記事カテゴリー

「 人材難 」一覧

デモグラフィー型ダイバーシティとは?意味やデメリットについて

デモクラフィー型ダイバーシティとは、性別・国籍・年齢など、属性の多様性のことを意味する言葉です。デモグラフィー型ダイバーシティは、外見的・表面的な多様性ばかりに意識が向き、社員の不信感や不公平感の原因になりやすいというデメリットがあります。今回はデモグラフィー型ダイバーシティの意味や定義、企業へのデメリットが起こる理由についてご紹介します。

OJTによる教育研修の実施方法とは?PDCAのサイクルを意識しよう!

OJTを実施する際には、人事部や経営層だけでなく、実際に教育を行う各部門がOJTの意味や目的を正しく知っておくことが大切です。OJTによる教育研修は、PDCAのサイクルを意識して教育の目的をハッキリさせることで、効果や効率を向上させることができます。今回はOJTの基本となる4段階職業指導法やPDCAのサイクルにもとづいて、OJTによる教育研修の実施方法をご紹介します。

ダイバーシティーとは?意味や定義、企業にとってのメリットについて

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。企業でダイバーシティーを推進する際は、ダイバーシティーの意味や目的をよく理解した上で取り組むことで、企業にとってのメリットを最大化できます。今回はダイバーシティーの意味や目的について説明した上で、ダイバーシティーが企業に与えるメリットについてご紹介します。

OJTとOff-JTの違いとは?メリットを高めデメリットを防ぐ方法

OJTとは職場で実務を通して行う研修のことで、Off-JTとは職場を離れて行う合宿や集合研修などの研修のことです。OJTとOff-JTにはそれぞれ違ったメリットとデメリットがあり、上手く組み合わせることで教育研修としての効果・効率を最大限に高めることができます。今回はOJTとOff-JTの違いについて説明し、それぞれのメリットを高める方法とデメリットを防ぐ方法をご紹介します。

ダイバーシティー&インクルージョンとは?多様な人材を活用しよう!

ダイバーシティー&インクルージョンとは「多様性を受け入れて活かし合おう」という意味の言葉です。ダイバーシティーとインクルージョンの違いを知り、並行して取り組むことで、自社の成長や人材不足の解決につながります。今回はダイバーシティー&インクルージョンの意味や企業のメリットについて、ダイバーシティーとインクルージョンの違いからご説明します。

Off-JTとは?言葉の意味やOJTとの違い、研修効果を高める方法

Off-JTとは、実務の現場を離れて行う教育研修のことを意味する、企業が従業員の能力開発のために行う教育研修の手法の一つです。Off-JTは単に研修の手間を減らすだけでなく、OJTと組み合わせることで、社員全体のレベルアップと教育研修の効率化を同時に実現できます。今回はOff-JTの意味や定義を説明した上で、Off-JTによる研修の目的やメリット・デメリットについてご紹介します。

採用コストの推移状況とは?求人広告費と人材紹介費の予算配分の現状

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」を意味します。採用コストの推移を知っておけば、一人当たりの採用にかける単価や採用コストの予算配分を決める際の重要な参考になります。今回は採用コストの推移と予算配分の現状についてご紹介します。

インクルージョンとは?意味や目的、ダイバーシティとの違いについて

インクルージョンとは、あらゆる人材が能力を最大限発揮し、やりがいを感じられるような環境を意味する言葉です。インクルージョンを実現すれば、生産性の向上や離職率の低下など、企業にとって様々なメリットがあります。今回は、インクルージョンの意味やダイバーシティーとの違い、企業にとってのメリットについてご紹介します。

OJTとは?意味や定義、実施方法、メリット・デメリットについて

OJTとは、実務を通して学ぶ訓練のことを意味する、企業が従業員の能力開発のために行う教育研修の手法の一つです。OJTを上手く活用すれば、新入社員の早期戦力化や教育研修の効率化が期待できます。今回はOJTの意味や定義を説明した上で、OJTの実施方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

タレントマネジメントとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。社外から優秀な人材を獲得するだけでなく、既存の社員の能力を最大限に活かすタレントマネジメントは、現代の人材難を乗り越えるためのカギになります。今回はタレントマネジメントの意味と目的、メリットやデメリットについてご紹介します。