記事カテゴリー

「 ミスマッチ 」一覧

採用選考中の人事の悩みと解決策とは?面接後の辞退を防ぐ方法について

売り手市場かつ人手不足の現在、人事担当者の業務は増えるばかりで、悩みも尽きることはありません。母集団形成に難航するだけでなく働き方改革による自社制度の整備などで、1人あたりの採用選考に割ける時間も限られる一方で多種多様化する価値観や性格の見極めを正確に行わなければなりません。今回は採用選考中における人事の悩みとして、人材の見極めや面接後の選考辞退を発生させてしまう原因と解決方法について説明します。

カルチャーマッチとは?メリットや導入のポイント、考え方について

カルチャーマッチとは企業のカルチャー(社風や理念、考え方、価値観等)に応募者が共感(マッチ)したかどうかを採用基準に設ける方法です。日本の法律では企業が労働者を簡単に解雇できないため、入社後に育成(変化)することが難しい考え方や価値観を採用前に重視するカルチャーマッチ採用が適しています。今回はカルチャーマッチのメリットや導入するポイント、考え方について説明します。

カルチャーマッチングを実現する方法とは?採用選考に組み入れよう!

カルチャーマッチングとは、企業のカルチャー(社風や理念、考え方、価値観等)に共感(マッチ)したかどうかを採用基準に設ける採用手法のことです。カルチャーマッチングは採用面接だけで見極めるのではなく、書類選考や適性検査を活用して実現することが有効です。今回は採用選考でカルチャーマッチングを実現する方法をシーンごとに説明します。

内定者アルバイトとは?実施目的やメリット・デメリット、内容について

内定者アルバイトとは、入社前の内定者に実際の業務を体験してもらい、即戦力化やミスマッチ軽減を図る内定者フォローの施策です。内定者アルバイトは、やり方を間違えてしまうと内定辞退につながる危険がありますが、本来の目的さえ忘れなければ非常に効果的な内定者フォローになります。今回は内定者アルバイトの目的や内容、メリット・デメリットを確認し、効果的な内定者アルバイトとはどんなものかを考えていきます。

応募したくなる求人票の書き方やコツとは?会社の特徴を例文で見よう

応募したくなる求人票を書くためには、数字などの書きやすい「定量情報」よりも、仕事内容などの言語化しにくい「定性情報」を分かりやすく記載しながら、他社の求人票との差別化を行うことが大切です。そのためには、競合他社と差別化できる自社の強みだけでなく、求職者が仕事に求めているニーズについても把握しておく必要があります。今回は応募したくなる求人票の書き方やコツについて、例文を交えながら説明します。

内定者懇親会とは?目的や企画内容のコンテンツ、交流会について

内定者懇親会とは、内定者同士の連帯感を高めることを目的とした、内定者フォローとしての施策です。内定者懇親会で企画する内容や目的は様々ですが、接触のタイミングや頻度によっては、逆に内定者の心を離れさせてしまう恐れもあります。今回は内定者懇親会で企画する内容や目的、懇親会を行うメリットとデメリットについてご説明します。

採用面接の評価基準とは?評価ポイントを明確にし、評価方法を確立する

採用面接で人材を正確に見抜くためには、評価項目や評価基準、評価方法を具体的にすることが必要です。評価項目が決まらなければ、限られた面接の時間内で有効な質問ができません。評価基準が決まらなければ、質問で得た回答の評価が面接官ごとに異なってしまい、採用担当者と経営者で評価に違いが生まれてしまいます。面接に関わる人材全員が評価項目・評価基準について理解し、一枚岩になることで、効果的な採用面接が実現できます。今回は採用面接における評価基準や評価項目、複数人の面接官が統一した評価を行うための方法について説明します。

ミツカリでの人事データ分析③〜配属先の決定〜

入社後の配属先の決定には、人員不足・本人の希望・部署や上司との相性など考慮しなければならない点が様々あります。特に業務スキルのない新卒社員の採用時には頭を悩ませる問題ですが、入社1年目は特に組織風土のミスマッチが離職意向に影響するため、慎重に決める必要があります。今回はミツカリを使って、部署や上司との相性を可視化し、適した配属先を決める人事データ分析の方法について説明します。

ミツカリでの人事データ分析②〜社風の可視化〜

社風は会社説明会で力を入れて説明した点と挙げられている一方で、早期離職の主要な理由として「社風のミスマッチ・ギャップ」も挙げられており、求職者が「説明された社風」を理解できていない、担当者が実態である「社風」の認識を誤っているなどの問題があると考えられます。社風による早期離職を防ぐためには、誰もが共通認識を持てる形で、自社の社風を可視化・言語化することが大切です。ミツカリは、抽象的で言語化が難しい社風を客観的かつ具体化できるHRテックサービスです。今回はミツカリを用いて、社風を可視化する方法について、ステップごとに説明します。