記事カテゴリー

「 離職率 」一覧

リテンション施策の企業事例とは?他社事例から成功要因を探る

優秀な人材の流出を防止する施策である「リテンション施策」。人材の確保は、世の中の人事担当者・経営者の悩みでありながらも、具体的にどのような施策を実施したら良いのか分かりづらいため、中々実行にうつせない企業が多いのも現状です。今回は他社で成功したリテンション施策を9社分紹介します。リテンション施策で成功させるポイントや、具体的な運用例などを確認して、自社でも活用してみましょう。

リテンション(離職防止)の施策例とは?効果的な施策で効果を向上させよう

人材確保の課題として「新規人材を獲得する」「既存人材の流出を防ぐ」の2視点が必要です。リテンション施策は「既存人材の流出を防ぐ」施策です。リテンションに取り組みたいと考えている企業は67%ですが、実際に取り組んでいる企業は35%と多くなく、どのような施策を行ったら良いかわからない現状があると予想されます。今回はリテンション施策の考え方や着眼点、リテンション施策の具体例について説明します。

人事のリテンションの意味とは?優秀な人材の流出対策を実施しよう!

売り手市場によって人材の新規獲得が難しくなる中、既存人材の流出も大きな問題となっています。スキルがあり業績への貢献度が高い優秀な人材ほど、他社からの評価も高くなるため、流出しやすい恐れがあります。人材の流出を防ぐためにリテンション施策が注目されています。しかしリテンションについて対応している企業は2016年時点で35%とまだ多くないのが現状です。リテンションの定義や目的、活用するメリットや注意点について説明します。

離職率の高い原因や理由とは?下げるために根本となる課題を対策しよう

離職率の高い会社には、離職理由として3つの共通点があります。ある調査結果では、約42%の人事担当者が自社の離職率の高さに悩んでいますが、実際に対策を行っている企業は約35%となっています。離職率が高い・適正な値に保つことが大切だと考えながらも、施策に落とし込めていない企業が多いことを意味しています。離職理由として挙げられる3つの理由を知ることで、同じ理由で離職が起こらないように対策を行う、自社の現状から離職が引き起こる可能性を読み取って対応するなど、まずは自社のことを振り返ってみましょう。

離職率の高い会社の特徴とは?定着率の悪い会社には共通点がある!

新卒や中途採用において求職者が最も気になるのが「離職率」です。新卒採用における入社3年での離職率が30%と言われ続けていますが、自社の離職率を高いと感じている人事担当者の方も多くいます。この記事では実際に離職率が高い企業を分析し、離職率の高い会社に共通する特徴を5つを紹介します。離職率を減らすためには、離職率の高い企業に共通する特徴をしっかりと把握して、自社にも共通する項目があれば、自社の制度なども見直してみましょう。

職場の離職率が高い・低いことによるメリット・デメリットとは?

応募者から離職率を聞かれた際に、一般的な離職率より自社の離職率が高い場合、応募者への伝え方などには悩んでいませんか?この記事では単純に「離職率が低い」=良い企業という図式ではなく、離職率が低い場合のメリットとデメリット、そして離職率が高い場合のメリットとデメリットを分析して解説します。離職率が高いけれど、それをどうにか前向きな表現を持って伝えたい人事担当者、また離職率が高い職場でこそ活躍してくれる可能性のある人材についても説明します。

社内(インナー)コミュニケーション活性化とは?意味やメリットについて

働き方改革が話題になっている昨今、「社内のコミュニケーション活性化」に注目している企業は多くあります。社内(インナー)コミュニケーションは弾力ある組織作りと同時に、業績にも大きく影響します。ここでは、活性化するための基本のポイントについてご紹介します。

離職率と定着率の計算(算出)方法とは?自社の離職率の求め方を知ろう

従業員の離職に関する指標として、離職率(定着率)があります。企業にとって社員の離職は深刻な問題であり、自社の状況を把握するためにも離職率を計算することは大切です。厚生労働省が定める離職率(定着率)の意味や定義と計算方法、産業別の平均数字を紹介しながら、人事担当者・経営者として自社の離職率とどう向き合うべきかを説明します。

カルチャーフィットは何故良いのか?個人と個人、組織と個人の相性を考える

カルチャーフィット採用など、カルチャーフィットという言葉が注目されています。カルチャーフィット採用とは、採用項目や採用基準において「組織風土や企業文化、社風との相性がよい」ことに重点を置く採用のことです。一方でダイバーシティという言葉があるように「類似性ではなく多様性を重視する」ことの重要性も注目されています。今回はなぜカルチャーフィットにメリットがあるのか「人間は違う者同士が惹かれ合うのか、似たもの同士が惹かれ合うのか」の問題に対して心理学・社会学研究からの学術的見解と、カルチャーフィットを行うメリット、なぜカルチャーフィットが良いとされているのかの意味について説明します。