記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

OJTの失敗例とは?失敗例から学ぶOJTを失敗しないための方法とは?

OJTは現在多くの企業で定着していますが、実施してはいるものの上手く機能しておらず、OJTを失敗している例が存在します。自社でOJTを失敗しないためには、失敗例からOJTでやってはいけないことを読み取る方法が一番の近道です。今回は、OJTを実施する際に失敗しないための方法を、OJTの失敗例をもとにご紹介します。

キャリア開発の実施方法とは?自社でキャリア開発を行う方法について

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発を自社で行い、生産性や定着率を向上させるための方法は、大きく5つのプロセスに分けられます。今回はキャリア開発を自社で実施する方法について、プロセスごとの目的とあわせて分かりやすくご説明します。

OJTトレーナーに向く人とは?トレーナーの人選がOJTの質を決める!

OJTを効果的に行うためには、教育研修を行う担当者となるトレーナーの人選が非常に重要になります。OJTトレーナーの人選を行う際には、トレーナーの能力よりも価値観や考え方を重視することで、OJTの効果を高めることができます。今回はOJTのトレーナーに向いている人の特徴を、なぜ向いているのかという理由も含めてご紹介します。

キャリア開発とは?意味や目的、企業のメリット・デメリットについて

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発を推進すると、社員のモチベーションアップや定着率向上など、企業にとって様々なメリットがあります。今回はキャリア開発の意味や目的、企業にとってのメリット・デメリットなどについてご説明します。

テレワークデイ参加企業から学ぶテレワークのメリットとは?

テレワークデイとは、東京オリンピック開催に向けて行政機関の主導で行われている、テレワークの導入を推進する国民運動です。テレワークデイに参加した企業のほとんどが、労働生産性の向上や従業員のワークライフバランス向上を実感しています。今回はテレワークデイ参加企業の報告書をもとに、テレワーク導入で実際に得られたメリットについてご紹介します。

テレワークデイとは?プロジェクトの概要と参加のメリットをご紹介!

テレワークデイとは、東京オリンピック開催に向けて行政機関の主導で行われている、テレワークの導入を推進する国民運動です。テレワークデイの参加企業数は2017年から2018年の間で大きく増加し、東京オリンピック前年となる2019年には、参加企業の更なる増加が予想されます。今回は国が推進するテレワークデイの概要と、参加するメリットについてご紹介します。

テレワーク導入のメリットとは?導入企業事例から導入効果を探る!

テレワークは1970年代から存在していましたが、働き方改革推進の影響やビデオ会議システムの普及による導入の容易化などから、近年再度注目が集まっています。テレワーク導入の方法と導入した際のメリットを知るためには、実際に導入した企業の事例が大きなヒントになります。今回は実際にテレワークを導入した4社の企業による、実施したテレワークの内容と得られたメリットについてご紹介します。

エンパワーメントの使い方とは?企業の活用事例からヒントを得る

エンパワーメントとは、権限を持たせること、自信を与えること、力を付けてやることで、「意思決定の迅速化」「自ら考え、判断し、行動できる人材の育成」「本来持つ能力の発揮」などのメリットがあります。国内外問わず、エンパワーメントを活用して顧客満足度や離職率の低下を実現した企業は数多くあります。今回はエンパワーメントの使い方をイメージするために、エンパワーメントを活用した企業事例について紹介します。

エンパワーメントとは?活用するメリットやデメリット、活用方法について

エンパワーメントとは、権限を持たせること、自信を与えること、力を付けてやることで、「意思決定の迅速化」「自ら考え、判断し、行動できる人材の育成」「本来持つ能力の発揮」などのメリットがあります。少子高齢化により労働力不足が大きな課題となっている日本では、従業員一人ひとりに求められる労働価値が向上しています。従業員に能力を最大限に発揮してもらうためには環境づくりが欠かせません。今回は企業活動や人事領域におけるエンパワーメントの意味や活用するメリット・デメリット、活用方法について説明します。

社内ルールのフォーマットを活用して自社に合った社内ルールを作ろう

新しい社内ルールを作る、既存の社内ルールを見直す場合にも何故そのルールが必要なのかの目的を明確にすることが大切です。不要なルールは業務効率の低下だけでなく、社員のモチベーションの低下や離職を引き起こす可能性すらあります。新しい社内ルールの作成時や既存の社内ルールの見直しに活用していただけるように、どのような目的があるのかをリストアップし、フォーマット化致しました。