記事カテゴリー

「 ミスマッチ 」一覧

ハロー効果とは?採用面接や人事評価に客観性がなくなるバイアス

ハロー効果とは後光効果とも呼ばれ、目立つ特徴に注目しすぎてしまい、他の特徴に対しても事実でない印象を受けてしまうバイアスのことです。高学歴だから仕事ができる、明るいから営業に向いているなどは代表的なハロー効果です。今回は採用面接や人事評価で重大な問題を引き起こす可能性があるハロー効果について説明します。

ダニング=クルーガー効果が発生する原因や対策方法、活用方法とは?

ダニング=クルーガー効果とは、能力の低い人ほど自己評価が高く、能力の高い人ほど自己評価が低くなるバイアスです。能力の低い人は根拠のない自信を持つため、人事部や経営者が有効活用することで、人材を行動につなげやすくすることもできます。ダニング=クルーガー効果が発生する原因や対策方法、活用方法について説明します。

ダニング=クルーガー効果とは?自信や自己評価に関わるバイアス

ダニング=クルーガー効果とは、能力の低い人ほど自己評価が高く、能力の高い人ほど自己評価が低くなるバイアスです。ダニング=クルーガー効果によって、能力の低い人は根拠のない自信を持つため、人事部や経営者が有効活用することで、人材を効果的に動かすこともできます。今回はダニング=クルーガー効果について説明します。

バイアスが組織にもたらす悪影響とは?問題と原因を知り、対策しよう

バイアスとは先入観・偏見を意味する言葉です。普段の生活だけでなく、ビジネスシーンでも多くのバイアスが存在します。バイアスを認識しなければ、企業にとって多くの悪影響や問題・課題を引き起こす可能性があります。今回はバイアスによって企業に引き起こす問題や原因について説明します。

バイアスとは?人事業務とは切り離せない存在を明確に認識しよう

バイアスとは先入観・偏見を意味する言葉です。採用面接や人事評価などの人事業務とバイアスは深く関係しています。バイアスがあることで、客観的に正しい評価ができず、採用すべき人を見極められなかったり、従業員の不満を生む原因となります。今回はバイアスとはなにか、バイアスが何故発生するのかについて説明します。

玉突き人事による退職の危険性とは?会社都合とみなされる場合もある

玉突き人事は、欠員補充などを目的とした場当たり的な人事異動のことです。異動を命じられた社員のモチベーションを下げ退職につながる場合も多くあります。意に介さない異動であったり、雇用契約違反の場合、あるいは引越が必要にも関わらず必要な補助がない場合など、会社都合退職となる場合があります。今回は玉突き人事による離職のリスクや、会社都合退職とみなされる場合、自己都合退職とみなされる場合について説明します。

玉突き人事とは?人手不足が招く人事異動に注意しよう

玉突き人事とは人員の補充のみを目的として連鎖的に行われる人事異動のことです。問題のある人間関係の再構成など狙って行われることもありますが、突発的かつ連鎖的な人事異動が場当たり的に起こることで当該社員はもちろん社内全体に悪影響を与えてしまうことも少なくありません。戦略的な人事異動を行うためには、玉突き人事を防ぐ必要があります。今回は玉突き人事とはなにか、玉突き人事によって引き起こされる問題点について説明します。

リファレンスチェック後の内定取り消しは可能なのか?

採用選考の段階で経歴や実績を「盛って」話す人は、実のところ決して少なくありません。経歴詐称などが発覚すると、最悪の場合は会社の信用問題にも発展するケースもあり、情報の信ぴょう性を確認することが大切です。そこで行われるのがリファレンスチェックです。しかし、内定者のリファレンスチェック後に何らかの詐称が発覚した時、内定取り消しとして大丈夫でしょうか?この記事では、法的な内容も視野に入れつつ解説します。

リファレンスチェックが違法になる?個人情報保護法を確認しよう

履歴書や面接では、事実よりも誇張したことをアピールする求職者と出会うこともあります。経歴詐称など、後々大きな問題に発展するリスクを回避するために、中途採用ではリファレンスチェックというものが行われるケースがあります。前職や経歴などの裏どりとして行われるリファレンスチェックは、プライバシーに関わる情報を扱うため、対象者の許可なく行うことができません。この記事では、リファレンスチェックで違法となってしまうケースや法的観点から注意すべきことを紹介します。

リファレンスチェックの実施方法と注意点とは?違法にならないために

人材採用では求職者の見極めが大切です。しかし、一部の求職者は履歴書や面接で「話を盛る」ことがあり、なかには経歴詐称などの重大なものも含まれています。真偽を確認するために実施されるのがリファレンスチェックで、前職の関係者などに電話で接触し、経歴・実績などの裏どりを行うことで、中途採用ではたびたび実施されています。今回はリファレンスチェックの実施方法と注意点について説明します。