記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

プラセボ効果が生まれる原因や理由とは?根拠を持って活用できるのか

プラセボ効果は「偽薬効果」とも呼ばれ、本来効果のないものであっても自身が効果があると思いこむことで、実際に効果を出すことです。ビジネスでも、部下が上司から期待されている、自分はできると思いこむことでパフォーマンスを向上させる効果が期待できます。しかし本来効果がないはずなのになぜ効果が出るのでしょうか?今回はビジネスでプラセボ効果が活用できるのか、プラセボ効果が生じる原因や理由について説明します。

上下関係がいらない会社とは?自社に適した組織を目指すために

職場の人間関係の一つに上下関係があります。上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与えていますが、上下関係がいらない組織も存在します。上下関係の存在と会社としての優劣は別物であるため、自社にとって適した組織はどちらかを様々な視点から考える必要があります。今回は自社の上下関係をなくしたい場合に考慮すべき内容について説明します。

プラセボ効果とは?思い込みの力がパフォーマンスを向上させる

プラセボ効果とは、実際には効果がないものであっても信じることで何かしらの改善が得られる心理効果です。部下が上司から信頼されていること、自分は優秀であると思いこむことで仕事のパフォーマンスが向上することが期待されます。今回はプラセボ効果とはどのような心理効果なのかについて説明します。

会社の上下関係が人事業務に与える影響とは?まずは従業員を理解しよう

職場の人間関係の一つに上下関係があります。上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与え、特に20代~30代の若手社員のストレスの原因ともなっている、向き合うべき経営課題となっています。今回は会社の上下関係が人事業務に与える影響について説明します。

ホーソン効果とプラセボ効果の共通点や違いとは?自他の認識を活用する

ホーソン効果は上司などの他者が注目することで起こる効果であり、プラセボ効果は他者から見られていると自身が認知することで起こる効果です。ホーソン効果もプラセボ効果もともに良い影響を与える心理効果として知られているため、上手に活用することが大切です。今回はホーソン効果とプラセボ効果の共通点や違いについて説明します。

上下関係とは?職場におけるメリットやデメリットについて

職場の人間関係の一つに上下関係があります。職場の上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与える重要な課題です。上下関係は役割というルールのもとに発生し、責任の所在や指示系統、情報の流れに影響を与えます。今回は上下関係を活用するメリットやデメリットについて説明します。

ホーソン効果とピグマリオン効果の共通点と違いとは?期待と注目について

ホーソン効果とピグマリオン効果は、ともに生産性などを向上させる良い影響をもたらす心理効果です。ホーソン効果は第三者からの注目によって生じ、ピグマリオン効果は上司などの期待によって生じます。今回はホーソン効果とピグマリオン効果の共通点や違いについて説明します。

ホーソン効果の特徴や発生する原因や理由、活用する方法とは?

ホーソン効果とは相手に見られていることを知ることでパフォーマンスが上がる心理効果です。ホーソン効果は労働生産性を向上させる要因を発見する実験で明らかになった心理効果です。今回はホーソン効果の特徴や発生する原因や理由、活用する方法について説明します。

ニコルソンのトランジション理論とは?良いサイクルを回し続けるために

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。ナイジェル・ニコルソンは、キャリア・トランジション・サイクルのモデルを整備した学者で、トランジションを循環モデルとして捉えました。良い循環ができれば良い影響を生み続けるのに対して、悪循環が起きてしまうと悪い影響が出続けてしまいます。今回はニコルソンのトランジション理論について説明します。