記事カテゴリー

「 人材難 」一覧

シニア採用を導入した企業事例とは?活用事例や得られた効果について

少子高齢社会によって労働人口が減少していく中で、シニア採用の注目度が年々高まっています。シニア採用は単に人手不足を解消するための手段としてだけでなく、シニア人材の知識や人脈が活用できるなど、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はシニア採用の導入に成功した企業の事例をご紹介します。

シニア採用に関する助成金の種類とは?支給要件や受給金額について

少子高齢社会によって労働人口が減少していく中で、シニア採用の注目度が年々高まっています。シニア採用は、政府が主導する働き方改革で推進されており、企業への導入を促進するために様々な助成金制度が設けられています。今回は、シニア採用に活用できる助成金の種類や支給要件、受給できる金額についてご紹介します。

シニア採用を行う上で企業に必要な準備とは?法律や社内制度について

少子高齢社会によって労働人口が減少していく中で、シニア採用の注目度が年々高まっています。シニア採用を導入する上では、関連する法案についての理解を深めるだけでなく、採用したシニア人材を活用するための準備も大切です。今回はシニア採用を導入する上で企業側に必要な準備や、シニア採用に関する法律についてご紹介します。

高年齢雇用継続基本給付金と高年齢再就職給付金の違いとは?

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。再雇用時に賃金が下がる場合、再雇用対象者の賃金が定年前の75%未満であれば、高年齢雇用継続給付の受給対象者となります。今回は再雇用後に賃金が低下した場合に労働者が受給できる、高年齢雇用継続給付についてご紹介します。

シニア採用を導入する企業側のメリット・デメリットとは?

少子高齢社会によって労働人口が減少していく中で、シニア採用の注目度が年々高まっています。シニア採用は、人手不足対策以外にも企業にとってさまざまなメリットがある反面、不用意に導入するとデメリットを生む危険があります。今回は、シニア採用における企業側のメリットやデメリットについてご紹介します。

経営人材の育成に成功した企業の事例とは?具体的な育成方法について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、多くの企業が抱える課題であるため、育成方法には各社様々な工夫がなされています。今回は経営人材の育成に成功した企業の事例について、具体的な課題や育成方法とあわせてご紹介します。

再雇用契約書に記載する内容や注意点とは?具体例やひな形をご紹介!

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。労働者を再雇用する場合には、雇用契約書で新規に契約を交わすことになるため、業務の実態や法令に則った内容の契約書を作成する必要があります。今回は再雇用時の契約書に記載すべき内容の具体例や、契約書のひな形についてご紹介します。

シニア採用が注目されている理由とは?高齢労働者の現状について

少子高齢社会によって労働人口が減少していく中で、シニア採用の注目度が年々高まっています。人手不足への対策でシニア採用に取り組む際は、高齢労働者のモチベーションマネジメントに取り組む上で、高齢労働者が働き続ける理由について知っておく必要があります。今回は、シニア採用が注目されている背景や高齢労働者の現状についてご紹介します。

ブラインド採用とは?意味や目的、メリット・デメリットについて

ブラインド採用とは、採用選考時の名前や性別・年齢や学歴といった個人情報を取り除き、能力のみで応募者を評価する採用手法です。ブラインド採用は、応募者を能力のみで評価して採用の可否を決定するため、ダイバーシティの推進や優秀な人材の見逃し防止につながります。今回はブラインド採用の意味や目的、企業のメリット・デメリットについてご紹介します。

経営人材育成のガイドラインとは?内容を要約して分かりやすく解説!

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、日本を支える各企業にとっての課題であるため、国にとっても重要な課題となっています。今回は、経済産業省が公開している経営人材育成ガイドラインの内容を分かりやすくご紹介します。