採用選考中の人事の悩みと解決策とは?面接後の辞退を防ぐ方法について

現場と経営陣のすりあわせをスムーズに

採用選考中の課題は、なかなか応募者からは目に見えませんが、まさに人事担当者の最も重要な業務です。

特に現場で欲しい人材と経営陣の欲しい人材とのミスマッチが起こらないように、摺り合わせをしっかりと行う事が人事に求められています。

選考中の課題の課題を改善することで、人材採用をより有利に

選考中の課題を改善することで、採用活動はとても有利になります。

例えば、選考に掛かる日数を減少することで、応募者が他に応募している会社に入社するという理由で辞退されることが少なくなります。それ以外にも選考が早いことで応募者の気持ちが高まっている状態のまま選考を進めることができるので、内定受託率も上がると考えられています。

というのも、選考スピードが早いことで応募者は「自分のことを評価してくれて、早く動いてくれた」と感じる人が多いためです。

悩み1:応募者の実力・正確を見抜けない

書類選考や面接などで、応募者の実力・性格などが見抜けないという課題を感じている人事担当者も多くいます。性格などはスキルなど書類で確認出来る点ではないため、どのような性格なのか、会社とマッチするかどうかという判断を難しくしている問題があります。

応募者と会社がミスマッチしていると活躍できないだけでなく、早期退職のリスクも高まります。

カルチャーフィットとは「会社のメンバーが共有している理念や風土の共有度」を意味しています。早期離職を防ぐ上でもカルチャーフィットは非常に重要です。しかしカルチャーもフィットも目に見えない抽象的な概念なため、実現方法にまで落とし込むことが難しいです。カルチャーフィットを実現するためには、カルチャーとフィットの定義を明確に...

解決策:企業と人がフィットできるサービスの活用

人事担当者が応募者の実力や性格などはすぐに見抜けるようになることは出来ません。

そこで、社会心理学などを活かして、企業と人とがミスマッチがなくなるように、フィットできるサービスの活用を検討してみましょう。そこで、ぜひ当社が運営している「ミツカリ」も検討してみてください。

ミツカリ」は応募者の性格を診断するだけで無く、会社の社風も分析して診断するため、採用する前にミスマッチを防ぐことができます。

悩み2:面接の担当者の調整が難航

面接官が忙しく、面接の日程が調整できないという悩みも現場の人事担当者が悩んでいる点です。

中途採用の場合、多くの応募者は現職中であり、同時に複数社応募しているケースが一般的です。そのため、面接の調整が難航することは即ち、採用に難航する理由に直結してしまいます。

解決策:現場と採用目標を共有

面接官ともなると、どうしても忙しくなってしまいがちです。しかし、面接の調整については、現場の面接官と協力して調整をしていくしか、解決策はありません。

協力して解決・調整をするためにも、採用目標を人事担当者だけでなく、現場の理解を得ながら、一緒になって共有していくことが大切です。

悩み3:選考の中で自社のことを伝えきれていない

面接の中で、面接官が自社の事を説明していますが、なかなか伝わっていないという課題を抱えている担当者も多いようです。

選考が進み、内定を出してから質問を受けるなどが多く、採用活動が非効率になってしまう原因ともなっています。

解決策:選考用のツールを拡充しましょう

面接という短い時間の中で個人の実力や性格などを判断するだけで無く、自社のことも伝えるのは難しいものです。また、伝えられたとしても、面接などで緊張している応募者側が全部を理解できているとも限りません。

そこで、選考時に渡せる資料集など、選考用のツールを拡充することをオススメします。通常、ビジネスで用いている会社概要ではなく、選考用に分かりやすい内容にすることで選考を有利にスムーズに進めることができます。

社内の調整をいかにスムーズに行うかがキー!

選考中の業務は社内の現場と人事、そして経営陣の3者での調整をいかにスムーズに行うのかが最も重要な点と言えます。

逆に言えば、この点については同じ社内ですので、社外の人との調整などと比べると本来は改善がしやすいテーマであるはずです。そのため、社内での連携などをより優位に進められる様々なツールが出ていますので、そういったツールを積極的に活用していくのも手法の一つです。

意外と、この社内調整・選考フローの改善が採用活動において非常に有利になることはそこまで知られていない事実でもあります。

というのも、応募から内定までに時間を要してしまうと、他社の選考が先に進んでしまい、他社で決まってしまうなどのシチュエーションも発生してしまいます。つまり、自社の採用フローを全て受けきる前に他社に決まってしまった人が多ければ多いほど、その人たちは選考スピードさえ速ければ、自社に入社したかもしれない候補者だということです。優秀な人材であるほど、複数の内定があると想定できるので、選考の早さは重要です。

そういった意味では、選考中の課題を戦略的に解決することで採用人数を増やしていけると言えるでしょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ