プレゼンティーイズムとは?出社しても生産性が低い状態に陥る理由

風邪を引いても休まないのは勤勉なのか?

働き方改革が叫ばれて久しいですが、会社によってはすぐにフレキシブルな働き方に移行できないこともあるでしょう。最近、社員の生産性を語るうえで重要なワードの一つに「プレゼンティーイズム」があります。

HR Proの調査によると「年次有給休暇の取得率」は40%が4割の企業であり、81%以上の企業は7%と、有給休暇が取得されていない現状について報告されています。

昨年度の従業員の平均年次有給休暇取得率
出典元『HR Pro』HR総研:「働き方改革」への取り組み実態調査【3】有給休暇取得

2019年4月1日から有給休暇の取得が義務化されていますが、実際にはまだまだ各企業が施策段階です。有給休暇を取得させるのは企業としての義務ですが、100%の取得率があるヨーロッパなどと比較すると、日本企業の取得率には大きな差があります。

日本人がなかなか休暇を取らない理由として「人手不足」「緊急時のためにとっておく」などが挙げられており、風邪でも仕事を休まない人は過半数を超えているのが現状です。

今回はこういった状況をいかに変えていくかを考えるため「プレゼンティーイズム」について概要や問題点などを説明します。

プレゼンティーイズムとは?出社してても生産性が上がらない状態

プレゼンティーイズム(Presenteeism)とは、社員が出社していても、何らかの不調のせいで頭仕事の能率が上がらず、本来発揮されるべきパフォーマンスが低下している状態のことです。日本語では「疾病就業」と訳されています。社員の健康に関するコストの中には、医療費や欠勤なども含まれますが、プレゼンティーイズムが蔓延することによる労働損失コストは、それらを大きく上回るとされています。

体調不良などで社員が会社をたびたび、あるいは無断で欠勤することを「アブセンティーイズム(absenteeism)」と言います。プレゼンティーイズムは、このアブセンティーイズムに「プレゼント(present)=出席している」を組み合わせて考案された造語とされています。

これまで企業の労務管理では、伝統的にアブセンティーイズムによる生産性の低下が問題視されてきました。最近は、出社はしているけれど業務に身が入らない「プレゼンティーイズム」のほうがより組織全体としての損失に与える影響が大きいことが判明しています。

健康関連総コスト
出典元『厚生労働省』「健康経営」の枠組みに基づいた保険者・事業主のコラボヘルスによる健康課題の可視化

プレゼンティーイズムが企業にもたらすデメリットや課題

たとえば風邪では少なくとも4.7%、花粉症だと4.1%、通常時より仕事の効率が低下するといわれています。数値でみると大きくないように思えますが、問題は個人の生産性の低下だけではありません。より深刻なのは、周囲にネガティブな影響を与えるからです。

単純な風邪だったとしても、出社することで他のメンバーにうつしてしまうリスクがあり、組織全体のパフォーマンスに支障をきたしかねません。花粉症などの症状で頭がボーっとしている状態では、ミーティングやプレゼンに臨んでも集中できず、有意義な議論や提案は望めません。特に重大な意思決定を行う立場や顧客との慎重なコミュニケーションが求められる職種では、プレゼンティーイズムによる組織の損失リスクは大きいと言えるでしょう。

日本は米国以上にプレゼンティーイズムの問題が根深いという説もあります。「勤勉は美徳なり」と考える日本では、体調などに支障をきたしても出社する傾向が高いと言われているためです。

『健康日本21フォーラム』では、2013年に「疾患・症状が仕事の生産性等に与える影響に関する調査」を実施しています。アンケートを行う前の2週間以内に健康上問題が発生した20~69歳の男女2,400人に対して、健康時の業務遂行能力を100点とした場合、心身に不調があるときに何点になるかについて聞いています。

結果はメンタル不調時には56.5点しかないことが明らかになっており、生産性がおよそ半分になってしまうことがわかりました。心臓に不調があるときは63.0点、月経不順などによる不調は63.8点、偏頭痛・慢性頭痛の際は67.9点と6~7割ほどの生産性に低下することが見て取りました。

不調時の業務遂行能力の自己採点
出典元『T-PEC』TEN vol.26

プレゼンティーイズムによる逸失利益を数値で述べると「従業員1,000人、年間平均就業日数200日の企業では、メンタルヘルスの不調により約5人の離職に等しい逸失利益があると想定」という試算が発表されています。

プレゼンティーイズムが起こる原因や改善策について

日本でプレゼンティーイズムが多くなる背景には、効率よりも、個人のがんばりや協調性などが評価される職場環境や価値観があるといわれます。特に仕事への責任感が強い人は、現在の会社の状況や人手不足などの状況を考えて「自分が休むわけにいかない」と感じてしまいがちです。

同僚や上司とのコミュニケーションが良好な人ほど体調が悪いときはしっかり休養する傾向があるそうです。つまりは、個人の意識だけではなく、職場内でのコミュニケーションやサポート体制の良し悪しが、プレゼンティーイズムに影響していることがいえます。

病気や疲労などで体調が悪いときは、十分な休息を取ることでその後の仕事のパフォーマンスが高まります。職場全体としての効率と成果を上げるためには、困ったときは助け合える、風通しの良い職場環境の整備も重要です。

プレゼンティーイズムの原因の上位に挙げられた疾病や症状は以下のようなものがあります。

  1. メンタル面の不調
  2. 心臓の不調
  3. 月経不順、PMS(月経前症候群)などによる不調
  4. 偏頭痛、慢性頭痛
  5. その他の要因

日本のビジネスパーソンの中では、今でも「勤勉は美徳」という価値観があり、多少の風邪程度であれば体調が悪くても出社する人は決して珍しくありません。気象情報会社のウェザーニューズが行った「日本の風邪事情」調査によると「日本人が風邪で会社などを欠席するボーダーラインは平均で37.9度」という結果になっており、38度まで上がらなければ、休もうとはしないことがわかっています。プレゼンティーイズムは日頃から当たり前のように発生しているのです。

何度で休みますか
出典元『ウェザーニュース』日本の風邪事情 調査結果

体調不良による生産性低下は本人だけの問題じゃない

プレゼンティーイズムとは「出社しているが心身の状況の悪さから生産性が上がらない状態」のことであり、周りの従業員への影響もあるため、労働生産性を向上するためには解決しなければならない問題です。

出社している状態であるため、病欠などよりも実態が把握しづらいものです。プレゼンティーイズムによる損失は非常に大きいため、休暇をとっても業務が回るなどで休暇の取りやすい、職場環境の改善が求められているのです。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ