記事カテゴリー

クロージングで内定承諾率を改善する!採用に直結する対策とは?

内定を出したが内定辞退が多く、採用がうまくいかない。売り手市場の今、求職者は複数の内定を取得するため、内定辞退を防ぐクロージングが非常に重要になっています。クロージングの目的を再認識しながら、採用活動に直結させるクロージング手法の注意点について、説明します。

組織風土(企業風土)とは?活用のメリットや注意点を理解しよう!

組織風土とは「組織において共通の認識とされる、独自の規則や価値観など」です。明確に定義し浸透させることで自社の強みや課題がわかり、強い組織がつくれます。組織風土の意味、企業文化や社風との違い、活用するメリットやデメリットなどを説明します。

従業員エンゲージメントを向上させた企業事例とは?高める要素を理解しよう

従業員エンゲージメントが向上すると、労働生産性の向上や離職率低下に大きく貢献することが、研究や調査により明らかになっています。自社の従業員エンゲージメントを高める施策を導入する上で、実際にエンゲージメントレベルの向上に成功した企業の事例は、非常に大きなヒントになります。今回は日本と海外の企業の事例をもとに、従業員エンゲージメントを高める具体的な方法についてご紹介します。

コンピテンシー評価シートを作成する方法や注意事項、ポイントとは?

コンピテンシー評価制度は、短期的な営業成績などだけでなく、中長期的の成長を見据えた行動を評価できる人事評価制度です。コンピテンシー評価制度を運用する際にはコンピテンシー評価シートが必要不可欠です。コンピテンシー評価シートがあることで、従業員に対し、具体的にどのような行動が評価されるのか、どの程度評価されるのかが明確になり、客観的かつ公平な評価が可能となります。今回はコンピテンシー評価シートを作成する方法や運用時に注意しなければいけないポイントについて説明します。

採用内定通知メールのポイントとは? 企業側の内定者フォローについて

採用通知メール(内定通知メール)は、応募者に採用の可否を伝えるメールであり、人事担当者からにとっては事務的な手続きかもしれません。社会人経験のない学生にとっては、採用通知メールは一喜一憂するだけでなく、社会に出るライフイベントを考え直すきっかけともなる重要な連絡です。採用通知メールは、内定者として最初の接点となり、内定者フォローとしての第一歩となります。採用通知メールをも効果的な内定者フォローにするためには求職者目線で考えることが必須です。採用通知メールの構成や例文、伝え方のポイントについて説明します。

面接で人柄や人間性がわかる方法とは?適性検査と質問を活用しよう

売り手市場が加速して人材確保が難しくなる中、早期離職してしまわないように人柄を面接で見極める重要性が高まっています。職場の人間関係を理由とした離職は多く、新入社員はもちろん既存社員にも悪影響を及ぼさないようにしなければなりません。面接の限られた時間の中で、応募者の人柄を見極めるために必要なことを3点に絞って説明します。

従業員エンゲージメントの向上施策や取り組みとは?対策を考える

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメントを高めるための施策は様々ですが、実際の事例を参考にすることで、施策が成功する可能性が大きく高まります。今回は従業員エンゲージメントを高めるための施策をご紹介します。

コンピテンシー評価の問題点やデメリットとは?失敗しないためのポイントとは

コンピテンシー評価を導入したものの、会社の業績が上がらない、社員から評価制度に不満が出るなどが起こる可能性はあります。コンピテンシー評価も人事評価制度として万能ではありません。コンピテンシー評価を導入する前、導入して成果が上がっていない時に確認しておきたい、コンピテンシー評価の問題点やデメリットについて説明します。

適材適所な人材配置のやり方とは?スキル・価値観・職場を見極めよう

適材適所の人材配置を実現することができれば、従業員エンゲージメントやモチベーション、労働生産性が向上し、離職率も低下する、非常に魅力的な施策です。しかし、具体的に何から手を付けたらよいのか、イメージがわきづらいのも事実。適材適所の人材配置を実現するために、必要なことを3つに絞って説明します。

面接官の心得や心構えとは?態度や印象が、志望意欲に影響する

求職者は、面接官が若手や新人であろうと、会社の顔として入社後のイメージをわかせます。実際に、面接官の人柄や印象が悪くて入社したくないと思う求職者は非常に多く、面接官の対応が入社意欲に強い影響を与えています。しかし新人や若手面接官であれば、求職者を見極めることに注力しすぎて、面接官のあるべき姿を忘れてしまいがちです。新人や若手面接官が見落としがち、忘れがちな面接官の心得を5つ紹介します。