記事カテゴリー

「 離職率 」一覧

従業員の離職を防止するために、施策と期待のギャップを認識しよう

従業員の離職防止は多くの企業における課題となっています。離職防止施策として企業内訓練などを実施する企業は多いですが、従業員側は離職防止施策としてはあまり効果がないと回答しています。離職防止施策を実施するためには、組織が一方的に施策を考えるだけでなく、従業員が何を求めているのか、従業員が離職してしまう理由は何かを把握して効果的な防止施策を講じることが大切です。今回は従業員の離職を防止するために企業が実施している施策と従業員が期待する施策のギャップについて説明します。

離職防止のために対策すべき課題とは?効果的な施策を選択しよう

離職率の改善はあらゆる企業にとって重要な課題となっています。主な離職理由として一般的に人間関係や待遇、仕事内容への不満や会社の将来への不安などが挙げられますが、どれも採用段階で丁寧に理解を確認し入社前後のギャップをなくすこと、入社後には定期的なカウンセリングなどで不満を大ききになる前に把握し解決に取り組むことが大切です。今回は離職防止のために対策すべき課題について説明します。

離職防止のソリューションとは?退職理由から改善施策を考えると

離職を防止する方法としては「自社で発生した離職理由」と「一般的に多い離職理由」の2種類を改善するアプローチがあります。一般的に多い離職理由として共通しているのは「入社前に思い描いていた理想と入社後に感じた現実とのミスマッチ・ギャップ」です。今回は一般的に多い離職理由から、離職を防止するソリューションについて説明します。

クランボルツの意思決定理論とは?予測が難しい中で活用できるキャリア理論

意思決定理論とはキャリアを選択していく意思決定そのものに焦点を当てた考え方です。クランボルツの意思決定では、人の特性だけでなく環境や学習経験なども意思決定に用いられることをモデル化し、偶然の出来事や出会いについても積極的に活用すべきであると提唱しています。今回はクランボルツの意思決定理論について説明します。

心理的契約の具体例とは?期待や約束を明文化しミスマッチを防ごう

心理的契約とは「当該個人と他者との間の互恵的な交換において合意された項目や条件に関する個人の信念」のことです。心理的契約が有効に機能していると「大事にされている」「信頼されている」と感じますが、ミスマッチが起こってしまうと「こんなはずじゃなかった」と問題を生じる可能性があります。今回は心理的契約の具体例について説明します。

離職を防止するメリットとは?コスト削減や労働生産性の向上など様々!

多くの企業が人材獲得や人材確保に課題を抱えています。労働力人口が減少して新規人材の獲得が難しくなる中で、既存従業員の離職を防止するメリットとしてコスト削減や労働生産性の向上など様々なことが挙げられます。今回は離職を防止することによって得られるメリットについて説明します。

ジェラットの合理的意思決定理論と積極的不確実性とは?

意思決定理論とはキャリアを選択していく意思決定そのものに焦点を当てた考え方です。ジェラットの意思決定理論は合理的な意思決定をモデル化しましたが、変化の激しい時代には不確実なことが多いために柔軟な意思決定が求められると提唱しています。今回はジェラットの意思決定理論について説明します。

心理的契約とは?暗黙のミスマッチをなくし、早期離職を防止するために

心理的契約とは「当該個人と他者との間の互恵的な交換において合意された項目や条件に関する個人の信念」のことです。企業から従業員への期待や約束などは労働契約書などに明文化されていないものであり、明文化されていないためにミスマッチも引き起こしやすいものです。今回は心理的契約について説明します。

意思決定理論とは?今後のキャリア選択で大切にしたいポイントを理解する

意思決定理論とはキャリアを選択していく意思決定そのものに焦点を当てた考え方です。職業選択などの重要な意思決定におけるプロセスやスタイルを理解することで、今後の重大な意思決定にも役立てられ、従業員個人の今後のキャリアも考慮した人事異動などにも活用できます。今回は意思決定理論の概要や活用するメリットについて説明します。

ウィリアムソンの特性因子理論とは?人材アセスメントを有効活用しよう

特定因子理論とは、キャリアカウンセリング理論の一つであり、人と仕事のマッチングを考慮した理論です。ウィリアムソンはキャリアに関する課題を4分類し、人材アセスメントなどの結果を用いてキャリアカウンセリングを行う理論です。今回は人材の適材適所を実現するヒントとなるウィリアムソンの特定因子理論について説明します。