記事カテゴリー

「 ミスマッチ 」一覧

玉突き人事による退職の危険性とは?会社都合とみなされる場合もある

玉突き人事は、欠員補充などを目的とした場当たり的な人事異動のことです。異動を命じられた社員のモチベーションを下げ退職につながる場合も多くあります。意に介さない異動であったり、雇用契約違反の場合、あるいは引越が必要にも関わらず必要な補助がない場合など、会社都合退職となる場合があります。今回は玉突き人事による離職のリスクや、会社都合退職とみなされる場合、自己都合退職とみなされる場合について説明します。

玉突き人事とは?人手不足が招く人事異動に注意しよう

玉突き人事とは人員の補充のみを目的として連鎖的に行われる人事異動のことです。問題のある人間関係の再構成など狙って行われることもありますが、突発的かつ連鎖的な人事異動が場当たり的に起こることで当該社員はもちろん社内全体に悪影響を与えてしまうことも少なくありません。戦略的な人事異動を行うためには、玉突き人事を防ぐ必要があります。今回は玉突き人事とはなにか、玉突き人事によって引き起こされる問題点について説明します。

リファレンスチェック後の内定取り消しは可能なのか?

採用選考の段階で経歴や実績を「盛って」話す人は、実のところ決して少なくありません。経歴詐称などが発覚すると、最悪の場合は会社の信用問題にも発展するケースもあり、情報の信ぴょう性を確認することが大切です。そこで行われるのがリファレンスチェックです。しかし、内定者のリファレンスチェック後に何らかの詐称が発覚した時、内定取り消しとして大丈夫でしょうか?この記事では、法的な内容も視野に入れつつ解説します。

リファレンスチェックが違法になる?個人情報保護法を確認しよう

履歴書や面接では、事実よりも誇張したことをアピールする求職者と出会うこともあります。経歴詐称など、後々大きな問題に発展するリスクを回避するために、中途採用ではリファレンスチェックというものが行われるケースがあります。前職や経歴などの裏どりとして行われるリファレンスチェックは、プライバシーに関わる情報を扱うため、対象者の許可なく行うことができません。この記事では、リファレンスチェックで違法となってしまうケースや法的観点から注意すべきことを紹介します。

リファレンスチェックの実施方法と注意点とは?違法にならないために

人材採用では求職者の見極めが大切です。しかし、一部の求職者は履歴書や面接で「話を盛る」ことがあり、なかには経歴詐称などの重大なものも含まれています。真偽を確認するために実施されるのがリファレンスチェックで、前職の関係者などに電話で接触し、経歴・実績などの裏どりを行うことで、中途採用ではたびたび実施されています。今回はリファレンスチェックの実施方法と注意点について説明します。

リファレンスチェックとは?嘘を確認することだけがメリットではない

リファレンスチェックとは、採用面接での履歴書や採用面接で得られた情報の裏をとる意味で、企業のリスク回避として採用段階に用いられます。個人情報保護法の観点から、求職者の同意が必要となりますが、リスク回避だけでなく、求職者の魅力をより引き出すメリットもあります。今回はリファレンスチェックを実施する企業・求職者のメリットやデメリットについて説明します。

ソーシャルリクルーティングに成功した企業の導入事例とは?

ソーシャルメディアを活用したソーシャルリクルーティングは、若年層のSNS利用率や労働人口の減少によって、より注目を集めています。ソーシャルリクルーティングを活用する企業は増加傾向にあり、様々な企業で成功事例が挙げられています。今回はソーシャルリクルーティングに成功した4つの企業事例について紹介します。

SNSを利用した採用活動とは?どのようなコンテンツを発信すべきか

近年多くの企業が注目するSNSを活用したソーシャルリクルーティング。実際に導入する場合、数あるSNS媒体の中でどの媒体を利用したらいいのでしょうか?またどのようなコンテンツを発信すべきなのでしょうか?運用の準備や運用開始後の具体的な活動内容について紹介します。

ソーシャルリクルーティングとは?SNSを活用した新しい母集団形成

LINEなどのソーシャルメディアは、我々の生活に深く根付いています。一方で、ソーシャルメディアを就職活動で活用したくない学生も一定数いるのも事実です。今回はソーシャルメディアを活用したソーシャルリクルーティングの概要やメリットについて説明します。

早期離職への対策方法とは?採用活動の段階ごとの対策方法について

早期離職を防止するためには、早期離職の発生理由をきちんと調べて、自社の採用や教育のプロセスを改善する必要があります。早期離職への対策は、入社後のマネジメントだけでなく、入社前の採用選考や内定者フォローなどの段階から始められます。今回は、早期離職の対策方法について詳しくご紹介します。