記事カテゴリー

「 人材難 」一覧

故意でなくても求人詐欺に該当する?求人詐欺にならないためのポイントとは

求人詐欺とは、求人票等に記載された内容と実際の労働条件が異なってしまうことです。不都合な情報を捻じ曲げた悪意のある求人票だけでなく、曖昧な表記が求人詐欺に該当してしまう可能性があります。今回は自社の求人票が求人詐欺とみなされないために注意すべきポイントについて説明します。

求人詐欺の現状と問題点とは?曖昧な求人票がNGな理由について

求人詐欺とは、求人票等に記載された内容と実際の労働条件が異なってしまうことです。不都合な情報を捻じ曲げた悪意のある求人票だけでなく、採用選考過程で業務内容や就労時間などの調整を行った場合であっても、求人詐欺とみなされる可能性もあります。今回は求人詐欺の現状や問題点について説明します。

給料や賃金が離職理由に与える影響とは?ストレス対策としては良い施策である

離職理由として多くの人が考えられるのが「給与や賃金」に関する理由です。離職理由の本音としては賃金や給与に触れられることは印象ほど多くなく、労働契約時に明示されているために従業員が認識していることが考えられます。離職を防ぐために給与や賃金を挙げるのはどの程度効果があるのでしょうか?今回は給与や賃金が離職理由に与える影響について説明します。

人間関係は離職にどの程度影響を与えているのか?離職改善のヒントになる

多くの人が離職理由として建前を会社に伝えており、本音の理由は別に存在します。建前としては多くない「人間関係による離職」ですが、本音としては非常に多く挙げられており、人間関係の改善こそが離職率の改善につながる会社が多くあると考えられます。今回は人間関係が離職に与えている影響について説明します。

離職理由の建前と本音のギャップとは?離職原因を見極めるために

多くの人が離職理由として建前を会社に伝えており、本音の理由は別に存在します。建前の理由として多く挙げられるのは「キャリアアップ」などのポジティブな理由ですが、本音としてキャリアアップを上げているのは1割にも満たず、本音の離職原因は別にあります。離職を改善するためには、離職者の離職理由をうのみにするのではなく、自社の離職原因を見極める必要があります。今回は離職理由として挙げられる建前と本音の理由のうち、ギャップが大きいものについて説明します。

離職理由に嘘や建前が多い理由とは?離職防止には本音を引き出すことが大切

多くの人が離職理由として建前を会社に伝えており、本音の理由は別に存在します。「離職前に揉めたくない」「なるべく円満に辞めたい」思いから、本音の離職理由を伝えないことが考えられています。離職を改善するためには、日頃から不満を吸い上げる、本音を言える環境を作っておくことが大切です。今回は離職理由に嘘や建前が多い理由について説明します。

会社を辞める理由の建前と本音とは?離職防止には本音の見極めが大切

多くの人が離職理由として建前を会社に伝えており、本音の理由は別に存在します。自社の離職率改善のためには、社員の本音を引き出したり、離職につながった根本の原因を調査するなどの実態把握が必要不可欠です。今回は離職理由として建前を伝える理由や建前として多く挙げられる離職理由、本音として多く挙げられる離職理由について説明します。

隠れ倒産が起きる原因や対策方法とは?人材育成が求められている

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産が起きる原因や対策方法について説明します。

隠れ倒産とは?減少傾向にある倒産件数の裏で問題となる後継者

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産について説明します。

人手不足倒産の推移とは?今後の日本で人手不足倒産は増え続けるのか

人手不足倒産とは、人手が不足することで会社が倒産することです。業績悪化などによる倒産件数はあまり変化していない一方で、人手不足倒産件数は増加しているため、人手不足倒産の割合が増加しています。人手不足倒産を回避するためには、早い段階で対策することが大切です。今回は人手不足倒産の推移や今後の傾向について説明します。