記事カテゴリー

「 モチベーション 」一覧

キャリアドリフトの活用例とは?実際の人事業務での活用方法について

キャリアドリフトとは、キャリアデザインの反対語とも言える概念で、社会や環境の流れに身を任せてキャリアを構築しようという理論です。キャリアドリフトの考え方は、社員のキャリア構築に役立つだけでなく、様々な人事業務に活用できます。今回はキャリアドリフトの活用例として、社内の人事業務に当てはめる具体的な方法をご紹介します。

ホラクラシー経営のメリット・デメリット、導入の課題や問題点とは?

ホラクラシー経営とは、企業経営における意思決定権を組織全体に分散させ、社員各自の主体性を重視する経営手法を意味する言葉です。ホラクラシー経営は企業にとって多くのメリットがありますが、理想的なホラクラシー経営を実現するためにはいくつかの条件があります。今回はホラクラシー経営のメリット・デメリット、導入の課題や問題点について詳しくご紹介します。

ワークライフバランスの取り組み事例とは?実際の事例を5つご紹介!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、実際の企業事例から多くのヒントが得られます。今回はワークライフバランス推進に取り組んだ企業の事例を5つ、取り組みの目的・内容・結果に分けてご紹介します。

外発的動機付けとは?社員のモチベーションを上げる方法について

外発的動機付けとは、報酬や評価、罰則や懲罰といった、外部からの人為的な動機付けを意味する言葉です。外発的動機付けは、内発的動機付けを生み出すためのキッカケとして活用することで、社員のモチベーションアップにつながります。今回は外発的動機付けの意味や定義、組織のマネジメントに活用する方法やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

キャリアドリフトとは?意味や定義、企業での活用方法について

キャリアドリフトとは、キャリアデザインの反対語とも言える概念で、社会や環境の流れに身を任せてキャリアを構築しようという考え方です。キャリアドリフトを企業で上手く活用すれば、現在の仕事に対する社員のモチベーションアップが期待できます。今回はキャリアドリフトの概要について、意味や定義、企業で活用するメリット・デメリットなどをご紹介します。

ホラクラシーとは?意味や定義、目的やメリット・デメリットについて

ホラクラシーとは、企業から役職や肩書などをなくして組織全体に権限を拡張・分散して意思決定をさせる、フラットな組織管理体制を意味する言葉です。ホラクラシー型組織は、社員の主体性強化や組織全体の生産性向上など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はホラクラシーの意味や定義、導入の目的やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスを推進する際には、働き方改革の一環として国が行っている施策や助成金制度が活用できます。今回は、ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策や助成金制度、認定制度などをご紹介します。

内発的動機付けとは?社員のモチベーションを上げる方法について

内発的動機付けとは、物事に対する強い興味や探求心など、人の内面的な要因によって生まれる動機付けを意味する言葉です。内発的動機付けによる社員のモチベーションアップを図るためには、採用の段階で会社の価値観や行動理念にあっているかを見極めることが大切です。今回は内発的動機付けの意味や定義、組織のマネジメントに活用する方法やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

ティール組織を日本で実現する方法とは?3つの重要な要素について

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織は、日本でも導入する企業が増えており、社員のモチベーションアップや組織全体の生産性向上などの効果が出ています。今回は、日本企業がティール組織を目指す上で必要な要素についてご紹介します。

ワークライフバランスの海外事例とは?自社の施策の参考にしよう!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、海外の事例を参考にすることで、ライフワークバランスを推進する上での課題を解決するヒントが得られます。今回は、ワークライフバランス実現のためのヒントを海外の事例から探っていきます。