記事カテゴリー

「 離職率 」一覧

離職率が低い会社の特徴や理由とは?離職率改善を諦めないために

離職率の高い企業に共通する特徴や理由があるだけでなく、離職率の低い企業や産業にも共通する特徴や理由が存在します。厚生労働省の調査データなどを用いて、離職率の低い産業や企業に共通する特徴や理由を分析します。自社で変えられないものだけでなく、自社でも変えられるものもあります。早期離職のコストと離職率を低下させる施策の導入コストと比較することで、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

社内でのキャリアアップを考える重要性とは?スキルアップとの違いを明確にしよう

キャリアアップは転職活動に限らず、自社の優秀な人材を確保する上でも重要な概念です。将来の企業を担う幹部候補の人材や、平成生まれの従業員は「自社ではキャリア成長が望めない」「よりキャリアアップできる環境に移りたい」との理由で退職をしています。自社でキャリアアップ環境を作ることは、優秀な人材の離職防止だけでなく、優秀な人材の採用にも活用できます。今回は自社のキャリアアップを考えることのメリットやデメリット、注意点について説明します。

RJP事例に学ぶ〜RJP理論を取り入れた採用成功事例とは〜

ポジティブな情報だけでなくネガティブ情報も含めて、リアルな現場を伝えるRJP理論(Realistic Job Preview)。ネガティブな情報を伝えることで母集団形成ができなくなるとの懸念はありますが、アメリカでは40年以上研究・実証され、一部の日本企業でも導入されています。リアルを伝えることで、入社後のミスマッチが減り、定着し活躍する人材の採用が可能になった企業も多くあります。今回は日本企業におけるRJP理論を取り入れた採用戦略の事例について説明します。

RJP理論とは?ネガティブな情報も伝えることで入社後のミスマッチを防ごう!

人材の獲得が難しくなっていく中、採用段階で早期離職を防止する施策にも注目が集まっています。採用の前に、自社のポジティブな情報だけでなくネガティブな情報も公表する「RJP理論(Realistic Job Preview)」がアメリカで1970年代に提唱され、広く研究・実証されているものがあります。日本では「ネガティブ情報を公開することで人が集まらなくなるのでは」との懸念があると思いますが、アメリカではそれを補って余りあるほどの実証効果があります。今回はRJP理論の概要について説明します。

M字カーブとは?意味やデメリット、女性活躍推進の現状について

M字カーブとは、女性の労働力比率をグラフにした場合に、20代後半から40代前半にかけて離職して就業していない状況を意味する言葉です。M字カーブは結婚や出産のライフイベントによって引き起こされますが、政府の女性活躍推進活動などにより、現在は改善傾向にあります。M字カーブが発生する原因や企業にもたらすデメリット、M字カーブを改善する取り組み内容の例などを説明します。

M字カーブになる原因と解消・改善されつつある理由とは?

M字カーブは、女性の世代別労働力率をグラフ化したときに、結婚や出産を機に仕事を辞めてしまう現象が可視化されたものです。現在でもM字カーブの傾向は続いているものの、30年前などと比べても改善傾向にありますが、国際社会水準とはまだ言えません。M字カーブが発生した原因や改善傾向にある理由について説明します。

離職率を改善する取り組み対策とは?離職防止のために目的を明確にする

離職率が高い会社に共通する3つの課題があります。3つの課題とは「人間関係がうまくいかない」「評価制度や給与水準が明確でない」「経営方針や企業理念が浸透していない」です。目先の離職率を改善するのではなく、根本の原因から解決して離職率を継続的に低下させるためには、自社で特に問題のある課題に優先順位をつけて解決しなければなりません。今回はこの3つの課題に対して、何故離職率が高くなるのか、どのように改善すべきかについて説明します。

離職率が高い問題点とは?離職が引き起こすデメリットを理解しよう

離職率が高いことによって生じる企業の問題点は様々挙げられます。従業員が辞めるだけでなく、社内の他の従業員はもちろんのこと、社外に対しても大きな影響を与えています。離職率が高いことによって引き起こるデメリットとして、より実務に直結した問題点について説明します。

リテンションマネジメントとは?優秀な人材の流出を防止し、確保する

優秀な人材の流出を防止するリテンションですが、施策だけでなく、マネジメント段階まで落とし込むことが大切です。リテンションマネジメントでは「人材の流出を防ぐ」就業環境づくりが重視されます。リテンションマネジメントの意味や定義、目的などの概要について説明します。

社風が合わないを判定する方法とは?退職理由から会社に合う人材を採用しよう!

社風が合わないが早期退職理由の上位に挙げられています。社風自体には良い・悪いはないため、合う・合わないで判断されるべきですが、多くの企業で「社風に合う人材」を採用できていないことを示唆しています。社風に合うか合わないかを判定するためには「社風の見極め」「人材の見極め」「相性の見極め」の3ステップが必要です。各ステップのやり方などについて説明します。