記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

ハーズバーグの二要因理論とは?動機付け要因と衛生要因について

ハーズバーグの二要因理論とは、仕事における「満足」と「不満足」につながる要因が、それぞれ全く別の原因であるとする理論です。社員のモチベーションマネジメントを行う上では、動機付け要因と衛生要因のどちらか一方だけでなく、両方を満たす必要があります。今回は、ハーズバーグの二要因理論についてご紹介します。

Z理論とは?X理論・Y理論との関係や動機付けへの活用方法について

Z理論とは、権利統制と命令統制による上からの押しつけ型であるX理論と、社員の自主性を尊重するY理論の間を取った、X理論とY理論の「いいとこどり」の理論です。Z理論を活用すれば、社員のモチベーションアップにつながる動機付けを行うことができます。今回はZ理論とX理論・Y理論との関係や、Z理論を社員の動機付けにつなげる方法などについてご紹介します。

マインドセットの変革方法とは?本人や周囲の取り組み、研修について

マインドセットとは、経験や教育、生まれ持った性質などから形成される「ものの見方や考え方」を意味する言葉です。マインドセットの変革のためには、本人の自覚と努力だけでなく、上司や同僚といった周囲の環境も重要になります。今回は、社員のマインドセットの変革方法についてご紹介します。

キャリアショックへの対策とは?企業側からできる対策の方法について

キャリアショックとは、想定外の外的要因によって個人のキャリアが突然崩壊してしまうことを意味する言葉です。キャリアショックは社員のモチベーション低下や離職率の増加など、企業にとって様々な悪影響があるため、対策の方法を知っておく必要があります。今回はキャリアショックの原因や影響、企業ができる対策の方法についてご紹介します。

X理論・Y理論とは?モチベーションアップ理論をわかりやすく解説!

マクレガーのX理論・Y理論とは、約60年前に提唱された動機付けに関する理論であり、性善説と性悪説にもとづいたマネジメント手法です。X理論・Y理論は、社員のモチベーションを高めるマネジメントを行う上で、重要な参考になります。今回は社員のモチベーションマネジメントを行う上で参考となるX理論・Y理論について、わかりやすくご紹介します。

マインドセットの使い方とは?ビジネスシーンへの影響の違いについて

マインドセットとは、経験や教育などから形成される「ものの見方や考え方」を意味する言葉です。グロースマインドセットを持つ人とフィックストマインドセットを持つ人では、同じビジネスシーンにおける捉え方や考え方が異なり、その後の行動も大きく変化します。今回は、グロースマインドセットとフィックストマインドセットの違いや、マネジメントへの使い方についてご紹介します。

キャリアショックとは?意味や定義、発生原因や企業への影響について

キャリアショックとは、想定外の外的要因によって個人のキャリアが突然崩壊してしまうことを意味する言葉です。キャリアショックへの対策を怠ると、社員のモチベーション低下や離職率増加など、企業にとって様々な悪影響を及ぼします。今回はキャリアショックの意味や定義、キャリアショックが起こる原因や企業に与える影響についてご紹介します。

ホラクラシー型組織とティール組織の違いと共通点とは?

ホラクラシー型組織とティール組織はよく似た特徴を持っていますが、厳密に言えばホラクラシー型組織とティール組織は意味や定義に違いがあります。それぞれの言葉の違いを理解しておかなければ、定義の違いによる認識のミスマッチが起こる危険があります。今回はホラクラシー型組織とティール組織の違いと共通点について、詳しくご紹介します。

アンダーマイニング効果とは?モチベーション低下を防ぐ方法について

アンダーマイニング効果とは、内発的に動機づけられた行為に対して外発的な動機づけを行うことによって、モチベーションが低下する現象を意味する言葉です。アンダーマイニング効果は、社員のモチベーション向上を目指した施策が原因で起こり、企業にさまざまな悪影響を与えます。今回はアンダーマイニング効果の意味や定義、研究事例や防ぐ方法についてご紹介します。

フィックストマインドセットとは?意味や定義、企業への影響について

フィックストマインドセットとは「人の能力は固定的で努力しても変わらない」という考え方を意味する言葉です。フィックストマインドセットに陥った社員は、当人の生産性が低下するだけでなく周囲のモチベーション低下や離職を引き起こす危険があります。今回はフィックストマインドセットの意味や定義、企業への影響や具体例、グロースマインドセットとの関係についてご紹介します。