記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 人材難 」一覧

    テレワークとは?働き方改革は在宅勤務だけじゃない!

    テレワークとは、情報技術を活用して会社以外の場所で、遠く離れて働くことを実現する勤務形態のことです。テレワークとは在宅勤務だけを指す言葉ではなく、時間や場所を有効に活用できる様々な働き方があります。今回はテレワークを導入する目的や、テレワークを導入する企業・従業員のメリット・デメリットについて説明します。

    「オヤカク」とは?内定者フォローとしてオヤカクの対応は必要なのか?

    オヤカクとは、企業が内定予定者の親に対して、内定承諾の確認を行うことです。オヤカクが求められるようになった背景として、少子化などで親が進路に慣用する機会が多くなったことや大手企業が安泰ではなくなったこと、ブラック企業問題の表面化などが挙げられます。今回はオヤカクが求められるようになった背景や実態、施策内容やポイントについて説明します。

    採用通知書に記載すべき内容とは?テンプレートから具体例を紹介!

    採用通知書とは、応募者が内定者になることを通知する書面であり、内定者として初めての接点となる手段です。採用通知書は事務的な手続きと考えられがちですが、内定者フォローの第一歩であると考えると、非常に影響力の多い手法です。売り手市場によって、内定獲得数も増加しており、優秀な人材であればあるほど、自社を選んでもらうための取り組みは重要です。今回は採用通知書のテンプレートから、記載すべき内容や具体例について説明します。

    面接で失敗しないための2つの目的とは?目的ごとに配分を考えよう!

    面接は全企業のうち99.4%が実施している採用活動プロセスです。面接の目的としては「応募者を見極める」ことが第一に挙げられますが、売り手市場においては「応募者の惹き付け」を行うことも重要です。新卒採用において、過半数の学生が2社以上からの内定を取得しており、「複数の内定から自社を選んでもらう」仕組みを面接にも取り入れることが大切です。面接の目的である「応募者の見極め」と「応募者の惹き付け」を行うことの重要性ややり方、注意点や配分について説明します。

    なぜ採用通知書が必要なのか?目的や内容、送付時期とは?

    採用通知書は、採用選考の合否を通知する事務的な手続きとして考えられがちですが、内定者との1回目の接点となる連絡です。優秀な人材を確保するためには、採用選考で人材を選ぶ視点だけでなく、優秀な人材から自社を選んでもらうという内定者フォローとしての視点が非常に重要です。口頭での採用通知だけでは不安に思う求職者も多いため、書面やメールなどで、確認できる形で採用通知を行うことが重要です。今回は採用通知書の目的や記載すべき内容、送付時期について説明します。

    採用ブランディングの動画は必要?目的から活用方法を考える

    採用ブランディングの方法として、動画が用いられることがあります。若年層はYouTubeなどで普段から動画に慣れ親しんでいることや、文字や画像以上の情報を伝えられることから、動画は非常に有効な手段として考えられています。一方で、伝わりやすい動画ではなくかっこいい動画を作るなど、動画を作ることが目的となってしまっては本末転倒です。今回は採用ブランディングにおいて動画を使うことのメリットや注意点、活用方法について説明します。

    採用ブランディングの実施方法とは?5ステップで解説します

    採用ブランディングは、採用マーケティングと同様に、採用領域において近年注目されている概念です。採用ブランディングを実施する方法としては、採用マーケティングと同様に、求める人物像の明確や自社の強みや価値の把握などが必要です。採用マーケティングでの視点は自社にあったのに対して、採用ブランディングでは情報を受け取る求職者目線で考えることが重要です。今回は採用ブランディングの実施方法について、5ステップに分けて説明します。

    採用ブランディングの目的とは?採用マーケティングとどう違うのか

    「採用ブランディング」とはブランディングというマーケティングの手法を採用活動に取り入れた概念です。採用マーケティングとは異なり、採用ブランディングではターゲットに親密感や高価値といった特定のイメージを抱いてもらうことが目的となり、求職者数の増加やミスマッチを防ぐことが採用ブランディングの目指すゴールになります。複数のイメージの共存による混乱や全社員の協力が不可欠などの注意点はあるものの、適切に運用されれば事業の長期的な成長を支える土台作りに大いに有効な手段となるでしょう。

    メンター制度導入で助成金が受給できる!人材確保等支援助成金とは

    メンター制度導入によって得られる効果には、人材育成だけでなく離職率の低下や社内コミュニケーションの活性化など、様々なメリットがあります。政府としても近年の離職率に課題意識を持っており、メンター制度導入によって離職率を低下させた場合に助成を行う人材確保等支援助成金の雇用管理制度助成コースを設けています。メンター制度を導入することで助成金を受けるためにはどうしたら良いのか、助成金の概要や受給要件、受給金額などについて説明します。

    戦略的な母集団形成とは?採用活動プロセスの効率化を目指そう!

    人材獲得競争の激化や働き方改革での法令対応や自社制度の整備など、人事担当者の業務負担が増加しています。採用に関しても、多くの人事担当者の悩みとなっています。少子化に伴う労働力人口の減少により、採用における母集団形成も、ただやみくもに候補者を集めるのではなく、戦略的に何人集めるのか、どれだけのリソースを避けばよいのか戦略に落とし込むことが大切です。戦略な母集団形成を実現するために、どのような方法をとればよいのか、どのようなデータを活用すればよいのかについて説明します。