記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

オーナーシップとは?企業経営で重要視される理由や活用するメリット

オーナーシップとは「担当する業務を自分ごと化できる姿勢」のことで、モチベーションや従業員エンゲージメントに強く影響を与える要素です。オーナーシップは経営者だけでなく、すべての従業員が持ち合わせていることが理想の組織です。今回はオーナーシップの基本的な考え方やメリット、注意点を紹介します。

抜擢人事の導入に成功した企業の事例とは?導入成功のコツについて

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事には、導入の失敗要因や失敗した際のリスクが数多く存在するため、成功事例にもとづいた事前準備をしっかりと行う必要があります。今回は、抜擢人事の導入に成功した企業の事例についてご紹介します。

抜擢人事が失敗する理由とは?失敗の原因や対策方法について

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事の導入に失敗すると、社内の人間関係の悪化や組織全体の結束力の崩壊など、企業にさまざまな悪影響を及ぼす危険があります。今回は、抜擢人事が失敗してしまう原因や対策方法についてご紹介します。

抜擢人事が注目されている理由とは?導入を成功させる要素について

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事は、組織を活発化させる起爆剤となる反面、組織内の人間関係を悪化させる危険がある点に注意が必要です。今回は、抜擢人事が注目されている理由や、導入を成功させる要素についてご紹介します。

抜擢人事とは?意味や目的、企業のメリット・デメリットについて

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事では「誰にでもチャンスがある」という環境が作れるため、若手を中心とした社員のモチベーションを向上させ、組織全体の活性化につながります。今回は、会社側が適切な配属を行うために実施される「抜擢人事」についてご紹介します。

ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論の違いとは?

ポーターとローラーの期待理論とは、社員のモチベーションを高めるためには「仕事に対する報酬」と「企業の目的と社員の目的の一体化」が重要であるとする理論です。期待理論にもとづいたマネジメントを行えば、社員のモチベーションアップにともなう生産性の向上が期待できます。今回は、ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論との違いや、マネジメントでの活用方法をご紹介します。

ブルームの期待理論とは?計算式の具体例や企業での活用方法について

ブルームの期待理論とは、モチベーションがどのように生じるのかについて着目したモチベーション理論です。ブルームの期待理論は、以降のモチベーション理論の基礎となっている、組織のモチベーションマネジメントを行う上で是非知っておきたい理論です。今回は、ブルームの期待理論における計算式の具体例や、企業での活用方法についてご紹介します。

コーチングの手法とは?コーチングを行う上で必要なスキルについて

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングは人材育成の手法として有効ですが、実施方法が適切でなければ、期待する効果が得られない可能性があります。今回は、コーチングの手法やコーチングを行う上で必要なスキルについてご紹介します。

マクレランドの欲求理論とは?理論の概要や企業での活用方法について

マクレランドの欲求理論とは、従業員の行動には「達成動機(欲求)」「親和動機(欲求)」「権力動機(欲求)」「回避動機(欲求)」のうちいずれかの動機が存在するという理論です。マクレランドの欲求理論は、企業におけるモチベーションマネジメントの重要な参考になります。今回は、マクレランドの欲求理論の概要や各欲求が強い人の特徴、企業におけるマネジメントへの活用方法についてご紹介します。

コーチングとは?意味や定義、目的やメリット・デメリットについて

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングによる人材育成は、個人の成長を支援する場合だけでなく、企業全体の成長や事業拡大につながります。今回はコーチングの意味や定義、ティーチングとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。