記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

抜擢人事の導入に成功した企業の事例とは?導入成功のコツについて

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事には、導入の失敗要因や失敗した際のリスクが数多く存在するため、成功事例にもとづいた事前準備をしっかりと行う必要があります。今回は、抜擢人事の導入に成功した企業の事例についてご紹介します。

インテグリティがある人材の特徴や、企業に与えるメリットとは?

インテグリティとは「誠実さ」「真摯さ」「高潔さ」などと訳される、人間関係を築く上で重要な価値観を意味する言葉です。インテグリティを身につけるためには、手本となる人物の行動を真似るだけでなく、何故その行動に至ったのかという理由を考えることが大切です。今回は、インテグリティがある人材の特徴や企業に与えるメリットについてご紹介します。

高年齢雇用継続基本給付金と高年齢再就職給付金の違いとは?

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。再雇用時に賃金が下がる場合、再雇用対象者の賃金が定年前の75%未満であれば、高年齢雇用継続給付の受給対象者となります。今回は再雇用後に賃金が低下した場合に労働者が受給できる、高年齢雇用継続給付についてご紹介します。

従業員サーベイとは?実施目的やメリット・デメリット、注意点について

従業員サーベイとは従業員の満足度などを調査することであり、社内の課題を把握したり、浮かび上がった問題を解決することで社員のモチベーションを高め、高い労働生産性や企業の安定した成長等を目的に行われます。従業員サーベイの目的を明確化にし、適切なフィードバックによって従業員の理解を得ながら進めることが重要です。

抜擢人事が失敗する理由とは?失敗の原因や対策方法について

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事の導入に失敗すると、社内の人間関係の悪化や組織全体の結束力の崩壊など、企業にさまざまな悪影響を及ぼす危険があります。今回は、抜擢人事が失敗してしまう原因や対策方法についてご紹介します。

インテグリティとは?意味や定義、企業にとって重要な理由について

インテグリティとは「誠実さ」「真摯さ」「高潔さ」などと訳される、人間関係を築く上で重要な価値観を意味する言葉です。インテグリティは、従業員の生産性向上や顧客との信頼関係構築につながるなど、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はインテグリティの意味や定義、企業にインテグリティが求められる理由についてご紹介します。

再雇用契約書に記載する内容や注意点とは?具体例やひな形をご紹介!

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。労働者を再雇用する場合には、雇用契約書で新規に契約を交わすことになるため、業務の実態や法令に則った内容の契約書を作成する必要があります。今回は再雇用時の契約書に記載すべき内容の具体例や、契約書のひな形についてご紹介します。

コーチングの実施方法とは?実施フローを7つのステップでご紹介!

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングを実施する際には、実施フローにのっとってステップごとに進めていく方法が効果的です。今回は、コーチングの実施方法を7つのステップに分けてご紹介します。

抜擢人事が注目されている理由とは?導入を成功させる要素について

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事は、組織を活発化させる起爆剤となる反面、組織内の人間関係を悪化させる危険がある点に注意が必要です。今回は、抜擢人事が注目されている理由や、導入を成功させる要素についてご紹介します。

再雇用を行う場合の退職金とは?支払い時期や請求権の時効について

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。再雇用を行う場合の退職金を巡るトラブルは、再雇用者だけでなく現役社員にとっても企業への信頼感を大きく損ねる原因となるため、注意が必要です。今回は、再雇用制度における退職金の扱いについてご紹介します。