記事カテゴリー

「 離職率 」一覧

従業員満足度ランキング上位企業の取組内容とは?何故満足度が高いのか

多くの調査で日本企業の従業員満足度が低いと報じられています。一方で、全ての企業が低いわけではなく、従業員満足度が高い企業ももちろん存在します。従業員満足度の高い企業ではどのような取り組みがされているのでしょうか?今回は従業員満足度ランキング上位企業の取組内容について紹介します。

従業員満足度を上げる具体的取り組みとは?5つの要因を理解しよう

従業員満足度を上げるためには、従業員満足度調査で現状を把握して具体的な改善施策を実施することが必要です。従業員満足度を向上させる5つの要素を理解し、何に課題があるのかを理解しなければなりません。今回は従業員満足度を向上させる具体的な取り組みについて説明します。

従業員満足度調査のアンケート項目とは?質問の具体例について

従業員満足度を向上させるためには、現状と課題の認識、改善策の立案が大切です。そのためには従業員満足度調査を行う必要があります。従業員満足度調査では、従業員から本音を引き出しながら、調査目的に沿った質問に絞ることで従業員の負担を軽減しながら実施することが大切です。今回は従業員満足度調査のアンケート項目や質問の具体例について説明します。

従業員満足度調査の目的と流れとは?課題を明確にして改善し続ける

従業員満足度を向上させるためには、現状と課題の認識、改善策の立案が大切です。そのためには従業員満足度調査を行う必要があります。従業員満足度調査では、調査を行うことが目的ではなく、課題や改善策を明確にすることが目的です。今回は従業員満足度調査を行う目的や流れについて説明します。

従業員満足度とは?企業に与える影響やメリット・デメリットについて

従業員満足度(Employee Satisfaction(ES))とは、従業員の社内での満足度を表す指標です。柔魚員満足度は、単純に従業員の幸福につながるだけでなく、企業の業績や今後の成長にも関わる重要な経営指標になります。今回は従業員満足度が企業に与える影響や、従業員満足度を活用するメリットとデメリットについて説明します。

採ってはいけない人の見極め方とは?採用するリスクを理解しよう

人材採用には多くの課題があり、特に新卒社員の3年以内の離職率は3割を超えているともよく報道されています。早期離職で生じるのは人員不足だけではありません。新人はほとんど企業利益に貢献していないので、採用や教育にかかったお金や人材が無駄になります。そうしたリスクを排除するためにも「採ってはいけない人」を見極める方法を知っておく必要があります。

採ってはいけない人材とは?人材要件や見極め方を明確にしよう

人材採用には多くの課題があり、特に新卒社員の3年以内の離職率は3割を超えているともよく報道されています。採用の目的は事業を行い、利益を出すためです。早期離職や社内失業者が多発すると、人材を抱えることでむしろ赤字を背負うことになるので「採ってはいけない人材」には注意が必要です。この記事では、採用における注意点を紹介します。

採るべき人、採ってはいけない人材の特徴や見分け方とは?

採用活動は「ただ人を採用すればよい」というわけではありません。戦力として長期的に自社で活躍してくれることが想定でき、社内利益を得るのに貢献できる人材でなければ雇うこと自体が赤字になります。だからこそ「採るべき人」と「採ってはいけない人」というのは明確に存在しており、その見極めが大切。この記事では、両者の特徴を紹介し、人材の見分け方について考察します。

仕事をすぐ辞める人の見分け方とは?採用要件や評価基準を明確にしよう

リーマンショック以降、採用難の時代が続いています。求人市場の企業間競争が年々激しくなっていくなか、新規人材の獲得と同時に離職率を下げることも大切です。会社にとって大きな損害にもなる早期離職を減らすためには、採用の段階ですぐ辞める人を見極めることが重要です。この記事では、仕事をすぐ辞める人の特徴を紹介し、見分け方のポイントについて考察します。

仕事を辞めない人材を獲得するための「求める人物像」の作り方とは

求人市場では求職者数よりも求人件数が上回る売り手市場となっており、企業間の競争が激化の一途をたどっています。さらに、新たな人材が獲得できたとしても早期離職となってしまうことも少なくなく、辞めない人材の確保が重要な人事課題になっています。この記事では、辞めない人材を獲得するためには「求める人物像」をどのように設定し、採用活動を行うべきかを検討します。