記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

ミッションステートメントの具体例とは?例文から考える

企業が社会に存続し価値を提供し続ける上で、非常に重要とされている考え方にミッションステートメントがあります。企業理念や価値観、社会に与える影響などをより細かな行動指針として明文化させたミッションステートメントは、企業の成長には欠かせない存在です。ここでは実際にミッションステートメントを導入し成功を収めている魅力的な企業事例について紹介します。

新人フォローの意義や目的とは?メリットを再確認してみよう

組織の存続のためには、何よりもヒトの力が重要です。テクノロジーの発達でAIなどがヒトの代替になる業務も出てきてはいますが、「人材」の重要性や投資の必要性は不変です。人材育成について、多くの企業が昔から注力しているのが「新人フォロー」です。今回は新人へのフォローについて、概要などを改めてご紹介します。

ミッションステートメントの構成要素とは? 作成時に注意すべきこと

ミッションステートメントとは、直訳だと「企業理念」と訳されることも多く、企業の経営・運営に非常に重要な役割を果たす考え方です。ミッションステートメントを作成するためには、必要な要素について理解した上で作成することが大切です。今回はミッションステートメントの構成要素や作成手順について紹介します。

ミッションステートメントとは?策定する目的やメリット・デメリット

ミッションステートメントとは、直訳だと「企業理念」と訳されることも多く、企業の経営・運営に非常に重要な役割を果たす考え方です。明確なミッション・ステートメントがある企業のほうが企業業績が良いとの調査結果もありますが、曖昧なミッション・ステートメントでは業績の悪化に繋がりかねません。今回はミッション・ステートメントを策定する目的や活用するメリットとデメリットについて説明します。

コミュニティシップとは?日本でどのように変化してきたのか

日本は「勤勉でよく働く」というイメージが国際的に共有されています。実際に、現在の日本社会の基盤は高度経済成長期に高いモチベーションを持って働いてきた人々の功績によるものが大きいと考えることができます。ドラッカーと並んで称される経営学者のヘンリー・ミンツバーグ教授は、かつての日本型の経営スタイルに注目し、「コミュニティシップ」という概念を提唱しました。この記事では、かつての日本を支えたとされるコミュニティシップについて紹介します。

オーナーシップを育成するポイントとは?社内環境を整備しよう!

オーナーシップとは「担当業務に対する当事者意識を持って取り組む姿勢」を意味する概念で、より創造性の高い仕事を行うために不可欠な「自発性」によって成り立つものです。この記事では、従業員がオーナーシップを発揮できる環境を作りについて、具体的な例を交えて紹介します。

オーナーシップマインドを持った人材の特徴とは?必要な要素について

オーナーシップとは「担当する業務を自分ごと化できる姿勢」です。「リーダーシップ」と混同されがちなのですが、オーナーシップは組織を牽引する人材以外にも必要とされるマインドです。従業員にオーナーシップマインドを身につけてもらうことは大切です。この記事では、具体的にオーナーシップマインドを持った人材の例を紹介することで、オーナーシップの理解を深めることを目的としています。

オーナーシップとは?企業経営で重要視される理由や活用するメリット

オーナーシップとは「担当する業務を自分ごと化できる姿勢」のことで、モチベーションや従業員エンゲージメントに強く影響を与える要素です。オーナーシップは経営者だけでなく、すべての従業員が持ち合わせていることが理想の組織です。今回はオーナーシップの基本的な考え方やメリット、注意点を紹介します。

抜擢人事の導入に成功した企業の事例とは?導入成功のコツについて

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事には、導入の失敗要因や失敗した際のリスクが数多く存在するため、成功事例にもとづいた事前準備をしっかりと行う必要があります。今回は、抜擢人事の導入に成功した企業の事例についてご紹介します。