出戻り社員とは?退職した人材を再雇用するメリットとデメリット

労働力人口の減少と改善されない離職率

出戻り社員とは、一度退職した会社に再び入社した社員のことを指す言葉です。ポジティブ・ネガティブなイメージがある一方で、実は多くの企業で受け入れ体制があるのです。厚生労働省の調査では大卒の3年以内の離職率は長らく30%と、採用難易度が高まる一方で人材の流出を防止できていない現状があります。

新規学卒者の離職状況
出典元『厚生労働省』学歴別就職後3年以内離職率の推移

中小企業庁が委託した調査によると、中小企業での3年以内の早期離職率は中途採用で約30%、新卒においては40%前後と多くの離職が起こっています。

中小企業における就業者の離職率
出典元『中小企業庁』人材の定着

今回は出戻り社員を採用するメリットやデメリット、注意点について説明します。

出戻り社員を採用する目的とは

出戻り社員を採用する理由としては、人材不足の状況で即戦力採用の一手として活用している企業が多いです。

会社のことを理解していて、かつその人のことを知っているため、全く知らない人を採用するよりも今後自社で働くイメージを持ちやすいでしょう。

出戻り社員を採用する企業にとってのメリットについて

出戻り社員を採用するメリットですが、まず即戦力として立ち上がり早く活躍してくれるのが挙げられます。元々働いていたので仕事の仕方や社風についての理解があり、仕事内容も把握しています。1から育てる必要がないためすぐに馴染み活躍が期待できます。また人となりも理解している分、社内に溶け込むのもはやいでしょう。

出戻り社員の場合、採用活動を1から行う必要がなく、採用媒体や人材紹介会社へのフィーの支払いがないため、コスト的にもインパクトが大きいです。

慢性的に人材不足が発生している会社であれば、出戻り社員を採用することで前例ができるため、すでに辞めた他の社員も戻ってくる可能性がでてきます。退職時に戻れる可能性を含めて退職を考える既存社員もいるため、退職時のトラブルを抑える傾向になるため円満退職する社員も増える可能性があります。

出戻り社員を採用する既存従業員(周囲)にとってのメリット

他社のノウハウ、良い点を自社に取り入れることができるという点でも他の社員への刺激となってくれる可能性があります。他社の仕事のやり方やスキルを還元してくれるでしょう。

戻ってくるということは自社への魅力を感じたから故なので、一度離れたからこそ分かる自社の魅力を既存社員に伝承してくれるメリットがあります。前例があるためもし今後退職したとしても、再度戻ってこられる可能性があるという、自分のキャリア選択の幅を描くことができます。

出戻り社員を採用する企業にとってのデメリットや注意点

デメリットとしては、前と全く同じ環境ではないということを理解できず、前のやり方を押し通してしまう可能性があるという点が一つ挙げられます。戻ってきた際に、会社での人間関係や社内のシステムや体制が大きく変わっている可能性もあるでしょう。そのときに柔軟に対応してくれるケースもあれば、前の状態を期待して押し通してしまうことも発生します。

状況が変わったが故に以前と同じ成果を出してくれるとは限らないということも考えられます。

出戻り社員を再度採用することで他の社員も「辞めても戻れる」と言った意識を持たれてしまうデメリットがあります。退職の際に円満退社が築けるというメリットもありますが、安易に辞めてしまう社員が出てくることも予想でき、場合によっては優秀な社員が退職してしまう可能性もあるでしょう。

出戻り社員を採用する既存従業員にとってのデメリットや注意点

退職した理由にもよりますが、退職したことを快く思っていない社員や退職により負担が増えた、迷惑を蒙ったなどの社員は戻ってきたことを歓迎しないでしょう。

長く働き続けることが正しいと感じている社員からすると、自分の都合で退職した人を再度雇用することに理解ができず、許容する会社に対して不満を感じる人も出てくる可能性があります。

出戻り社員の待遇や条件などによっては反発をうけたり、既存社員のモチベーション低下してしまうなどのデメリットが発生することがあるため、伝え方や処遇や仕事内容の決め方は既存社員の状況を考慮することが必要です。

出戻り社員のメリット・デメリットは表裏一体!

出戻り社員は企業だけでなく従業員にとってもメリットがありますが、デメリットがあることも十分に理解する必要があります。

導入の受け入れ体制を作るために自社制度の整備はもちろんのこと、既存従業員への周知や認識なども十分に準備することがとても大切になります。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ