記事カテゴリー

「 離職率 」一覧

人手不足倒産の推移とは?今後の日本で人手不足倒産は増え続けるのか

人手不足倒産とは、人手が不足することで会社が倒産することです。業績悪化などによる倒産件数はあまり変化していない一方で、人手不足倒産件数は増加しているため、人手不足倒産の割合が増加しています。人手不足倒産を回避するためには、早い段階で対策することが大切です。今回は人手不足倒産の推移や今後の傾向について説明します。

ミスマッチ失業率とは?企業の人材不足を解消する糸口について

ミスマッチ失業率とは、求人の受給に関わらず、企業と求職者のミスマッチにより起こる失業のことです。ミスマッチ失業率は均衡失業率の一つと言われており、景気に左右されない条件面などでのミスマッチによって引き起こされます。今回はミスマッチ失業率について説明します。

人手不足倒産とは?少子高齢社会で人手不足を解消するために必要なこと

人手不足倒産についての記事です。人手不足倒産の原因や理由、また、人手不足倒産を防ぐための対策について説明します。人手不足倒産という言葉は知っているが、具体的な実感はわかない人事担当者や経営者の方、いつか人手不足倒産に陥るかもと懸念しているが、具体的な対策や行動にまで落とし込めていない人事担当者や経営者の方に向けた記事です。

若者の離職率の改善に向けた効果的な対策方法や施策とは?

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。離職理由として多く挙げられているのは、仕事や業務内容、人間関係、労働条件のミスマッチです。今回はそれぞれの離職理由から考えられる効果的な対策方法や施策について説明します。

若者の離職理由とは?仕事・人間関係・労働条件のミスマッチを改善しよう

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。離職理由として多く挙げられているのは、仕事や業務内容、人間関係、労働条件のミスマッチです。早期離職を防止するためには、自社の離職理由に多いものから対策することが大切です。今回は若者の離職理由をデータから読み解きます。

若者の離職率の現状とは?データから自社の数値を比較してみよう

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。しかし3割という数字は性別や年齢、雇用形態や事業規模によって違いがあります。自社の離職率を改善するためには、3割という数字を基準に考えるのではなく、自社の従業員規模などとあった数字を基準に考えることが大切です。今回はデータからみる若者の離職率の現状について説明します。

離職防止に効果的な研修内容とは?役職別に内容を分けよう

離職防止を目的とした企業内研修が実施されることが多々あります。企業が最も力を入れる対策として企業内研修が挙げられていますが、従業員が求める対策ではないことに注意が必要です。その上で企業内研修を離職防止に役立てるにはどのようにしたら良いでしょうか?今回は離職防止に効果的な研修内容について説明します。

離職防止におけるコミュニケーションの重要性とは?窓口や研修を活用する

離職率の改善において適切なコミュニケーションは重要です。人間関係の問題は離職理由の上位に挙げられているだけでなく、職場の満足度や勤続意欲にも人間関係は影響を与えています。今回は離職防止におけるコミュニケーションの重要性について説明します。

従業員の離職を防止するために、施策と期待のギャップを認識しよう

従業員の離職防止は多くの企業における課題となっています。離職防止施策として企業内訓練などを実施する企業は多いですが、従業員側は離職防止施策としてはあまり効果がないと回答しています。離職防止施策を実施するためには、組織が一方的に施策を考えるだけでなく、従業員が何を求めているのか、従業員が離職してしまう理由は何かを把握して効果的な防止施策を講じることが大切です。今回は従業員の離職を防止するために企業が実施している施策と従業員が期待する施策のギャップについて説明します。