ノーレイティング導入企業の導入事例とは?信頼関係構築が重要

評価する側と評価される側に生まれるギャップ

求人倍率の増加が示すように、日本では新規人材獲得の難易度が高まっています。激化する人材獲得競争の影響により慢性的な人手不足に喘ぐ会社が特に中小企業で増えており、長期的に安定経営するために必要な組織力が弱まっている傾向にあります。

特に2020年の新型コロナウイルスのような事態が今後も起こりうると想定すると、自社を引っ張っていく人材を大切に育てていくことが大切になります。そこで注目したいのが人事評価制度です。

アデコは人事評価制度の満足度についてインターネット調査を実施しました。その結果「勤務先の人事評価制度に満足していない従業員」が過半数を超えており、「評価基準が不明瞭」「評価者の価値観や業務経験によって評価にばらつきが出て、不公平だと感じる」などが主な理由として挙げられています。

あなたはお勤め先の人事評価制度に満足していますか。
出典元『THE ADECCO GROUP』「人事評価制度」に関する意識調査

リクルートマネジメントソリューションズの調査でも、同様の理由が報告されています。

人事評価制度への満足不満足の理由
出典元『リクルートマネジメントソリューションズ』働きがいを高める人事評価とコミュニケーションの鍵とは?

評価する側を見てみると「自分が適切に評価を行えている」と回答した人は77.8%でした。つまり人事評価制度についての大きな問題点は「評価する側とされる側の認識のギャップ」にあると考えられます。実際に「勤務先の人事評価制度を見直す必要がある」と回答した比率は77.6%にまでのぼり、多くの人が人事評価制度を見直すべきと考えていることが伺えます。

自分が適切に評価を行えていると思いますか
出典元『THE ADECCO GROUP』「人事評価制度」に関する意識調査

以上を踏まえ、今回は新しい人事評価制度である「ノーレイティング」を導入した企業の事例について説明します。

ノーレイティングを導入した企業事例3選

今回は、ノーレイティングを導入した企業について3社の事例を紹介いたします。

上司と部下の信頼関係を評価に直結(カルビー株式会社)

画一化された評価フォーマットによる年次評価を排し、1on1を重視した評価制度であるノーレイティングを実施している国内企業の代表として、カルビー株式会社が挙げられます。

日本有数の製菓メーカーであるカルビーでは、従来のレイティングによる人事評価をやめ、全従業員が「Commitment & Accountability (C&A、約束と結果責任)」を上司と結ぶことで人事評価が決まる制度を導入しました。

C&Aは上司と部下のあいだの約束を当人間の関係性だけに止まらず、達成度が賞与にも反映される仕組みをとっているため、信頼関係が報酬に直結する特徴があります。C&Aの達成には上司と部下の連携が不可欠なので、達成に向けて密に接することで職場の雰囲気が良好になり、生産性の向上にも繋がります。

多角的なフィードバックを重視(P&G Japan)

世界最大手の消費財メーカーであるP&G。日本支社であるP&G Japanで重視しているマインドが「Feedback is a gift」です。

P&G Japanでは、自分自身の考えや成果などをより良くするために立場をこえた色々な人からフィードバックを得られる仕組みが整備されています。従業員それぞれが定期的に上司と1on1で自身のキャリア形成やプロジェクト立案について相談・目標設定の機会が設けられており、社員一人ひとりのオーナーシップに期待した人事戦略を実施しています。

多方面からのフィードバックと社員に大きな裁量を与えることにより、フィールドを超えたコラボレーションが生まれやすい環境づくりができています。

個人の成長を会社がサポート(アクセンチュア株式会社)

外資系コンサルティング会社の大手であるアクセンチュアでは「パフォーマンス・アチーブメント」という独自の評価制度が採用されています。

アクセンチュアの人事評価制度の最大の特徴は、社員自身のキャリアプランに沿った目標設定が推奨されていることです。社員一人ひとりの自己実現が結果的に組織成長に繋がるという考えがあるため、組織は社員の目標に対してサポートを行う立場をとり、例えばフィードバックの機会やコーチングへの参加などがあります。

アクセンチュアではディープラーニングを使用した人材開発にも多額の資金を投入して注力しています。

従来と大きく異なる制度だからこそ事例のチェックを!

ノーレイティングとはランク付けしない新しい人事評価制度のことです。リアルタイムでの目標設定や上司からのフィードバックによって人事評価を行う仕組みであり、社員の格付けによって相対評価を行なっていた従来の人事評価制度とは大きく異なります。

ノーレイティング制度はアメリカで浸透し、現在では日本企業でも導入が徐々に進んでいます。しっかりと制度を作り込んでいなかったり、管理職への負担や運用の形骸化が行われることも懸念されます。P&Gやアクセンチュアなど外資系企業の評価制度はノーレイティングの参考として好例になります。

導入する場合には設計と運用における注意点をしっかりと押さえておきましょう。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ