記事カテゴリー

「 人材難 」一覧

従業員の離職を防止するために、施策と期待のギャップを認識しよう

従業員の離職防止は多くの企業における課題となっています。離職防止施策として企業内訓練などを実施する企業は多いですが、従業員側は離職防止施策としてはあまり効果がないと回答しています。離職防止施策を実施するためには、組織が一方的に施策を考えるだけでなく、従業員が何を求めているのか、従業員が離職してしまう理由は何かを把握して効果的な防止施策を講じることが大切です。今回は従業員の離職を防止するために企業が実施している施策と従業員が期待する施策のギャップについて説明します。

離職防止のために対策すべき課題とは?効果的な施策を選択しよう

離職率の改善はあらゆる企業にとって重要な課題となっています。主な離職理由として一般的に人間関係や待遇、仕事内容への不満や会社の将来への不安などが挙げられますが、どれも採用段階で丁寧に理解を確認し入社前後のギャップをなくすこと、入社後には定期的なカウンセリングなどで不満を大ききになる前に把握し解決に取り組むことが大切です。今回は離職防止のために対策すべき課題について説明します。

離職防止のソリューションとは?退職理由から改善施策を考えると

離職を防止する方法としては「自社で発生した離職理由」と「一般的に多い離職理由」の2種類を改善するアプローチがあります。一般的に多い離職理由として共通しているのは「入社前に思い描いていた理想と入社後に感じた現実とのミスマッチ・ギャップ」です。今回は一般的に多い離職理由から、離職を防止するソリューションについて説明します。

リベンジ転職とは?自社に応募してくれた求職者を再度検討する

リベンジ転職とは、新卒入社時に希望していても入社が叶わなかった企業や業界に、ある程度の社会人経験を経てからもう一度挑戦し転職活動を行うことです。新卒時点での採用基準を満たしていない人材であっても、他社で社会人経験を身につけることで、再度希望する企業や業界に転職として応募してくれる可能性があるものです。今回はリベンジ転職を活用する企業としてのメリットやデメリットについて説明します。

離職を防止するメリットとは?コスト削減や労働生産性の向上など様々!

多くの企業が人材獲得や人材確保に課題を抱えています。労働力人口が減少して新規人材の獲得が難しくなる中で、既存従業員の離職を防止するメリットとしてコスト削減や労働生産性の向上など様々なことが挙げられます。今回は離職を防止することによって得られるメリットについて説明します。

コラボインターンシップとは?新しい母集団形成の形を活用する

コラボインターンシップとは、複数の企業が合同で行うインターンシップのことです。採用における強いや課題が異なる企業同士が組むことで、インターンシップを実施する企業だけでなく、インターンシップに参加する学生にとってもメリットのあるインターンシップとして、徐々に広がり始めています。今回はコラボインターンシップについて説明します。

内定取り消しでの損害賠償事例とは?過去の裁判例から判断基準を学ぼう

採用活動をしていると内定を取り消さなければならない事態が発生することもあります。採用や人事担当としては一度出した内定を取り消すことができるのか、できるとしたらどういった場合かなどを押さえておく必要があります。今回は「内定取り消し」によって実際に損害賠償が起こった事例をご紹介します。

ワークサンプルテストを採用で活用する方法とは?準備や設計が重要

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。ワークサンプルを採用に活用するためには、事前の準備や設計をしっかり行うことが大切です。今回はワークサンプルテストを採用で活用する方法や注意点について説明します。

内定取り消しが合法・違法となる理由とは?客観的かつ合理的に判断しよう

採用活動では多くの内定辞退が発生しており、企業も採用予定数よりも多くの内定を出す現状です。企業側からの内定取り消しについては、合理的な理由がない場合には違法として損害賠償問題に発展する可能性もあるため、判断には慎重になる必要があります。今回は合法・違法となる内定取り消しにおける理由について説明します。

ワークサンプルのテストとは?スキルの見極めに活用しよう

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。スキルを見極めるためには、業務内容に即した内容でテストを実施しなければ意味がないものになってしまいます。今回はワークサンプルの概要と、どのようなテストが考えられるのかについて説明します。