記事カテゴリー

社内コミュニケーション活性化「社内イベント」の事例や効果とは?

社内コミュニケーション活性化の手段として、社内イベントが注目されています。一言でイベントと言っても、全社会議や表彰式だけでなく、運動会やキャンプなど様々な形式があります。社内コミュニケーション活性化の目的である、社員に好まれるイベントや、逆に参加したくないイベントなどの調査結果から成功要因・失敗要因について説明します。

コンピテンシーモデルの導入事例から学ぶ、成功要因とは?

コンピテンシーモデルとは、自社独自の成功要因となる行動特性を明確にすることで、中長期的な視点で活躍する人材を定義できる方法です。コンピテンシーモデルを活用するためには、自社独自のコンピテンシーモデルを作ることが必要不可欠ですが、いきなり作るのは非常に労力がかかる作業です。今回はコンピテンシーを導入した企業事例から、導入時における課題や導入後の効果について説明します。

中途採用が即戦力にならない?期待はずれになる理由や原因、対策とは

即戦力が求められがちな中途採用。スキルも十分にあるのに活躍することが出来ず、即戦力にならない、期待はずれであったという声も多く聞きます。中途採用者が即戦力にならなかったのには、必ず理由や原因があります。これらを紐解きながら、人事担当者ができる対策について説明します。

社内コミュニケーションツールとは?種類や導入に注意すべきこと

社内のコミュニケーションを円滑にするため、社内SNSなどのツール導入が進んでいます。しかし活用されずに失敗に終わるケースも多く、活用方法と情報共有の難しさを物語っています。社内SNSをはじめとした、コミュニケーションツールをいかに活用していくか、ポイントについて説明します。

コンピテンシーモデルの問題点とは?成果を上げるために必要なこと

多くの企業で活用されている「コンピテンシーモデル」。コンピテンシーモデル自体の問題点を把握しておかなければ、導入したものの効果が実感できない、効果が出ない原因が分からないなどの状況に陥ってしまいます。コンピテンシーモデルの効果が得られないときに見直す6つの問題点について説明します。

性格と価値観の違いとは?適性検査を最大限活用するための知識について

性格や価値観といった言葉は、普段の生活だけでなく、ビジネスの場でもよく用いられています。性格と価値観は、抽象的な概念なため、同じ意味で使われることも多々ありますが、学術的な観点では、性格と価値観は違う概念であると定義されています。適性検査を最大限活用するためには、性格と価値観の違いや定義を知ることが重要です。心理学や社会学の観点から、会社の組織力強化に役立つ知識を、噛み砕いて説明します。

ランチ懇親会は「社内コミュニケーション」活性化に有効か?

社内のコミュニケーション促進の一環として、「ランチ会」の導入を検討している方も多いと思いますが、実際に実施するとなるとある程度の準備が必要です。ここでは、ランチ会をコミュニケーション活性化にどう活用するか、そのポイントについてご説明します。

コンピテンシーモデルの作り方とは?ハイパフォーマーを分析しよう

コンピテンシーモデルとは、人材の見えづらい行動特性であるコンピテンシーを職務や役職ごとに明確に定義したモデルのことです。コンピテンシーを有効活用するためには、自社独自のコンピテンシーモデルを作成することが必要不可欠です。1企業1つだけのコンピテンシーモデルではなく、職務や役職ごとに適したコンピテンシーモデルを作成することが、効果を最大化させるためには必要です。コンピテンシーモデル作成のための5つのステップそれぞれについて説明します。

内定承諾書の提出依頼がオワハラに!?内定者フォローここに注意

内定承諾書の提出を求める際に、言い方に気をつけなければ意図せずに「オワハラ(就職活動終われハラスメント)」になってしまう可能性があります。売り手市場で優秀な人材に入社してもらいたい、採用予定人数を充足したい思いが行き過ぎてしまうとオワハラになってしまう可能性があります。内定承諾書の提出は、将来一緒に働いてもらう仲間になるという認識のもとでお願いをする必要があります。今回は内定承諾書の提出や内定者フォローがオワハラにならないための、適切な内定者フォローの内容について説明します。

社内コミュニケーション不足が招く会社の課題・問題点とは?原因を追求する

社内のコミュニケーション不足は、様々な問題を引き起こします。社内のコミュニケーション不足が引き起こす問題として、社員の仕事の幅が広がらずにスキルアップできずに業績自体が低下する、コンプライアンス違反に気がつけずに法的な問題に発展する、顧客満足度や自社ブランディングの低下などが挙げられます。社内コミュニケーション不足が業務の障害となると考えている企業は8割にもなり、組織風土や社風に原因があると考えられています。社内コミュニケーション不足が引き起こる原因や具体的な課題、問題点について説明します。