新人フォローアップ研修のプログラム内容とは?目的を明確にしよう

新人フォロー研修、どの程度実施していますか?

ITがいくら発達しても、企業にとっての「人材育成」の重要性は不変なものです。人を育てることは時間と労力はかかりますが、長期的にはかかった分以上の大きな利益となって組織に還元され、より大きな発展につながっていきます。経営層や人事担当者は、目先の利益や経費だけではなく、一歩先の未来を視野に入れた全体最適の投資=人材育成を活用していくことが肝要です。

育てていくべき新社会人の側はというと、新しい環境にさまざまな不安を感じています。マイナビが実施した『新入社員の意識に関する調査』によると、新社会人が社会人生活で抱えている不安の1位が「仕事をうまくこなせるか」、2位が「上司・先輩・同僚との人間関係」と、新社会人の過半数が、仕事や人間関係に大きな不安を抱えていることがわかります。

社会人生活でどのようなことに不安を感じていますか
出典元『マイナビ』2018 年マイナビ新入社員意識調査

こうした不安が重なっていくことは、多くの企業で問題になっている「早期退職」につながるリスクもあります。新卒入社1年以内の離職者が、中学校・高校生卒業者と比較した際に離職率が低い大学卒であっても、長らく10%以上であることからも、これは小さくない問題なのです。

学歴別就職後3年以内離職率の推移
出典元『厚生労働省』新規学卒者の離職状況

新人社員とはいえ、早期退職されることは企業にとって大きな損失です。求人広告費だけでなく、採用活動に関わった人事や現場社員、役員の人件費だけでなく、入社・退社手続きにかかった時間や教育研修費、早期退職した社員の人件費などがコストとして積み重なり、少なくても100万円、多い場合は1,000万円を超える損失となります。

今回は、新人フォロー研修の具体的なプログラム内容について説明します。

2本文
A 結果の提示 【見出し】

新人フォローのための「研修内容」とは?

新人フォローを実施する目的として、大きく5つの目的が挙げられます。

  1. ビジネスマナーや基本行動などの社会人スキルの習得
  2. 早期離職の防止
  3. 企業や事業内容への理解を深める
  4. 横の人間関係づくり
  5. 新人の早期戦力化と社会人としての自覚の醸成

新人フォロー研修の目的について

新人フォローアップの研修も、新人フォローで挙げた5つの目的を果たすために実施する必要があります。

社員の定着率アップ

研修で学んだスキルや知識を業務で復習してさらなるスキルアップを目指せる環境を整備することで、社員の定着率を高めることです。

研修で学んだことを一定期間現場で実践し「フォローアップ研修」で再び復習できるような土壌を会社が整備することで、新人も安心して仕事に集中することができ、ひいてはそれが、定着率アップにつながるのです。

配属後の不安の解消とモチベーションアップ

新入社員研修終了後は、配属先でのOJTが始まります。

「新人」も徐々に一般の社員として扱われることが増えますが、課題や葛藤を抱えやすいナーバスな時期でもあります。不安の解消のためにも新人フォロー研修は重要です。同期社員と同じ状況や悩みを分かち合ったり、トレーナー達とその解消方法を模索する中で、悩みや不安の解消につなげていきます。

仕事に慣れたきたころは、入社時の「やる気」や「緊張」もほぐれる一方で、モチベーションが低下する時期であるとも言われています。そういった時期に、同期社員と課題を共有することで、仲間としての意識を醸成したり、モチベーションの向上に繋げるといった狙いがあります。

社会人としての自覚を再認識する

新人がある程度仕事に慣れてきたとはいえ、まだまだ学生気分が抜けない人材も少なくないでしょう。緊張感が薄れてくる時期に、社会人としての自覚を改めて持たせ、自分が組織の中でどのような役割を期待されているのか、面談を活用して再認識させることも重要です。

社会人としてのマナーやスキルなどに関しても、再確認させるのもいい時期でしょう。

新人フォロー研修の内容について

現状の課題の把握と解決方法の模索

現状の課題を把握し、その解決方法を模索する研修プログラムが一般的です。自分達の課題を客観視してロジカルにとらえてから、メンバーで共有し合い、解決方法を模索します。

自身の課題を解決することで不安が払拭されるだけでなく、同じスキルを学んだ同期達と話すことで、新しい視点のアイデアを獲得する機会にもなり、更なるスキルアップが望めます。

実践のプレゼンテーション

実践事例のプレゼンテーションも有効です。

新入社員研修で学んだ内容を、その後のOJT研修などで実践し、その結果やそこで学んだことについての報告を、プレゼンテーションという形で発表します。相手に伝わりやすい資料作成のスキルなど、プレゼンテーション能力の向上にも役立ちます。

組織における自分の役割の認識

新入社員の研修においては、組織の中での自分自身の役割や立ち位置を再確認します。

新入社員研修で学んだ、組織の方針や経営理念などの知識を、実際の業務を通して改めて「自分は何のために働いているのか」という事柄と連動させて認識する事で、社会人としての自覚・モチベーションの向上をはかります。

キャリアプランの作成

新入社員研修時以降、1年、3年後、5年後の自分がどのように成長し、どういったキャリアを築いていたいかをじっくり考える機会も、新人フォロー研修の重要の役割です。自身の経験を棚卸し、客観的にまとめて将来につなげる機会ともいえます。

ただ漠然とした社会人生活を送るのではなく、目標とするキャリアや立場に向けてメリハリを持って働くことができるようになります。

コミュニケーションスキルに特化した研修

コミュニケーション能力の研修については、新入社員研修ではなくフォローアップ研修に組み込まれるケースも多いと言われています。

新人も、時間が経つごとに組織で動く事にも慣れ、周りの人材との人間関係もできていきます。社会人としての正しいコミュニケーションの方法を学ぶことで、組織で働くことに対する基礎能力を醸成します。

新人フォローに、効果的な研修内容を見極める

新人フォローの方法として、研修制度を活用する企業は多くありますが、プログラム内容は組織によってさまざまです。

研修によって、新人のどのような課題や悩みを解決するのか、目的を明確にするだけでなく、新人の課題や悩みの中から、優先順位をつけて解決に導いていくことが重要とも言えます。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ