記事カテゴリー

コンピテンシーの意味や定義、使い方とは?人事業務での活用方法

「コンピテンシー(Competency)」という言葉を企業の人事やマネジメントの分野で聞く機会が多くなりました。コンピテンシーとは、成果につながる行動特性のことです。目先の営業成績などの短期的な人事評価ではなく、どうすれば営業成績が上がるのかといった行動特性から中長期的な人材育成を見据えた人事評価が可能になります。コンピテンシーは人事評価制度だけでなく、人材育成・教育や採用分野にも応用ができます。今回はコンピテンシーとはどのような意味・定義なのか、人事業務での使い方について説明します。

職場見学会の目的と内容とは?企業側が準備・注意すべきポイント

職場見学会とは、参加者である学生からも評価の高い、内定者フォローとしての施策です。職場見学会は企業にとっても内定者にとってもメリットの多い施策ですが、企業側には知っておかねばならない大きなリスクが2つあります。今回は内定者フォローとしての職場見学会の目的と内容、実施の際に企業が注意すべきポイントについてご説明します。

社内コミュニケーション活性化施策「縦・横・全体のつながり」

働き方改革が話題になっている昨今、「社内のコミュニケーション活性化」にも注目が集まっています。社内(インナー)コミュニケーションは弾力ある組織作りと同時に、業績にも大きく影響する要素の一つ。活性化のための、具体的な施策についての考え方からご紹介します。

面接官が聞くべき質問が分かる!構造化面接実施のための面接用シート機能とは

ミツカリの面接用シートは、初めての面接官であっても簡単かつ正確に面接を行うための機能です。人物理解やストレス耐性だけでなく、会社や部署との相性もひと目でわかり、相性の悪い部分に焦点を当てて面接での質問例や回答に対する行動を記載しています。何についての相性が悪いかから、応募者との相互理解のためのツールとして活用もでき、ミスマッチをアンマッチにすることで入社後の「こんなはずじゃなかった」を防げます。今回は面接用シートの機能1つ1つについて詳細に説明します。

内定者フォローになる社内イベントとは?社内行事に学生を招待しよう

社内イベントは、内定者に会社の雰囲気を知ってもらうための場として、非常に効果的な内定者フォローです。内定者フォローとして実施する社内イベントには、単に内定者に自社を知ってもらうだけでなく、様々な目的やメリットがあります。今回は社内イベントに内定者を招待する目的とメリット、招待する際に注意すべき点についてご説明します。

社内コミュニケーション方法とは?阻害要因を理解して円滑化しよう!

力強い組織作りに欠かせない「社内コミュニケーション」。働き方改革が話題になっている中で、まずはこのテーマへの取り組みを強化したいと考えている人事担当者の方も多いのではないでしょうか。社内コミュニケーション活性化のための「方法」にはどういったものがあるかを説明します。

採用選考中の人事の悩みと解決策とは?面接後の辞退を防ぐ方法について

売り手市場かつ人手不足の現在、人事担当者の業務は増えるばかりで、悩みも尽きることはありません。母集団形成に難航するだけでなく働き方改革による自社制度の整備などで、1人あたりの採用選考に割ける時間も限られる一方で多種多様化する価値観や性格の見極めを正確に行わなければなりません。今回は採用選考中における人事の悩みとして、人材の見極めや面接後の選考辞退を発生させてしまう原因と解決方法について説明します。

マインドセットの意味や定義、重要性とは?採用や教育に活かす方法

マインドセットは「ものの見方や考え方を指す」行動原理や価値観のことです。成功する秘訣はマインドセットにあると言っても過言ではありません。しかし成功するマインドセットは、会社ごとに違うだけでなく、部署やチームごとによっても異なります。自社の成長につなげるために、採用選考や教育研修、配属に活かせるマインドセットの特徴や見抜き方について、説明します。