記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

ホラクラシー型組織とティール組織の違いと共通点とは?

ホラクラシー型組織とティール組織はよく似た特徴を持っていますが、厳密に言えばホラクラシー型組織とティール組織は意味や定義に違いがあります。それぞれの言葉の違いを理解しておかなければ、定義の違いによる認識のミスマッチが起こる危険があります。今回はホラクラシー型組織とティール組織の違いと共通点について、詳しくご紹介します。

アンダーマイニング効果とは?モチベーション低下を防ぐ方法について

アンダーマイニング効果とは、内発的に動機づけられた行為に対して外発的な動機づけを行うことによって、モチベーションが低下する現象を意味する言葉です。アンダーマイニング効果は、社員のモチベーション向上を目指した施策が原因で起こり、企業にさまざまな悪影響を与えます。今回はアンダーマイニング効果の意味や定義、研究事例や防ぐ方法についてご紹介します。

フィックストマインドセットとは?意味や定義、企業への影響について

フィックストマインドセットとは「人の能力は固定的で努力しても変わらない」という考え方を意味する言葉です。フィックストマインドセットに陥った社員は、当人の生産性が低下するだけでなく周囲のモチベーション低下や離職を引き起こす危険があります。今回はフィックストマインドセットの意味や定義、企業への影響や具体例、グロースマインドセットとの関係についてご紹介します。

ホラクラシー組織での社員の評価方法とは?評価制度の事例をご紹介!

ホラクラシー型組織とは、上司・部下といったヒエラルキーが存在しない、フラットな組織を意味する言葉です。ホラクラシー型組織では、上司や管理職などの概念がないため、昇進や昇格などを含めた人事評価制度の運用が非常に難しくなります。今回はホラクラシー型組織における社員の評価方法について、ホラクラシー経営を実現した企業の事例をご紹介します。

ワークライフインテグレーションの実現につながる制度とは?

ワークライフインテグレーションは、ワークライフバランスから派生した概念で、どちらが良い・悪いというものではありません。人事担当者はワークライフインテグレーションとワークライフバランスの違いについて理解して、自社の従業員や組織風土に適している方を選ぶ必要があります。今回は、ワークライフインテグレーションの実現につながる制度についてご紹介します。

エンハンシング効果とは?意味や定義、活用方法や注意点について

エンハンシング効果とは、外発的動機付けによって内発的動機付けが高まり、モチベーションが上がる効果を意味する言葉です。エンハンシング効果を活用すると、社員の内発的動機付けによるモチベーションアップ効果が期待できます。今回は、外発的動機付けから内発的動機付けを発生させる「エンハンシング効果」について詳しくご紹介します。

グロースマインドセットとは?言葉の意味や企業での活用方法について

グロースマインドセットとは「自分も他人も含めて、人はみな成長するもの」という考え方を意味する言葉です。グロースマインドセットを根付かせることができれば、社員のモチベーションが高まり、会社の生産性が大幅に向上します。今回はグロースマインドセットの意味や定義、企業のメリットや活用方法についてわかりやすくご紹介します。

ホラクラシー型組織を導入する際の注意点や、企業の向き不向きとは?

ホラクラシー型組織とは、上司・部下といったヒエラルキーが存在しない、フラットな組織を意味する言葉です。ホラクラシー型組織を導入する際には、社員のセルフマネジメント能力や各種制度の整備など、注意点や対策方法について知っておく必要があります。今回はホラクラシー型組織の導入に向いている企業の特徴や、導入する上での注意点・注意すべき理由についてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの意味とは?企業のメリットについて

ワークライフインテグレーションとは「仕事も生活も人生の一部」と統一(インテグレーション)して考え、仕事と生活両方の充実を求める働き方を意味する言葉です。ワークライフインテグレーションを実現すれば、社員のモチベーションアップや生産性向上など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はワークライフインテグレーションの意味や定義、ワークライフバランスとの違いや企業のメリットなどについてご紹介します。

内発的動機付けと外発的動機付けの違いとは?高め方や関係性について

社員のモチベーションを高める動機付けの方法は、大きく分けて「内発的動機付け」と「外発的動機付け」の2種類に分類されます。社員のモチベーションを高めようとする際は、内発的動機付けされている社員に対して外発的動機付けを行うと逆効果となってしまうため、注意が必要です。今回は内発的動機付けと外発的動機付けの違いや、それぞれを活用したモチベーションの高め方をご紹介します。