記事カテゴリー

「 離職率 」一覧

仕事を辞めない人材を獲得するための「求める人物像」の作り方とは

求人市場では求職者数よりも求人件数が上回る売り手市場となっており、企業間の競争が激化の一途をたどっています。さらに、新たな人材が獲得できたとしても早期離職となってしまうことも少なくなく、辞めない人材の確保が重要な人事課題になっています。この記事では、辞めない人材を獲得するためには「求める人物像」をどのように設定し、採用活動を行うべきかを検討します。

仕事を辞めない人づくりとは?職場環境・教育制度の改善を行おう!

多くの企業で「人手不足」が叫ばれている昨今、新たな人材獲得だけでなく、今いる従業員の離職を防ぐことも大切な人事課題となっています。主な離職理由として挙げられるのは「待遇・人間関係・やりがい」の3つです。人事業務として、これらに何らかの対策を講じることは可能でしょうか?この記事では、職場環境や教育制度の改善により、どのように「仕事を辞めない人づくり」を行えるかを説明します。

仕事をすぐに辞める人材の特徴とは?採用要件や人事評価に反映しよう

求人倍率は右肩上がりで上昇し続ける昨今、採用難易度が高く人手不足が深刻化しています。人を採りにくい時代だからこそ、従業員の離職率を改善することは採用と同じくらい大事な人事業務だと言えます。注目したいのが「どういう人が辞めやすいのか」ということです。この記事では、仕事をすぐ辞める人の特徴を整理し、人材マネジメントの効率アップのヒントを探ります。

仕事を辞めない人材の3つの特徴と「仕事を辞めれない」理由とは

現在、日本では求人倍率が増加の一途を辿っており新たな人材確保が非常に難しい状況にあります。だからこそ大切なのは離職率を低下させることです。長期的に自社で活躍できる人材の確保が大切になります。この記事では、早期離職の現状などを振り返りながら、仕事を辞めない人の特徴を紹介します。

キャリアショックへの対策とは?企業側からできる対策の方法について

キャリアショックとは、想定外の外的要因によって個人のキャリアが突然崩壊してしまうことを意味する言葉です。キャリアショックは社員のモチベーション低下や離職率の増加など、企業にとって様々な悪影響があるため、対策の方法を知っておく必要があります。今回はキャリアショックの原因や影響、企業ができる対策の方法についてご紹介します。

キャリアショックとは?意味や定義、発生原因や企業への影響について

キャリアショックとは、想定外の外的要因によって個人のキャリアが突然崩壊してしまうことを意味する言葉です。キャリアショックへの対策を怠ると、社員のモチベーション低下や離職率増加など、企業にとって様々な悪影響を及ぼします。今回はキャリアショックの意味や定義、キャリアショックが起こる原因や企業に与える影響についてご紹介します。

キャリアクライシスの原因とは?企業への悪影響や対策方法について

キャリアクライシスとは、個人が積み上げてきたキャリアが崩壊する危機に直面することや、キャリア崩壊の危機そのもののことを意味します。キャリアクライシスを防止・改善するためには、社員自身で解決するのを待つだけではなく、企業側からのアプローチも大切になります。今回はキャリアクライシスの原因や企業への影響、キャリアクライシスを防止・改善するための対策方法についてご紹介します。

キャリアクライシスとは?意味や定義、企業への影響や原因について

キャリアクライシスとは、個人が積み上げてきたキャリアが崩壊する危機に直面することや、キャリア崩壊の危機そのもののことを意味します。社員にキャリアクライシスが起きると、仕事のモチベーションや生産性の低下が発生し、離職につながることもあります。今回はキャリアクライシスの意味や定義、キャリアクライシスが起きる原因や企業に与える影響についてご説明します。

早期離職防止ガイドブックとは?ガイドブックの内容を簡単にご紹介!

早期離職防止ガイドブックとは、公益財団法人東京しごと財団/東京しごとセンター・ヤングコーナーが発行している「早期離職を防ぐ」ことを目的としたガイドブックです。早期離職防止ガイドブックは、若手社員の早期離職防止や定着率向上に役立つ様々な内容が紹介されています。今回は、早期離職防止ガイドブックの概要を簡単にまとめてご紹介します。

早期離職のデメリットとは?残った社員や求人活動への悪影響について

早期離職によって引き起こされるデメリットは、企業に様々な悪影響をもたらします。早期離職のデメリットは、採用コストや教育コストの金銭的損失だけでなく、残った社員のモチベーション低下や求人募集の応募者減少にもつながります。今回は、早期離職が企業にもたらすデメリットについて詳しくご紹介します。