ソーシャルスタイル理論のドライバータイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論のドライバー(ドライビング)タイプとは?

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。特に営業職や販売スタッフなどの顧客と直接関わる職業は、ソーシャルスタイル理論を理解することで、ビジネスでのコミュニケーションがよりスムーズになるとされています。

ソーシャルスタイル理論は、米国の産業心理学者であるデイビット・メリル氏とロジャー・レイド氏によって、1960年代に提唱されました。メリル氏らは、人々の潜在的な経営力や営業のセンスなどを見抜く法則を探す研究として、人々がある程度の緊張が伴う場面でどのようにふるまうのかに着目して分析を行い、分析結果を「ソーシャルスタイル」としてまとめました。

ソーシャルスタイル理論では、人の性格や価値観は、物事の考え方や意思決定の仕方の傾向から「ドライバータイプ」「エクスプレッシブタイプ」「エミアブルタイプ」「アナリティカルタイプ」の4種類に分類されます。

ソーシャルスタイル理論を活用するためには、自分と相手がどのタイプに属するのかを見定めた上で、それぞれの相性に応じたコミュニケーションの方法を考える必要があります。

今回の記事では、ドライバータイプの特徴とソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ドライバー(ドライビング)タイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性とは?

ドライバー(ドライビング)タイプとは、感情表現があまり強くなく、合理的に物事を達成していくタイプです。ビジネスライクな性格で、プロセスよりも結果を重視し、決断力に優れています。

ソーシャルスタイル理論で分類される4つのタイプとは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは「感情」と「意見」の強弱によって「ドライビング」「エクスプレッシブ」「エミアブル」「アナリティカル」という、4つのタイプに分類されます。

4タイプのソーシャルスタイル
出典元『リクナビNEXTジャーナル』あなたは何タイプ?コミュニケーション上手になるための4タイプ診断法

ソーシャルスタイルで分類される人の言動には、4タイプいずれかの傾向があります。4タイプの特徴を実在した人物に当てはめた例がありますので、イメージの参考にしてみてください。

ソーシャルスタイル別の具体的な人物例
出典元『WOWOWコミュニケーションズ』ソーシャルスタイル理論とは?相手の心をつかむコミュニケーション

ドライバー(ドライビング)タイプの特徴とは?

ソーシャルスタイル理論のドライバー(ドライビング)タイプとは、自己主張が強く、感情表現が控えめなタイプです。

ドライバータイプの強みとしては、主に以下が挙げられます。

  • 常に冷静で、戦略を立てるのが得意
  • 決断力に優れ、意思決定が早い
  • 意志が強く、周囲の意見や環境の影響を受けにくい

ドライバータイプの弱みとしては、主に以下が挙げられます。

  • 指示されることを嫌い、周囲のペースに合わせるのが苦手
  • 自己主張が強く、相手の話を遮りがち

ドライバータイプは、勝負事を好み決断力に優れていることから、経営者のような人の上に立つ仕事が向いているタイプだと言われています。

ドライバー(ドライビング)タイプと他タイプとの相性とは?

ドライバータイプと他タイプとの相性やコミュニケーションの方法について、4種類のソーシャルスタイルごとに詳しくご紹介します。

  1. ドライバータイプ同士の相性とコミュニケーション方法
  2. エクスプレッシブタイプとの相性とコミュニケーション方法
  3. アナリティカルタイプとの相性とコミュニケーション方法
  4. エミアブルタイプとの相性とコミュニケーション方法

1.ドライバータイプ同士の相性とコミュニケーション方法

ドライバータイプ同士の相性で良い点は、お互いに積極性と論理性が優れているため、積極的な議論が生まれる点です。

ドライバータイプ同士の相性で悪い点は、お互いに自己主張が強く、自分が認めた人でなければ指図されたくないため、対立が起こりがちな点です。

ドライバータイプ同士がコミュニケーションを取る際は、お互いに相手の話に耳を傾け、認めるべきところは認める姿勢を持つことが大切です。

2.エクスプレッシブタイプとの相性とコミュニケーション方法

ドライバータイプとエクスプレッシブタイプの相性で良い点は、意見を主張したがる傾向が共通しているため、活発なコミュニケーションが生まれる点です。

ドライバータイプとエクスプレッシブタイプの相性で悪い点は、ドライバータイプは論理を重視し、エクスプレッシブタイプは感情を重視するため、会話にズレが生じがちな点です。

ドライバータイプとエクスプレッシブタイプがコミュニケーションを取る際は、お互いに相手が自分とは逆の価値観を持っていることを理解し、相手の意見を頭ごなしに否定しない姿勢を持つことが大切です。

3.アナリティカルタイプとの相性とコミュニケーション方法

ドライバータイプとアナリティカルタイプの相性で良い点は、論理性を重視する傾向が共通しているため、話が合いやすい点です。

ドライバータイプとアナリティカルタイプの相性で悪い点は、ドライバータイプは決断が早く、アナリティカルタイプは熟考を重ねるため、話のペースにズレが生じがちな点です。

ドライバータイプとアナリティカルタイプがコミュニケーションを取る際は、お互いに結論の早さとデータの分析がどちらも重要であることを認識し、相手の話のペースに合わせる姿勢を持つことが大切です。

4.エミアブルタイプとの相性とコミュニケーション方法

ドライバータイプとエミアブルタイプは、性格や価値観に共通する傾向がないため、あまり相性が良くありません。それぞれと共通する傾向を持つエクスプレッシブタイプやアナリティカルタイプが間に入ることで、コミュニケーションが取りやすくなります。

ドライバータイプとエミアブルタイプの相性が悪いというのは、両者間のコミュニケーションに限った話です。正反対のタイプ同士は、お互いに相手の苦手な点を補い合える関係とも言えるため、上手く役割分担できれば非常に効率の良いチームワークを発揮します。

ドライバータイプとエミアブルタイプがコミュニケーションを取る際は、お互いの性格や価値観が正反対であることを理解した上で、自分には無い視点を尊重する姿勢を持つことが大切です。

ドライバー(ドライビング)タイプの特徴を知り、コミュニケーションに活用しよう!

ソーシャルスタイル理論のドライバー(ドライビング)タイプとは、自己主張が強く、感情表現が控えめなタイプです。

ドライバータイプは、勝負事を好み決断力に優れていることから、経営者のような人の上に立つ仕事が向いているタイプだと言われています。合理的で仕事ができるタイプですが、目的達成のためには厳しい判断でも躊躇なく行うため、協調的で自己主張が苦手なエミアブルタイプとの相性があまり良くない傾向があります。

ソーシャルスタイルごとの特徴を理解し、お互いの得意なことや苦手なことを知っておくことでコミュニケーションが円滑になり、長所を伸ばし合い短所を補い合えるようになるでしょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ