記事カテゴリー

「 ミスマッチ 」一覧

適性検査の分析方法や使い方とは〜採用総括から配属・教育研修まで〜

適性検査とは、受検者の性格や価値観、能力などを可視化する手段の一つです。人に関するデータを定量化することで、客観的な比較が可能になります。適性検査は主に採用選考で使われることが多いですが、人の性格や価値観と言ったデータは「採用総括」「内定者フォロー」「配属・教育研修」など様々な人事業務へ応用ができます。適性検査の受検結果を他の人事業務へ活用する方法ややり方など、適性検査の使い方について説明します。

新卒採用のメリット・デメリットとは?意義や目的、問題点について

新卒採用のメリットは「育成の余地があり、高いロイヤリティーを期待できる」などと考えられています。しかし省庁の調査結果から、中途採用よりも新卒採用の方が離職率が高く、育成できていないことが見えてきました。新卒採用の離職理由の調査では「給与」に関する理由よりも「人間関係」に関する理由のほうが多く、新卒採用では組織風土に定着するかと言った視点で人材を見極める必要があります。今回は新卒採用におけるメリットやデメリット、問題点と解決策について説明します。

環境と性格を考慮した人材の適材適所を実現する方法とは?

ミライセルフが行った仕事における価値観や人間関係の調査から、「環境と性格の相互作用については、切り離してマッチングを考える」べきと気づきを得ました。どちらも個人の力で変えることが難しい要因ですが、うまくいくパターンを見つけることで適材適所を実現できると考えています。適材適所を実現するために有効な理論であるトレイトアクティベーションモデルについて説明します。

OCEANの性格の特性でみる、ミスマッチが有効な人材配属とは?

プライベートでの離婚問題など、価値観の違いは深刻な問題です。企業においても、類似した性格や価値観を持ったカルチャーフィットを重視することが、早期離職を防ぐだけでなく、高いパフォーマンスを発揮するために必要な要素です。学術研究から、すべての性格を類似させるのではなく、逆にミスマッチさせた方がパフォーマンスが上がる性格が明らかになりました。今回は心理学研究の基本とも言えるビッグ・ファイブ理論(OCEAN)から、ミスマッチさせた方が良い性格と理由について説明します。

仕事のやりがいと内発的動機付けの関係は?日本をグローバルで見ると

仕事のやりがいは人それぞれです。地位やお金を重視する人もいれば、仕事内容を重視する人もいるでしょう。しかし仕事にやりがいを感じる環境であれば、企業の成長を人材がサポートしてくれるでしょう。仕事の動機には、外発的動機づけと内発的動機づけの2種類があります。それぞれの関係と職務満足度への影響を、国際論文の内容から紐解いていきます。