記事カテゴリー

コンピテンシー評価とは?人事評価制度に導入する意味やメリット

あしたのチームの調査によると、自社の人事制度評価に「満足していない」従業員は全体の7割以上にもなります。全従業員一律で給与を挙げても、実績をあげている優秀な社員から不満が出るなど、自社の人事評価制度の整備は重要な課題です。コンピテンシーを用いた人事評価制度は、従来の職務能力評価に比べると、評価基準や評価項目が客観的であり、公平な人事考課に活かせるだけでなく、中長期的な企業の発展に貢献できる可能性を秘めています。今回はコンピテンシーを人事評価制度に導入する目的や意義、メリットやデメリットについて説明します。

リアリティショックとは?職場の理想と現実のギャップ・ミスマッチ

リアリティーショックとは、入社前に描いている職場や仕事の理想と現実のギャップのことを指す言葉です。ある調査では、入社後1か月という短期間にも関わらず、新入社員の6割以上がリアリティーショックを感じていると報告されています。理想と現実のミスマッチは、早期離職だけでなく、様々な問題を引き起こします。また、新入社員だけでなく、既存の社員であってもリアリティーショックは起こりえます。リアリティーショックが引き起こす問題について、説明します。

従業員エンゲージメントとは?意味や目的、活用するメリットや方法

従業員エンゲージメントとは「従業員の一人ひとりが企業の掲げる戦略・目標を適切に理解し、自発的に自分の力を発揮する貢献意欲」を意味する言葉です。従業員エンゲージメントを高めることで、労働生産性の向上や離職率の改善など、様々なメリットが得られます。今回は従業員エンゲージメントという言葉の意味や、従業員エンゲージメントを高めることで得られるメリットなどについてご紹介します。

コンピテンシー面接での質問例とは?面接の仕方を設計しよう!

コンピテンシーを採用選考の面接の場で活用する「コンピテンシー面接」。コンピテンシーモデルが定まっていたとしても、「質問の内容」や「質問の仕方」が誤っていれば、効果を発揮することはできません。コンピテンシー面接の設計の手順を3ステップに分け、どんな点に注意しなければならないかを説明致します。

人事の適材適所を実現するメリットやデメリット、注意点とは?

「適材適所」とは、社員の適性や能力を評価し、その社員にふさわしい地位や職務に配置していくことです。適材適所の人事が実現できれば、モチベーションや従業員エンゲージメントだけでなく、定着率や労働生産性も向上し、会社としても従業員としても幸せですが、簡単にはできないのが問題点です。適材適所の人事配置を行うメリットやデメリット、実現するための注意点について説明します。

エンゲージメント・ロイヤルティ・従業員満足度の意味と違いとは?

エンゲージメント、ロイヤルティ、コミットメント、モチベーション、従業員満足度とは、従業員の状態や感情などを表す言葉です。それぞれの言葉は全て意味が異なり、違いが曖昧なまま対策を施しても意味が無く、逆効果になることさえあります。今回は、エンゲージメント、ロイヤルティ、コミットメント、モチベーション、従業員満足度の、言葉の意味とそれぞれの違いについてご説明します。

コンピテンシー面接とは?メリットやデメリット、活用のポイントについて

コンピテンシーを評価項目としたコンピテンシー面接が、企業での採用選考の場はもちろんのこと、公務員試験や中学受験などでも使われています。コンピテンシー面接では、応募者のスキルや能力である行動特性を客観的に見抜くことができる手法です。コンピテンシー面接の概要やメリットとデメリット、活用のポイントについて説明します。

エンジニアの評価はどうやるの?各社の人事評価制度の導入事例について

売り手市場が加速するにつれて、エンジニアの人手不足も大きな課題となります。まずは自社のエンジニアに長く就業してもらうことが重要ですが、エンジニアが転職を考えるきっかけとして「正しく評価されていない」ことが理由として挙げられています。特に非エンジニアの人事担当者がエンジニアを正しく評価できるようになるために、エンジニア採用に注力されている企業の事例を紹介いたします。

社内コミュニケーションゲームとは?新人研修や内定者研修にも使える

社内コミュニケーションの活性化を目的とした、グループワークやグループワークディスカッションなどの気軽に参加できるゲームが、内定者研修・社員研修において注目されています。チームとして共通の目的を持ちながら楽しく取り組めるゲームは、業務と離れた立場・関係のない話題の中で気軽にコミュニケーションができ、結果社内コミュニケーションの活性化に繋がります。社内コミュニケーション活性化施策として社員研修や内定者研修にゲームを取り入れることのメリット・デメリット、よく使われるゲームの具体的な例について説明します。

コンピテンシーの項目や要素、具体例とは?分類一覧から行動例を考える

コンピテンシーモデルを設計する前に、コンピテンシーの項目や行動例について理解しておくことが重要です。項目や行動例が明確に定まっていなければ、行動を評価することが出来ずに失敗してしまう危険性が高いです。汎用的に使える項目はないものの、有名なモデルから項目や行動例について、具体例を挙げながら説明します。