「 人材難 」一覧

母集団形成の課題と対策方法とは?優れた人材を採用するために

人材獲得競争が激化しています。過半数の企業で自社の従業員不足を認識しているのに対し、少子化に伴う労働人口の減少により、優秀な人材をどのように獲得するかは多くの人事担当者の悩みです。労働人口の減少や、リファラル採用などの新しい採用手法が出てきたことにより、母集団形成に苦戦する企業も少なくありません。優秀な人材を採用し、自社の人材不足を解消するためには、母集団形成は欠かせないものです。今回は母集団形成における代表的な課題や問題、対策方法について説明します。

労働生産性を向上させる方法とは?付加価値額の増加から考える

労働生産性を向上させるには、労働の成果である「付加価値額」を増加させる方法と労働投入量である「労働人数や労働時間、人件費」を減少させる2つの方法があります。売り手市場や労働者不足と言われる現在の日本において、人件費を削減することは法律的にも厳しく、大きな改善を行うことは難しい領域です。今回は労働生産性を向上させるための「付加価値額の増加」の視点から、どのような方法で付加価値額を上げることができるのかについて説明します。

労働生産性が低い理由とは?日本企業の生産活動から考える

日本の労働労働生産性は過去最高水準と言われていますが、1995年からの約20年、ほぼ横ばいで推移しています。一方で他国の労働生産性の向上が凄まじく、国際社会で比較すると日本の労働生産性は低いと言われるようになりました。日本企業の労働生産性が低い理由として、パソコンの普及によるITの利活用やグローバル化における市場競争の激化に対応しきれなかったことだけでなく、人事評価制度や就業者の意識の変化などにも労働生産性が低いといわれる理由があると考えられます。今回は日本企業の生産活動における、労働生産性が低い理由について掘り下げて説明します。

日本の労働生産性はなぜ低いのか?原因を働き方から探る

国際社会と比較して、日本の労働生産性は低いと言われています。2017年では、OECD加盟国35カ国中20位、主要先進国7カ国中最下位といった状態が長らく続いています。日本の労働生産性が低い原因を考えなければ、労働生産性の向上施策を考えることは難しいです。日本の労働生産性が低い原因を、日本企業の企業文化や働き方の観点から追求します。

労働生産性を読み解くための指標とは?労働分配率や設備投資効率について

働き方改革の柱の一つに労働生産性の向上が挙げられています。多くの企業が労働生産性の向上の課題意識を持っていますが、何から改善していくべきか具体的な施策に落とし込むのは大変です。目先の業務効率を改善するのではなく、自社のビジネスモデルや業務内容に改善の余地がないかを判断する指標として「労働分配率」や「設備投資効率」という指標があります。今回は「労働分配率」や「設備投資効率」がどのようなものか、計算方法、目安となる数字などについて説明します。

日本の労働生産性の現状を国際比較してみるとわかることとは

日本の労働生産性を国際社会と比較した場合に「先進国の中で最下位であり、日本の労働生産性は低い」と言われます。実際に日本の労働生産性は先進7カ国での順位は最下位ですが、労働生産性の計算に用いる数字が違ったり、経済状況や為替変動の影響なども考慮する必要があります。労働生産性を向上させる目的は「国際社会での順位を上げる」のではなく「自社の無駄な業務を改善する」ことを意識することが重要です。国際社会から見た日本の労働生産性とその推移、大きな開きがある理由や実際には労働生産性が向上していると考えられている仮説などについて説明します。

日本における労働生産性の違いとは?推移や産業・都道府県別に比較すると

労働人口の減少に伴って労働生産性の向上が叫ばれる中、日本の労働生産性の数字は過去最高の数字となっています。当然のことながら、産業別や都道府県別では大きな差があり、自社の目指すべき労働生産性の数字を把握するためには、日本平均でなく自社の環境に近い数字を参考にする必要があります。日本における労働生産性の推移、産業別・従業員規模別・都道府県別での労働生産性の違いについて説明します。

労働生産性の種類と計算方法とは?自社の労働生産性を計算してみよう!

労働生産性の向上が叫ばれているなか、自社の改善点を知るためには、労働生産性の計算方法を知ることが大切です。一言で労働生産性と言っても、労働生産性は「物的労働生産性」「付加価値労働性」「名目労働生産性」「実質労働生産性」などと種類が様々あり、同じ種類の労働生産性で比較しなければ誤った結果になってしまうことを注意する必要があります。今回は労働生産性にどのような種類があるのか、それぞれの計算方法について説明します。

労働生産性とは?今の日本の労働生産性は本当に低いのか

本の労働生産性が低いと様々なところで議論されています。少子化や売り手市場に伴う労働力人口の減少、長時間労働の是正施策などによって、労働者1人あたりの生産性を向上させることが求められています。市場のグローバル化やロボット・人工知能の利活用による業務内容の変化により、企業は自社の労働生産性について真剣に考えることが求められています。今回は労働生産性とはどのようなものなのか、日本国内における労働生産性の推移や国際社会との比較結果などについて説明します。

【労働移動支援助成金】中途採用拡大で助成金がもらえる!

労働移動支援助成金の中途採用拡大コースは名前の通り、中途採用で採用する労働者の比率を増やす、45歳以上の労働者を初めて雇い入れる場合に受給できる中途採用に関する助成金です。受給される事業者の条件も厳しくなく、地域密着型の中小企業で高卒者の採用も行っている企業であれば、条件を満たしている場合もあります。労働移動支援助成金の中途採用拡大コースの受給要件や受給金額などについて説明します。