記事カテゴリー

コンピテンシー面接とは?メリットやデメリット、活用のポイントについて

コンピテンシーを評価項目としたコンピテンシー面接が、企業での採用選考の場はもちろんのこと、公務員試験や中学受験などでも使われています。コンピテンシー面接では、応募者のスキルや能力である行動特性を客観的に見抜くことができる手法です。コンピテンシー面接の概要やメリットとデメリット、活用のポイントについて説明します。

エンジニアの評価はどうやるの?各社の人事評価制度の導入事例について

売り手市場が加速するにつれて、エンジニアの人手不足も大きな課題となります。まずは自社のエンジニアに長く就業してもらうことが重要ですが、エンジニアが転職を考えるきっかけとして「正しく評価されていない」ことが理由として挙げられています。特に非エンジニアの人事担当者がエンジニアを正しく評価できるようになるために、エンジニア採用に注力されている企業の事例を紹介いたします。

社内コミュニケーションゲームとは?新人研修や内定者研修にも使える

社内コミュニケーションの活性化を目的とした、グループワークやグループワークディスカッションなどの気軽に参加できるゲームが、内定者研修・社員研修において注目されています。チームとして共通の目的を持ちながら楽しく取り組めるゲームは、業務と離れた立場・関係のない話題の中で気軽にコミュニケーションができ、結果社内コミュニケーションの活性化に繋がります。社内コミュニケーション活性化施策として社員研修や内定者研修にゲームを取り入れることのメリット・デメリット、よく使われるゲームの具体的な例について説明します。

コンピテンシーの項目や要素、具体例とは?分類一覧から行動例を考える

コンピテンシーモデルを設計する前に、コンピテンシーの項目や行動例について理解しておくことが重要です。項目や行動例が明確に定まっていなければ、行動を評価することが出来ずに失敗してしまう危険性が高いです。汎用的に使える項目はないものの、有名なモデルから項目や行動例について、具体例を挙げながら説明します。

ケース面接とは?フェルミ推定との違いや問題の例題について

グーグルの採用面接でも使用されていた「ケース面接」は外資系金融やコンサルティングファームを中心に使われている手法です。ケース面接の元と言われているフェルミ推定との違いや、ケース面接のお題例、応募者の評価項目などについてご紹介しながら、今後自社の採用選考に導入すべきかの視点について、説明致します。

社内コミュニケーション活性化「社内イベント」の事例や効果とは?

社内コミュニケーション活性化の手段として、社内イベントが注目されています。一言でイベントと言っても、全社会議や表彰式だけでなく、運動会やキャンプなど様々な形式があります。社内コミュニケーション活性化の目的である、社員に好まれるイベントや、逆に参加したくないイベントなどの調査結果から成功要因・失敗要因について説明します。

コンピテンシーモデルの導入事例から学ぶ、成功要因とは?

コンピテンシーモデルとは、自社独自の成功要因となる行動特性を明確にすることで、中長期的な視点で活躍する人材を定義できる方法です。コンピテンシーモデルを活用するためには、自社独自のコンピテンシーモデルを作ることが必要不可欠ですが、いきなり作るのは非常に労力がかかる作業です。今回はコンピテンシーを導入した企業事例から、導入時における課題や導入後の効果について説明します。

中途採用が即戦力にならない?期待はずれになる理由や原因、対策とは

即戦力が求められがちな中途採用。スキルも十分にあるのに活躍することが出来ず、即戦力にならない、期待はずれであったという声も多く聞きます。中途採用者が即戦力にならなかったのには、必ず理由や原因があります。これらを紐解きながら、人事担当者ができる対策について説明します。

社内コミュニケーションツールとは?種類や導入に注意すべきこと

社内のコミュニケーションを円滑にするため、社内SNSなどのツール導入が進んでいます。しかし活用されずに失敗に終わるケースも多く、活用方法と情報共有の難しさを物語っています。社内SNSをはじめとした、コミュニケーションツールをいかに活用していくか、ポイントについて説明します。

コンピテンシーモデルの問題点とは?成果を上げるために必要なこと

多くの企業で活用されている「コンピテンシーモデル」。コンピテンシーモデル自体の問題点を把握しておかなければ、導入したものの効果が実感できない、効果が出ない原因が分からないなどの状況に陥ってしまいます。コンピテンシーモデルの効果が得られないときに見直す6つの問題点について説明します。