取り組む手段として注目された手法です。チームワークに問題があると考える企業は多い一方で、具体的な行動まで落とし込めている企業は多くありませんが、リチーミングを実施することでチームのパフォーマンスを改善できる可能性があります。今回はリチーミングの実施方法について説明します。

リチーミングとは?心理学の知見からチームを再構成してみよう

リチーミングとは、チームの再構成を意味する言葉であり、人材再活性化に取り組む手段として注目された手法です。チームワークに問題があると考える企業は多い一方で、具体的な行動まで落とし込めている企業は多くありませんが、リチーミングを実施することでチームのパフォーマンスを改善できる可能性があります。今回はリチーミングについて説明します。

アプリシエイティブインクワイアリーのやり方とは?原理とステップを理解する

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。アプリシエイティブアプローチのやり方としては、8つの原理を理解した上で4つのプロセスを踏むことが大切です。今回はアプリシエイティブインクワイアリーのやり方について説明します。

アプリシエイティブインクワイアリーとは?良い所を認めて伸ばす

アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)とは、価値を見つける質問を投げかけることで、人材や組織の持っている強みや良いところを発見し、利用しながら目標を達成するアプローチのことです。従来の「失敗した原因を探す」「弱みを潰す」という方法とは逆の手段を取り、人材育成や組織活性化のアプローチとして注目されています。今回はアプリシエイティブインクワイアリーについて説明します。

WOOPの法則とは?従業員の目標達成率をアップさせる法則について

WOOPの法則とは、目標の設定から達成までを4つのステップに分解し、目標達成を円滑にするための手法です。その場しのぎの目標ではなく、適切な目標を設定して達成することが個々の従業員の成長に繋がり、最終的に組織の成長へと繋がります。適切な目標を設定し、達成させるためのWOOPの法則について説明します。

OKRの導入企業事例とは?自社の抱える課題ごとに参考にしよう

OKRとは「Objectives and Key Results」の略である目標管理方法のことです。OKRは会社のビジョンの共有や明確な目標設定によって社員のモチベーションアップや生産性向上につながります。OKRにおける目標設定や達成度管理の最適な方法は、企業の現状や抱えている課題によって異なります。今回はOKRを導入し、成功した企業事例について紹介します。

OKRの目標設定方法とは?運用における注意点についてもご紹介します

OKRとは「Objectives and Key Results」の略である目標管理方法のことです。OKRは会社のビジョンの共有や明確な目標設定によって社員のモチベーションアップや生産性向上につながります。OKRでの目標設定は多くても5個程度にし、現状より一段階高い目標にする、達成可能な目標にするなど、適切な目標設定を行うことが大切です。今回はOKRにおける目標設定方法について説明します。

OKRの運用方法とは?MBOやKPIとの違いについて

OKRとは「Objectives and Key Results」の略である目標管理方法のことです。OKRは会社のビジョンの共有や明確な目標設定によって社員のモチベーションアップや生産性向上につながります。目標管理制度にはMBOやKPIなどもありますが、意図や目的が異なるため、それぞれの特徴やメリットを知って使い分けることが大切です。今回はOKRの運用方法やMBO・KPIとの違いについて説明します。

OKRとはどのような目標管理制度なのか?GoogleやFacebookも導入している!

OKRとは「Objectives and Key Results」の略である目標管理方法のことです。OKRは会社のビジョンの共有や明確な目標設定によって社員のモチベーションアップや生産性向上につながります。しかし導入から効果が出るまでに時間がかかり、企業と社員の価値観がマッチしている必要があることには注意が必要です。今回はOKRの意味や目的、導入するメリットや注意点について説明します。

MBOによる目標管理の注意点とは?具体例から効果的な運用につなげる

MBOとは「Management By Objectives」の略称で、ドラッガーが提唱した目標設定と経営制度を結びつける手法です。社員のモチベーションを高く保ちながら効果的な運用ができる目標管理手法として様々な企業で導入され始めていますが、MBOの問題点を理解して効果的な運用を行うことが大切です。今回はMBOを運用する上での注意点や問題の具体例について説明します。