クリティカル・シンキングとロジカル・シンキングの共通点や活用方法とは?

採用選考などの判断を歪ませるバイアスの存在

現状の採用選考などの意思決定には「バイアス」が少なくない影響を与えていることはご存知でしょうか?

日本の広告代理店・ADKの調査によると「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」と回答した企業は3割以下となっています。

明確な採用基準が設定されていますか
出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

「自社に必要な人材像を理解している」と回答したのは4割でした。「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」「自社に必要な人材像を理解している」両方とも半数以下という結果でした。一般的な企業の採用は、人事担当者などの個人の基準が反映されているという実態が明らかになっています。

自身の会社に必要な人物像について理解しているか

出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

リクルートキャリアの「就職白書2019」の調査によると、採用における課題として「採用関係者への採選考基準の統一化」は6位に挙げられており、多くの企業では個人の基準ではなく、統一された基準で行うことが求められていることが見て取れます。

新卒採用における課題
出典元『リクルートキャリア』就職白書2019

Googleの採用面接では、採用活動においては、“ヒトの直観に頼らない一貫した採用要件”に基づいて採用決定を行う『構造化面接』というプログラムを導入しています。「判断の統一化」が明確に規定されており、この採用方法は多くの企業で以前から注目されるものでもあります。

バイアスには様々な種類があり、バイアスを完全に排除するのは難しいものですが、バイアスにかかっていることを認識し、本質を見抜くトレーニングをすることは非常に効果的です。

今回は、バイアスから脱却する方法の一つである「クリティカル・シンキング」と「ロジカル・シンキング」の共通点や違いについて説明します。

クリティカル・シンキングとロジカル・シンキングの共通点と相違点とは?

クリティカル・シンキングは「批判的思考」と言われる思考方法ですが、ただ物事を批判的に捉えるということだけではありません。その時点での「最適解」を導き出すために、見えている事象や情報を鵜呑みにせず「本当に正しいのか」という疑問を持ち、じっくり考察した上で結論を出すことを言います。

そもそも「critical(クリティカル)」とは、「批判的な」「批判眼のある」といった意味の言葉です。クリティカル・シンキングはつまり「批判的思考」となりますが、ただ物事を批判的に捉える思考という意味ではありません。

かつて米国の教育界で、知識の詰め込みではなく「クリティカル・シンキング」を活用して客観的に判断、決断できるように方向転換した時期があります。それを受けて、日本でもそういう流れが生まれたのですが、その流れは教育の世界だけではなく、ビジネスの世界においてもより実践的に用いられるようになっています。

クリティカル・シンキングを行う目的について

クリティカル・シンキングの目的は、その時点での「最適解」を導き出すことです。事象や情報、それに対する周りや自分自身の意見、全てを客観的に捉え疑問を持つことで、その事象についてより最適な結論に辿り着くことができるようになります。また自分自身が十分に納得した上で最適な判断ができるようになります。

クリティカル・シンキングを用いると、物事に関する情報やそのまわりの環境、意見などについて、さまざまな観点から前提が適正なのかを客観的に検証し疑問を持つことができるようになります。

クリティカル・シンキングは世界的にも長らく注目されており、世界の大手企業などが加盟している「世界経済フォーラム(WEF)」の2016年の年次総会(通称:ダボス会議)では、「2020年に必要なビジネススキル」のランキングで2位となりました。特に米国では重要視されており、小学生からクリティカル・シンキングのスキルを意識した学習が行われているとも言われています。

ロジカル・シンキングの意味や定義について

「logical(ロジカル)」とは「論理的な」などの意味で、「ロジカル・シンキング」は日本語に訳すと「論理的思考(論理思考)」という意味です。ある一定の枠組みで論理的に道筋を立てて考え、目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出す思考法です。クライアントなどビジネス上での交渉時やプレゼンテーションの場でも非常に役立つもので、ビジネスパーソンにとっては必要不可欠なスキルとされています。

「ロジカル・シンキング」を進める際の代表的なフレームワークは、物事を構造的に分解する手法である「ピラミッドストラクチャー」、物事を「モレなくダブリなく」検討するための手法「MECE」などがあります。

ロジカル・シンキングを行う目的について

論理的思考が重視される現在のビジネスにおいては、ロジカル・シンキングを活用することで、はっきりしない抽象的な事柄をつながった線として捉えることができるようになります。

点はつまり「過去に起こった事柄」で、一つひとつを確認して線として繋げることで問題が解決することもあります。あなたが人事担当者の立場であれば、社員育成のためにもロジカル・シンキングができる力を育成してく必要があります。

ロジカル・シンキングには大きく分けて2つの意味があります。「物事を体系的に整理し、全体と部分の包含関係」と「筋道たてて矛盾なく考え、部分と部分の因果関係」を整理することです。

クリティカルシンキングとロジカル・シンキングとの違いについて

ロジカル・シンキングとは、物事に筋道を立てて、各段階、各要素別に分類・分解して思考することです。クリティカル・シンキングとは、物事の前提の正誤を検証後、その事象の本質を見極めていくことです。

2つの考え方は異なるものですが、相反もしないものです。クリティカル・シンキングを実践するときにロジカル・シンキングの考え方を活用することもできますし、その逆もまたしかりです。

ロジカル・シンキングは「論理的思考」、クリティカル・シンキングは「批判的思考」と訳されます。事象に対しては「ロジカル・シンキング」で整理・分析し、答えを導き出します。それに対して「クリティカル・シンキング」の視点でおかしいと思う点や疑問を持ち、更に考察を深めることで、精度の高い“最適解”を導きだすことができるのです。

クリティカル・シンキングとロジカル・シンキングの活用方法について

クリティカル・シンキングの方法は、4つのステップで構成されています。

1.ゴールを明確にする

最初に、「どんなことをしたいのか」「実現させたい状況とその理由」などの問いかけを通して客観的思考を実施。目指すゴールとレベル、達成期限などをできる限り明確に設定します。ゴールの設定が具体的なほどクリティカル・シンキングはスムーズに進みます。

2.現状を分析する

最初に設定したゴールやその期限などの実現に向けて、現在の状況を分析します。現状分析を丁寧に行うことで、次のステップが容易になります。ゴールに向かって、現時点の状況確認を丁寧に行います。

3.課題を見つける

設定したゴールと現状の間の乖離とその程度を測定・分析し、課題を見つけます。
ここでは、可能な限り客観的な視点から議論を進めることを心がけてください。

4.解決に必要なアクションを考える

取り組むべき課題がはっきりしたら、その時点でとりわけ重要と考えられるものを優先し、「誰が」「何を」「いつまでに」「どこで」「どのようにして」解決していくかプランニングを行います。

ロジカル・シンキングを進める際には、代表的なフレームワークを活用する方法が効果的です。ロジカルシンキングのフレームワークには、物事を構造的に分解する手法「ピラミッドストラクチャー」と、物事をモレなくダブリなく検討するための手法、「MECE」があります。

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーとは、自身の主張や根拠をピラミッド型の図で表現する手法です。ピラミッドストラクチャーではまず自分の考えを整理し、考えの妥当性を客観的に検討することができます。

結論と根拠が一目で分かるため、相手に考えの全体像を分かりやすく伝えられるなどのメリットがあります。

MECE

「MECE」は『Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive』の頭文字を取ったもので、日本語では「重複しておらず全体的に漏れの無い状態」という意味になります。複雑で入り組んだ課題を分解して整理し、シンプルにした上で検討するのがロジカル・シンキングです。

整理する作業の中で「モレ」や「ダブリ」がないように、一般的にマーケティングなどで利用される「3C分析」「4P分析」「SWOT分析」などを用いて、モレがなくダブリもない状態を目指します。

クリティカル・シンキングとロジカル・シンキングを使い分けよう

クリティカル・シンキングとロジカル・シンキングはともにビジネスシーンでも活用できる思考方法であるが、ロジカル・シンキングでは筋が通っている結論を導くこと、クリティカル・シンキングは結論に筋が通っているのかを疑うことであるため、違う思考方法でありがなら、ともに活用することでより精度が高まる思考方法です。

どのようなシーンで、ロジカル・シンキングまたはクリティカル・シンキングが有効なのか、一方だけを用いるのか双方を用いるのか、シーンに合わせて、都度選択してくことが何よりも重要です。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ