記事カテゴリー

「 人材難 」一覧

人手不足倒産の推移とは?今後の日本で人手不足倒産は増え続けるのか

人手不足倒産とは、人手が不足することで会社が倒産することです。業績悪化などによる倒産件数はあまり変化していない一方で、人手不足倒産件数は増加しているため、人手不足倒産の割合が増加しています。人手不足倒産を回避するためには、早い段階で対策することが大切です。今回は人手不足倒産の推移や今後の傾向について説明します。

人手不足倒産とは?少子高齢社会で人手不足を解消するために必要なこと

人手不足倒産についての記事です。人手不足倒産の原因や理由、また、人手不足倒産を防ぐための対策について説明します。人手不足倒産という言葉は知っているが、具体的な実感はわかない人事担当者や経営者の方、いつか人手不足倒産に陥るかもと懸念しているが、具体的な対策や行動にまで落とし込めていない人事担当者や経営者の方に向けた記事です。

グローバルリーダーを育成する方法とは?中長期的な教育研修が必須となる

グローバルリーダーとは、言語のみならず、国境、地域、文化など様々な分断線を越境して幅広く活躍できるビジネスリーダーのことです。市場のグローバル化や外国人人材の活用などでグローバルリーダーの需要は高まっており、採用する難易度も比例して高まるため、中長期的に育成することが大切です。今回はグローバルリーダーを育成する方法について説明します。

テクノ失業が起こりやすい仕事とは?従業員の教育に注意すべき点について

テクノ失業とは、IT・AIの発展と導入により業務置換がなされたことで、人間が失業に追い込まれる状況です。テクノ失業が起こる原因として技術の発展が挙げられますが、技術が発展したとしても機械に奪われない仕事は多くあり、現在雇用している若手従業員の将来のためにも、テクノ失業させないように教育しておくことが大切です。今回はテクノ失業が起こりやすい仕事や起こりにくい仕事について説明します。

グローバルリーダーとはどんな人材?特徴やスキルについて

グローバルリーダーとは、言語のみならず、国境、地域、文化など様々な分断線を越境して幅広く活躍できるビジネスリーダーのことです。市場のグローバル化や外国人人材の活用などでグローバルリーダーの需要は高まっており、今後の国際的な競争力を左右すると言っても過言ではない存在です。今秋はグローバルリーダーの特徴やスキルについて説明します。

テクノ失業とは?技術の進歩によって奪われる仕事への対策を行おう

テクノ失業とは、IT・AIの発展と導入により業務置換がなされたことで、人間が失業に追い込まれる状況です。技術の進歩は私達の生活を便利にし、多くの企業もビジネスモデルを転換するなど大きな変化をもたらしていますが、日本企業はイギリスやアメリカと比べてテクノ失業の対象となる労働者割合が多いと言われています。今回はテクノ失業について説明します。

グローバルリーダーとは?すぐに育成すべき理由について

グローバルリーダーとは、言語のみならず、国境、地域、文化など様々な分断線を越境して幅広く活躍できるビジネスリーダーのことです。キーとなるのは多様性や環境への順応しやすさであり、ビジネスシーンで越境的な活躍をするには、幅広い知識や教養だけでなく、個人のスタイルを強く支える思想も重要です。今回はグローバルリーダーとはどのような人材か、なぜ重要なのかについて説明します。

若者の離職率の改善に向けた効果的な対策方法や施策とは?

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。離職理由として多く挙げられているのは、仕事や業務内容、人間関係、労働条件のミスマッチです。今回はそれぞれの離職理由から考えられる効果的な対策方法や施策について説明します。

若者の離職理由とは?仕事・人間関係・労働条件のミスマッチを改善しよう

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。離職理由として多く挙げられているのは、仕事や業務内容、人間関係、労働条件のミスマッチです。早期離職を防止するためには、自社の離職理由に多いものから対策することが大切です。今回は若者の離職理由をデータから読み解きます。

若者の離職率の現状とは?データから自社の数値を比較してみよう

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。しかし3割という数字は性別や年齢、雇用形態や事業規模によって違いがあります。自社の離職率を改善するためには、3割という数字を基準に考えるのではなく、自社の従業員規模などとあった数字を基準に考えることが大切です。今回はデータからみる若者の離職率の現状について説明します。