記事カテゴリー

「 母集団形成 」一覧

採用ブランディングの実施方法とは?5ステップで解説します

採用ブランディングは、採用マーケティングと同様に、採用領域において近年注目されている概念です。採用ブランディングを実施する方法としては、採用マーケティングと同様に、求める人物像の明確や自社の強みや価値の把握などが必要です。採用マーケティングでの視点は自社にあったのに対して、採用ブランディングでは情報を受け取る求職者目線で考えることが重要です。今回は採用ブランディングの実施方法について、5ステップに分けて説明します。

求める人物像の書き方や設計方法とは?ペルソナの具体例まで落とし込む

採用活動を成功させるためには「求める人物像」を明確にすることが大切です。採用活動に失敗してしまう企業の特徴として「人材獲得が目的になっている」「求める人物像が明確化されていない」ことが挙げられます。少子化かつ売り手市場で人材獲得難が加速する中で、採用活動を成功させるためには、求める人物像の設計が大切です。今回は求める人物像の設計方法で重要な4つの視点について説明します。

採用ブランディングとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

「採用ブランディング」とはブランディングというマーケティングの手法を採用活動に取り入れた概念です。採用マーケティングとは異なり、採用ブランディングではターゲットに親密感や高価値といった特定のイメージを抱いてもらうことが目的となり、求職者数の増加やミスマッチを防ぐことが採用ブランディングの目指すゴールになります。複数のイメージの共存による混乱や全社員の協力が不可欠などの注意点はあるものの、適切に運用されれば事業の長期的な成長を支える土台作りに大いに有効な手段となるでしょう。

新卒採用での求める人物像とは?人柄やポテンシャルを見極めるために

採用活動を成功させるためには「求める人物像」を明確にすることが大切です。人材採用は、自社の課題解決手段であり、目的ではありません。新卒採用の場合、対象となる求職者のほとんどは専門性が高いとは言えない人材であるため、「人物重視」「伸びしろを期待」して採用活動が行われます。新卒採用を成功させるためには、抽象的で曖昧である「人物」や「伸びしろ」、「コミュニケーションスキル」などを具体的な項目に落とし込み、優先順位を付けて早期離職を防ぐ採用活動を行う必要があります。今回は新卒採用における「求める人物像」を設定する上で、重要な3つのポイントについて説明します。

採用マーケティングの手法とは?採用プロセスごとの改善方法について

採用マーケティングとは、従来の採用プロセスにマーケティングの手法を取り組んだ採用手法です。労働市場や人材獲得における競合他社などの動向は常に変化しているため、動向に注意しながら自社の採用プロセスを改善し続ける視点が今後優秀な人材を獲得する上では必要不可欠です。今回は採用マーケティングにおける具体的な採用プロセスとそのポイントや注意点について説明します。

採用マーケティングとは?効果的な母集団を形成し、優秀な人材を獲得しよう!

売り手市場により、労働者の確保が難しくなっていく中で「採用マーケティング」が注目されています。採用マーケティングとは、従来のマーケティングを採用分野に応用した内容で「自社の求める人物像が自社を選んでくれるための仕組みづくり」が目的となります。採用マーケティングとは何か、採用広報との違いは何か、採用マーケティングの具体的な内容について説明します。

戦略的な母集団形成とは?採用活動プロセスの効率化を目指そう!

人材獲得競争の激化や働き方改革での法令対応や自社制度の整備など、人事担当者の業務負担が増加しています。採用に関しても、多くの人事担当者の悩みとなっています。少子化に伴う労働力人口の減少により、採用における母集団形成も、ただやみくもに候補者を集めるのではなく、戦略的に何人集めるのか、どれだけのリソースを避けばよいのか戦略に落とし込むことが大切です。戦略な母集団形成を実現するために、どのような方法をとればよいのか、どのようなデータを活用すればよいのかについて説明します。

母集団形成の方法とは?各方法のメリットやデメリットを理解しよう!

母集団形成の方法には様々な種類があります。近年はインターネットの発達や従来の母集団形成方法が通用しなくなったなどの理由から、新たな母集団形成方法も誕生しています。効果的な母集団形成を行うためには、全ての方法を試すのではなく、自社の採用戦略に適した方法を取捨選択し、予算や人手などのリソースに優先順位をつけて対応することが求められています。今回は代表的な母集団形成方法と、それぞれの方法におけるメリットやデメリットについて説明します。

母集団形成の課題と対策方法とは?優れた人材を採用するために

人材獲得競争が激化しています。過半数の企業で自社の従業員不足を認識しているのに対し、少子化に伴う労働人口の減少により、優秀な人材をどのように獲得するかは多くの人事担当者の悩みです。労働人口の減少や、リファラル採用などの新しい採用手法が出てきたことにより、母集団形成に苦戦する企業も少なくありません。優秀な人材を採用し、自社の人材不足を解消するためには、母集団形成は欠かせないものです。今回は母集団形成における代表的な課題や問題、対策方法について説明します。

母集団形成とは?意味や目的、課題や注意点について再認識しよう!

企業における労働力不足が深刻な問題となってきています。自社の従業員が不足していると考える企業は過半数を超えている一方で、少子化に伴う労働人口の減少により、人材獲得競争はより激化する傾向にあると考えられます。自社の従業員を確保するためには、自社の採用候補者となってもらう人材を集める母集団形成の重要性が増しています。母集団形成は、単に候補者の数を集めればよいわけではなく、候補者の質も考慮して母集団形成を行う必要があります。母集団形成の目的や課題、注意点や方法の概要について説明します。