中途採用でのダイレクトリクルーティングのメリットや注意点とは?

中途採用にはダイレクトリクルーティングが効果的って本当?

少子化による労働力人口の減少は年々増加しており、企業の採用競争もそれに伴い激化しています。売り手市場と呼ばれる採用市場において今、優秀な人材の獲得をするために新たな採用手法が注目されています。その中でも注目を集めているのが、従来の応募者を待つ「守りの採用」ではなく自ら求職者へとアプローチをかけ採用活動を行う「攻めの採用」と言われるダイレクトリクルーティングです。

ダイレクトリクルーティングは、株式会社ジャストシステムが実施した「多様化する転職市場に関する実態調査」の結果にもあるように、転職希望者の約4割が興味を示す注目の採用手法だと言えます。

参考URL『Marketing Research Camp』CtoCマッチングによる転職サービスに、転職希望者の4割以上が関心

ここではダイレクトリクルーティングを主に中途採用に活用した場合における、実施する上でのポイントや注意点、メリット・デメリットなどについて説明します。

中途採用にダイレクトリクルーティングを導入するメリットとは?

ダイレクトリクルーティングとは、企業側から求職者に対して積極的にアプローチをして採用活動を行うことから「攻めの採用」とも言われている採用手法のことを指します。企業側がダイレクトリクルーティングを導入するメリットとしては、「転職潜在層」へアプローチすることができる点や人材紹介会社に紹介されないような、隠れた良い人材へと出会える確立が大きくなることなどが挙げられます。

特に中途採用に関しては、ダイレクトリクルーティングで得られるメリットは大きく、具体的には以下のようなことが挙げられます。

転職を迷っている「転職潜在層」への効果が高い

中途採用の場合、従来の採用活動の流れですと良い人材は求人サイトや人材紹介と言った市場に出た瞬間、すぐに採用が決まってしまうということも多々あります。

ダイレクトリクルーティングの場合ですと、今すぐに転職を考えてはいないが、今後機会があれば話を聞いてみようと思っている「転職潜在層」へ時間をかけてアプローチし口説くことが可能となります。結果、従来の採用手法よりも、良い人材の獲得率がアップすることが期待できます。

ミスマッチを防ぎ質の高い採用活動ができる

ダイレクトリクルーティングは企業が自ら絞ったターゲットに声を掛けることができる採用手法です。企業側は多くの人材の中から、自社に合った考え方や求めるスキルを持つ求職者を探し出さなければならないため、ターゲットの選定に時間はかかりますが、結果ターゲット選定の時点で、マッチング率の高い人を選ぶことができます。

アプローチの段階でも自社の魅力や働く環境などを丁寧に伝える事ができるため、入社後のミスマッチを防ぐことはもちろん、採用活動全体的にみても無駄のない質の高い採用活動を行うことができます。

コストを抑え費用対効果の高い採用を実現

従来の人材紹介や求人広告といった採用活動をする上で必要になるコストは平均で約300万円と言われています。人材紹介の場合ですとそれを更に上回る金額を年間で支払っている企業も少なくありません。

ダイレクトリクルーティングを活用することで、無駄を省き質の高い採用活動ができれば、結果的にはシステム利用料や成功報酬を入れても、従来の方法よりもおよそ1/3~1/5以下にまでコストをおさえることが可能となります。

中途採用でダイレクトリクルーティングを導入する際の注意点

ダイレクトリクルーティングは特別中途採用に適しているように見えますが、導入する上ではいくつか注意点があります。

ダイレクトリクルーティングを行うためには、基本的な採用知識が必要となります。ダイレクトリクルーティングを実施するためには、数ある人材データベースやSNSといった膨大な情報の中からターゲットとなりうる人材を見つけなければなりません。人材採用における基本的に必要な知識である「人を見極める力」や「会社の魅力を伝える文章力」「求職者のモチベーションを上げるためのコミュニケーションスキル」などが必要となります。

ダイレクトリクルーティングを利用した場合短期で大人数の採用は、難しいと考えておく必要があります。採用活動である人材の発掘からアプローチ、面接、手続き等すべてを自社内の採用担当者が行うと考えると、短期間に複数名の採用に対応するということは難しいということは理解しておく必要があります。

ダイレクトリクルーティングを活用して中途採用の質を高めよう!

ダイレクトリクルーティングを活用した中途採用では、従来の採用では出会うことが難しかった、多種多様な業務スキルや経験を持っている人にも出会うことが可能となります。これから転職を考えている「転職潜在層」へも早期にアプローチすることができるため、転職市場に出る前に良い人材を囲い込むことも期待できます。

社会人経験豊富な人材は働き方や業務内容にも色々な理想や不満と行った考え方を持っている方も少なくありません。ダイレクトリクルーティングはそうした細かな部分もアプローチの段階で伝えながら口説くことができるので、入社後のミスマッチや早期離職の防止などにも効果が期待できます。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ