記事カテゴリー

「 人材難 」一覧

タレントマネジメントとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。社外から優秀な人材を獲得するだけでなく、既存の社員の能力を最大限に活かすタレントマネジメントは、現代の人材難を乗り越えるためのカギになります。今回はタレントマネジメントの意味と目的、メリットやデメリットについてご紹介します。

テレワーク導入に使える助成金制度の種類と受給条件、受給金額とは?

テレワークは、国や政府が推進する働き方改革の一つとして、様々な制度や運動で推進されています。テレワーク導入を推進する助成金制度にはいくつかの種類があり、助成金を上手く活用すれば、テレワーク導入のハードルを下げることができます。今回は自社でテレワークを導入する際に申請できる助成金の種類と、それぞれの受給条件や受給金額についてご紹介します。

定着率向上のメリットとは?目的にも手段にもなり得る!

就業者の1/3が3年以内に離職する中で定着率の向上は各企業が優先的に取り組むべき課題です。定着率の向上で得られるメリットは、採用や教育コストの削減だけでなく、労働生産性の向上や社員のモチベーションの向上、風評被害の防止など多岐にわたり、最終的には顧客満足度の向上など企業収益に大きく関わってきます。今回は定着率向上によって得られるメリットについて、一つ一つ説明します。

テレワークの導入プロセスとは?必要な準備から全体像を把握しよう!

テレワークとは、在宅勤務だけでなくサテライトオフィスやモバイルワークなども含めた、職場から離れたところで働く勤務形態の総称です。従業員だけでなく会社にとってもメリットが大きいテレワークですが、導入には様々なプロセスや準備、対策が必要になります。今回はテレワーク導入の全体的な流れと導入に必要なプロセス、導入のためのルールとセキュリティ対策についてご説明します。

「オヤカク」の効果的な対策とは?親の悩みや求めるポイントを理解しよう!

「オヤカク」とは、内定を出した学生に対して、企業が「当社への入社を親は承諾しているか」を確認する、または企業が内定学生の親に直接連絡を取って説明・確認する行為のことです。オヤカクが必要だと考える企業・親が増加する一方で、オヤカクに対して良い印象を持っていない人や親が希望する施策と企業が必要だと考える施策にギャップがあるなどの課題があるのも現状です。今回は効果的なオヤカク施策を実施するために、親が希望する内容やギャップ、具体的な対策例について説明します。

定着率向上のための施策とは?既存人材・新規人材で分けて考える

定着率の向上は、人事担当者・経営者の頭を悩ませる課題の一つです。定着率を向上させることで、採用・教育コストの削減や労働生産性の向上などが期待できる一方で、定着率を向上させるための具体的な課題に落とし込めていない企業が多く存在します。今回は既存従業員・新規従業員の二つの視点から、定着率を向上させるための施策について説明します。

テレワークとは?働き方改革は在宅勤務だけじゃない!

テレワークとは、情報技術を活用して会社以外の場所で、遠く離れて働くことを実現する勤務形態のことです。テレワークとは在宅勤務だけを指す言葉ではなく、時間や場所を有効に活用できる様々な働き方があります。今回はテレワークを導入する目的や、テレワークを導入する企業・従業員のメリット・デメリットについて説明します。

「オヤカク」とは?内定者フォローとしてオヤカクの対応は必要なのか?

オヤカクとは、企業が内定予定者の親に対して、内定承諾の確認を行うことです。オヤカクが求められるようになった背景として、少子化などで親が進路に慣用する機会が多くなったことや大手企業が安泰ではなくなったこと、ブラック企業問題の表面化などが挙げられます。今回はオヤカクが求められるようになった背景や実態、施策内容やポイントについて説明します。

採用通知書に記載すべき内容とは?テンプレートから具体例を紹介!

採用通知書とは、応募者が内定者になることを通知する書面であり、内定者として初めての接点となる手段です。採用通知書は事務的な手続きと考えられがちですが、内定者フォローの第一歩であると考えると、非常に影響力の多い手法です。売り手市場によって、内定獲得数も増加しており、優秀な人材であればあるほど、自社を選んでもらうための取り組みは重要です。今回は採用通知書のテンプレートから、記載すべき内容や具体例について説明します。

面接で失敗しないための2つの目的とは?目的ごとに配分を考えよう!

面接は全企業のうち99.4%が実施している採用活動プロセスです。面接の目的としては「応募者を見極める」ことが第一に挙げられますが、売り手市場においては「応募者の惹き付け」を行うことも重要です。新卒採用において、過半数の学生が2社以上からの内定を取得しており、「複数の内定から自社を選んでもらう」仕組みを面接にも取り入れることが大切です。面接の目的である「応募者の見極め」と「応募者の惹き付け」を行うことの重要性ややり方、注意点や配分について説明します。