記事カテゴリー

「 ミスマッチ 」一覧

自社にマッチした人材とは?新入社員の早期離職を防ぐ3つの観点とは

自社にマッチした人材とは、自社の現状や要望に合った人材のことです。自社にマッチした人材を採用するためには、具体的に何をマッチさせるのかを定めた上で、マッチする人材を見極めなければなりません。今回はマッチする人材の要件として「条件マッチ」「カルチャーマッチ」「スキルマッチ」という3つの観点をご紹介します。

企業理念が共感できない?従業員に浸透しない理由とは

企業理念の浸透が重要であると考える企業は98%とほとんどの企業が重要性を理解しています。実際に企業理念が浸透していると考える企業は66%と、まだ浸透していない企業が多くあります。何故企業理念が浸透しない、共感できないのでしょうか?理由として「そもそも認知されていない」「抽象的で解釈が異なり、内容が理解できない」などの様々な理由があります。企業理念が共感できない5つの代表的な理由と改善策について説明します。

人材アセスメントの手法とは?人材採用や管理職昇格で活用しよう

人材アセスメントとは、人の性格や価値観などを可視化し、幅広い人事業務に活用できる評価技法です。人材アセスメントを正しく活用すれば、管理職候補の適性検査や人材と職務のミスマッチ防止だけでなく、人材の成長や組織の効率的な運用など、様々な人事業務に役立てられます。今回は人材アセスメントを実際の業務で人事活用する手法についてご説明します。

企業理念とは?意味や目的、必要性、経営理念との違いについて

経営理念と類似した概念として企業理念があります。広義では一緒の意味とされる経営理念と企業理念ですが、狭義の意味では異なります。企業理念の浸透が重要であると考える企業は約98%であるのに対し、社員に浸透していると実感している企業は約66%と、理想と現実にギャップがあることが分かります。今回は企業理念の意味や定義、活用する重要性などについて説明します。

経営理念が浸透した企業事例や取り組みとは?理念浸透の行動や施策例

経営理念の浸透は、ほぼ全ての企業が重要であると考えられています。一方で、経営理念が実際に浸透していることを実感していない企業は過半数を占め、浸透させるための施策を講じていない企業も1/3程度存在します。経営理念を浸透させるためには、経営理念を作成して明文化するだけでなく、社員一人ひとりに理解してもらいながら、行動に移してもらうことが大切です。今回は経営理念を浸透させた他社企業の事例を紹介致します。

心に響く経営理念の作り方とは?4つの要素とポイントを盛り込もう

経営理念は「企業経営の方向性」を指し示すだけでなく、企業ブランディングや採用ブランディングにも大きな影響を与える要素です。しかし経営理念を掲げるだけでなく、広く公表しながら浸透させなければ意味がありません。そのためにも、経営理念を作る段階で、具体的でわかりやすく、かつ経営者が本気で考えた経営理念にすることが大切です。今回は経営理念の作り方と注意点について説明します。

人材アセスメントとは?管理職の育成・選抜に適性検査を活用しよう

人材アセスメントとは、客観的かつ公平に人材を評価できる手法であり、社員の人材配置や昇進・昇格の適性を測定できます。人材アセスメントを有効に活用すれば、従業員の不満を緩和できるだけでなく、人事業務の正確化と効率化も図れます。今回は人材アセスメント導入のメリットやデメリットと注意点、従来の人事評価との違いについてご説明します。

経営理念とは?意味や目的、メリットを理解して正しく活用しよう!

経営理念とは「事業を管理・遂行する上でこうあるべきであるという根本の考えや道理、筋」のことであり、売上規模・経常利益額が多い企業ほど経営理念が存在します。経営理念は掲げるだけでなく、社内外にアピールしながら、広く浸透させることが大切です。経営理念の意味や目的、良い・良くない経営理念とは何か、経営理念を活用するメリット・デメリットについて説明します。

定着率の向上方法とは?人材の定着施策を目的別に考える

定着率の向上は、人事担当者・経営者の頭を悩ませる課題の一つです。定着率を向上させることで、採用・教育コストの削減や労働生産性の向上などが期待できる一方で、定着率を向上させるための具体的な課題に落とし込めていない企業が多く存在します。今回は既存従業員・新規従業員の二つの視点から、定着率を向上させるための施策について説明します。

RJP事例に学ぶ〜RJP理論を取り入れた採用成功事例とは〜

ポジティブな情報だけでなくネガティブ情報も含めて、リアルな現場を伝えるRJP理論(Realistic Job Preview)。ネガティブな情報を伝えることで母集団形成ができなくなるとの懸念はありますが、アメリカでは40年以上研究・実証され、一部の日本企業でも導入されています。リアルを伝えることで、入社後のミスマッチが減り、定着し活躍する人材の採用が可能になった企業も多くあります。今回は日本企業におけるRJP理論を取り入れた採用戦略の事例について説明します。