記事カテゴリー

「 母集団形成 」一覧

トライアル雇用実施計画書とは?申請手続きも含めて説明します

トライアル雇用の手続きのうち、気になる書類として「トライアル雇用実施計画書」があります。トライアル雇用を開始した日から2週間以内に提出する必要がある書類です。トライアル雇用の手続きは3回あり、その都度提出する書類が異なります。今回はトライアル雇用の手続き方法や、各手続きで必要な書類について説明します。手続きや書類は、一度理解すれば難しいものではありませんので、一度理解して今後の採用活動に活かしましょう。

トライアル雇用助成金の奨励金額とは?計算式を確認しよう

トライアル雇用は未経験者や就業経験が少ない人に対して、雇用を増やしていくために生まれた制度です。就業する企業側にもメリットがあるように、トライアル雇用奨励金の支給も行われています。トライアル雇用奨励金の支給金額の計算式は難しくないため、一度理解しておけば、実際に支給される金額の計算も簡単です。計算式やその意味、最大支給金額などにトライアル雇用奨励金の概要について説明します。

トライアル雇用併用求人とは何?一般求人との違いとは?

未経験などの若手人材の採用に有効なトライアル雇用。働きぶりや適性を見てから正社員として雇用できる制度ですが、トライアル雇用併用求人という採用方法があります。トライアル雇用併用求人では、一度の求人で「トライアル雇用」と「一般雇用」の2種類で採用できる求人となります。スキルがあることに越したことはないが、スキルがなくても教育できる場合には非常に効果的な求人となります。スキルを持ち合わせた人材の採用難易度が上がっていく中、若手人材の育成と併用して採用できるトライアル雇用併用求人について説明します。

トライアル雇用とは?目的やメリット・デメリット、問題点について

トライアル雇用制度とは、未経験人材が自社へ応募するハードルを下げ、成長の見込みがあるか見極めてから雇用できる、求職者と企業の双方にメリットがある制度です。売り手市場で、企業が求めるスキルを全て持ち合わせている人材の採用が難しくなっている中、未経験人材を育てるという視点も非常に重要です。しかし本来の目的とは異なる、助成金の不正受給が目立ち、助成金の受給要件や受給金額などの見直しが頻繁に行われている制度でもあります。本来の目的であるトライアル雇用制度の目的やメリット・デメリットなどについて説明します。

求人票送付状の例文・書き方・サンプルとは?スムーズな求人依頼をしよう!

求人票に添える送付状は、他社の求人票との差別化だけでなく、高校や大学の就職課の担当者と良好な関係を築くための重要な書類です。すべての学校に同じ送付状を用いたり、サンプルやテンプレート文をそのまま使ってしまうと、送付状の効果も半減してしまいます。送付状の例文を基にして他社と差別化しながら学校と良好な関係を築ける、効果的な送付状の書き方について具体的に説明します。

求人票送付状の役割とは?高校や大学との信頼関係を築こう!

高校や大学に求人票を送る際の送付状は、他社の求人票との差別化や就職課の担当者との良好な関係構築など、非常に大きな役割を果たします。他社の求人票と差別化できれば、掲示板の良い位置に掲載される・学生との面談時に個別に紹介してもらえるなどの母集団形成の効率化に有効です。就職課の担当者と良好な関係を構築できれば、毎年求人票の差別化を行うことができ、中長期的な母集団形成にも有効です。求人票の送付状の使用用途や役割、書かないといけないことや差別化になるポイントについて説明します。

インターンシップ誓約書の目的や注意点、テンプレートとは?リスク回避をしよう!

就職活動解禁時期よりも前に学生に接触できるアプローチとして「インターンシップ制度」を導入する企業が増加しています。インターンシップ制度を導入するためには「インターンシップのプログラム内容」などだけでなく、受け入れ準備として「インターンシップ誓約書」と「インターンシップ契約書」の2種類の書類を準備しておくことが大切です。インターンシップ誓約書では、企業情報や個人情報などの外部への情報漏洩を防ぐ機密保持内容や、事故・疾病などのリスクヘッジ内容が含まれます。インターンシップ誓約書の目的や記載内容のポイントについて説明します。、