記事カテゴリー

「 ミスマッチ 」一覧

正常性バイアスが発生する具体例や対策方法とは?危機管理意識を高めるために

正常性バイアスとは、人が危機や何かの異状に直面した際に現実を素直に受け止めることができず、物事を過小評価もしくは楽観視をして「まだ大丈夫」と思い込もうとする傾向のことです。「これぐらいなら大丈夫」だと思いこんでしまうことで長時間労働や偽装工作などが発生し、深刻な問題に発展してしまう可能性もあるバイアスです。今回は正常性バイアスが発生する具体例や対策方法について説明します。

正常性バイアスとは?危機管理としてもバイアスを認知することが大切

正常性バイアスとは、人が危機や何かの異状に直面した際に現実を素直に受け止めることができず、物事を過小評価もしくは楽観視をして「まだ大丈夫」と思い込もうとする傾向のことです。本来は、人が物事に過剰に動じることなく日常を問題なく過ごすために必要なレベルの平静を保つための心の働きで、人間に必要な心の働きです。しかし非常時には正常性バイアスが災いし、問題を放置してしまうことで更に深刻化させてしまう原因にも繋がります。今回は正常性バイアスについて説明します。

ミスマッチ失業率とは?企業の人材不足を解消する糸口について

ミスマッチ失業率とは、求人の受給に関わらず、企業と求職者のミスマッチにより起こる失業のことです。ミスマッチ失業率は均衡失業率の一つと言われており、景気に左右されない条件面などでのミスマッチによって引き起こされます。今回はミスマッチ失業率について説明します。

寛大化傾向・中心化傾向・厳格化傾向の共通点や違いとは?

公正公平の人事評価制度は、フレキシブルな人材起用の実現には欠かせません。現在のビジネスシーンではサービスや働き方の多様化が発生しており、対応していける会社体制を整えることは中長期的な人材戦略としてマストなものとなっています。しかし、せっかくの人事評価制度も上手く運用できなければ意味がありません。この記事では人事評価制度運用の問題点である寛大化傾向や中心化傾向、厳格化傾向について解説します。

破壊的コンフリクトとは?組織に負の影響を与える対立は早期に解決しよう

組織やチームが生産性やパフォーマンスを向上させるためには、円滑なコミュニケーションや相互理解が不可欠です。しかし人は色々な考えや思いのもと働いていることも事実であり、時には意見の衝突や対立は避けられません。対立(コンフリクト)には2種類あり、1つは業績の低下につながる破壊的コンフリクトです。今回は破壊的コンフリクトについて説明します。

情報バイアスが会社や人事業務に与える悪影響や対策方法とは?

情報バイアスは、あきらかに不要な情報も必要だと思い込ん)集めてしまうバイアスです。情報過多に陥ることで効率の良い判断ができなくなる可能性があります。人事評価制度の評価項目や評価基準が定まっていない場合、不必要な情報も収集することで人事業務の効率が低下するだけでなく、誤った判断を引き起こして不平不満の原因となる可能性もあります。今回は情報バイアスが会社や人事業務に与える影響や対策方法について説明します。

テクノ失業が起こりやすい仕事とは?従業員の教育に注意すべき点について

テクノ失業とは、IT・AIの発展と導入により業務置換がなされたことで、人間が失業に追い込まれる状況です。テクノ失業が起こる原因として技術の発展が挙げられますが、技術が発展したとしても機械に奪われない仕事は多くあり、現在雇用している若手従業員の将来のためにも、テクノ失業させないように教育しておくことが大切です。今回はテクノ失業が起こりやすい仕事や起こりにくい仕事について説明します。

寛大化傾向が起きる原因や対策方法とは?主観評価から脱却しよう

寛大化傾向とは、意識的・無意識的に高評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。寛大化傾向によって人事評価制度の崩壊を招き、従業員全員のモチベーション低下をさせてしまう可能性もあり、何故寛大化傾向が起きるのか、対策方法はあるのかを知っておくことが大切です。今回は寛大化傾向が起きる原因や対策方法について説明します。

生産的コンフリクトとは?業績の向上につながる対立を見極めよう

組織やチームが生産性やパフォーマンスを向上させるためには、円滑なコミュニケーションや相互理解が不可欠です。しかし人は色々な考えや思いのもと働いていることも事実であり、時には意見の衝突や対立は避けられません。対立(コンフリクト)には2種類あり、1つは業績向上につながる生産的コンフリクトです。今回は生産的コンフリクトについて説明します。