記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

ミッションステートメントの具体例とは?例文から考える

企業が社会に存続し価値を提供し続ける上で、非常に重要とされている考え方にミッションステートメントがあります。企業理念や価値観、社会に与える影響などをより細かな行動指針として明文化させたミッションステートメントは、企業の成長には欠かせない存在です。ここでは実際にミッションステートメントを導入し成功を収めている魅力的な企業事例について紹介します。

アントレプレナーシップとは?経営課題として注目される背景や理由

アントレプレナーシップとは「企業家精神」です。現在の経営課題として収益性の向上を挙げる企業が多い中、将来的な課題として新規事業開発や柔軟な対応力を持った人材の育成が経営課題にも挙げられています。この記事では激変する市場を企業が生き残るための人材である「アントレプレナーシップ」について説明します。

新人フォローの意義や目的とは?メリットを再確認してみよう

組織の存続のためには、何よりもヒトの力が重要です。テクノロジーの発達でAIなどがヒトの代替になる業務も出てきてはいますが、「人材」の重要性や投資の必要性は不変です。人材育成について、多くの企業が昔から注力しているのが「新人フォロー」です。今回は新人へのフォローについて、概要などを改めてご紹介します。

ミッションステートメントの構成要素とは? 作成時に注意すべきこと

ミッションステートメントとは、直訳だと「企業理念」と訳されることも多く、企業の経営・運営に非常に重要な役割を果たす考え方です。ミッションステートメントを作成するためには、必要な要素について理解した上で作成することが大切です。今回はミッションステートメントの構成要素や作成手順について紹介します。

人材発掘のためのスキルレーダーチャートの考え方について

有効求人倍率の増加が示すように、日本全体で人材不足が叫ばれています。新たな人材の獲得が困難だからこそ、大切なのは既存従業員の能力を最大限に活かすことです。人材発掘は人材採用と同様の重要性を持っており、社内の評価制度を整備することで効果は高まります。この記事では従業員の特徴を客観的に把握するために役立つスキルレーダーチャートの活用方法を紹介します。

ミッションステートメントとは?策定する目的やメリット・デメリット

ミッションステートメントとは、直訳だと「企業理念」と訳されることも多く、企業の経営・運営に非常に重要な役割を果たす考え方です。明確なミッション・ステートメントがある企業のほうが企業業績が良いとの調査結果もありますが、曖昧なミッション・ステートメントでは業績の悪化に繋がりかねません。今回はミッション・ステートメントを策定する目的や活用するメリットとデメリットについて説明します。

人材発掘の人材評価3つのポイントとは?客観的かつ具体的に定義しよう

事業を行うために必要なのが人材。近年日本では求人倍率が増加の一途をたどっており、多くの企業で人材不足が叫ばれています。人材獲得の難易度が上昇しているからこそ、既存の従業員を対象にした人材発掘が不可欠です。この記事では、人材発掘のためにどんなことを評価基準にすべきか、その方法の3つのポイントを紹介します。

人材発掘とは?自社の人材から適任を発掘し、人材マネジメントに活かす

昨今の求人市場は売り手市場となっており、新規人材の獲得の難易度は年々上昇しています。そのため、スキルや経験が豊富な人材を獲得するには企業間の激しい競争を勝ち抜かねばならず、安定した人事戦略のためには自社の人材を発掘する体制を整える必要があります。この記事では、人材発掘の必要性やそのメリットについて紹介します。

ディーセント・ワーク実現のために厚生労働省が推進する施策とは?

ディーセント・ワークとは、働きがいのある人間らしい仕事のことです。働き方改革が叫ばれる昨今。「きちんとした働き方」というのが多くの組織で議題に上がっています。今回は、日本政府も推進している『ディーセント・ワーク』の施策の内容などについて掘り下げます。