記事カテゴリー

「 母集団形成 」一覧

インターンシップは給料や賃金報酬を設定すべき?有償・無償を法律視点で考える

インターンシップのプログラムには、賃金報酬や給料が発生する内容もあります。賃金報酬が必要化どうかは、労働基準法の観点で、インターンシップ参加者が労働者に該当するかを確認する必要があります。給料が発生する場合には、最低賃金よりも高い金額で設定する必要があります。今回はインターンシップ制度に賃金報酬や給料を設定すべきか、具体的にどれぐらいの金額で設定すべきかについて説明します。

求人票とは?意味や目的、法定項目などの記載事項や必須項目について

売り手市場で求める人材が応募してくれないという課題意識から、求人票の改善を考えている人事担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?求人票は母集団形成における重要な手段の一つですが、記載しなければならない項目と記載してはいけない項目があります。今回は、求人票の基本となる概念や使用目的、法的に避けたい表現、法的な制約などについて説明します。

インターンシップ企業側の受け入れ準備や注意点・注意事項とは?

新卒採用で人気なのがインターンシップ制度です。就職活動解禁時期よりも前に学生への接点を設けることができ、優秀な学生の囲い込みに用いられています。インターンシップ制度を導入する上では、受け入れ体制の準備やインターンシップ実施における注意点を理解しておくことが重要です。効果的なインターンシップを実施するために必要な6つのステップについて説明します。

インターンシップ制度とは? 種類や目的とメリット・デメリットについて

特に新卒採用活動において、早いタイミングで人材と接触し、自社で働くメリットを十分に伝えられる「インターンシップ制度」を導入する企業が増加し続けています。インターンシップ制度は、短期・長期だけでなく、プログラムの内容によっても様々な種類に細分化できます。自社でインターンシップ制度を導入するには、どのような課題を解決したいのかを明確にしてプログラム内容を選択することが大切です。今回はインターンシップ制度とはなにか、どのようなプログラム内容があるのか、各プログラム内容におけるメリットやデメリットについて説明します。

KSAOでの業務分析とは?求める人物像を定義するためにKSAOを活用しよう!

採用戦略を立てる上で、求める人材を定義する必要があります。採用活動を成功させるためには、求めているポジションにどのような能力が必要なのかを明確にしなければなりません。KSAOを用いた業務分析は、アメリカ企業でよく用いられている方法です。今回は求める人物像を明確にするために、KSAOでの業務分析を行う方法について説明します。