記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

内発的動機付けとは?社員のモチベーションを上げる方法について

内発的動機付けとは、物事に対する強い興味や探求心など、人の内面的な要因によって生まれる動機付けを意味する言葉です。内発的動機付けによる社員のモチベーションアップを図るためには、採用の段階で会社の価値観や行動理念にあっているかを見極めることが大切です。今回は内発的動機付けの意味や定義、組織のマネジメントに活用する方法やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

キャリアサバイバルの6ステップとは?企業が支援する方法について

キャリアサバイバルとは、社員個人の仕事上譲れない価値観と、環境や組織のニーズとの調和を意味する言葉です。キャリアサバイバルに取り組む方法は6つのステップで構成されており、それぞれのステップごとに企業が支援できる方法が異なります。今回はキャリアサバイバルに取り組むための方法として、個人が取り組むべき6つのステップと企業が支援する方法をご紹介します。

ティール組織を日本で実現する方法とは?3つの重要な要素について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織は、日本でも導入する企業が増えており、社員のモチベーションアップや組織全体の生産性向上などの効果が出ています。今回は、日本企業がティール組織を目指す上で必要な要素についてご紹介します。

ワークライフバランスの海外事例とは?自社の施策の参考にしよう!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、海外の事例を参考にすることで、ライフワークバランスを推進する上での課題を解決するヒントが得られます。今回は、ワークライフバランス実現のためのヒントを海外の事例から探っていきます。

マネジメントスキルを採用基準や育成計画に活用する方法とは?

マネジメントスキルとは、何らかの対象を管理するスキルを意味する言葉です。マネジメントスキルは、会社や人が違えば認識が変わる抽象的な概念であるため、人事戦略で活用する際には細分化や具体化が必要になります。今回は、マネジメントスキルとはどのようなスキルなのか、具体的にどのような能力に細分化できるのかについてご紹介します。

キャリアサバイバルの意味とは?企業のメリット・デメリットについて

キャリアサバイバルとは、社員個人の仕事上譲れない価値観と、環境や組織のニーズとの調和を意味する言葉です。キャリアサバイバルとキャリアアンカーを両立させることで、社員のモチベーションが向上し、生産性の向上や離職率の改善につながります。今回はキャリアサバイバルの意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどをご紹介します。

ティール組織の事例紹介!ティール組織を実現した企業の事例について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織を実現している企業は多くあり、さまざまな取組事例や成功事例が公開されています。今回は、ティール組織を導入した企業の事例をご紹介します。

ワークライフバランス推進における日本特有の問題点と解決策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。日本でワークライフバランスを推進する上での問題点として、男女の役割分担意識の強さがあり、男性の家事参加や女性の社会進出の妨げとなっています。今回は、ワークライフバランス推進における日本特有の問題点についてご紹介します。

マネジメントスキルとは?意味や定義、具体的なスキルの例について

マネジメントスキルとは、何らかの対象を管理するスキルを意味する言葉です。マネジメントスキルの育成や見極めを行う際には、立場や役職によって求められるスキルが異なるため、マネジメントスキルの種類や概要について知っておく必要があります。今回はマネジメントスキルの意味や定義、具体的なスキルの例についてご紹介します。

キャリアアンカーの診断方法とは?企業での診断結果の活用例について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーの診断方法や活用例を知っておくことで、社員のモチベーション向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、社員のキャリアアンカーの診断方法や活用方法の例をご紹介します。