キャリアショックとは?意味や定義、発生原因や企業への影響について

キャリアショックが問題になっている背景とは?

キャリアショックとは、個人が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことを意味する言葉です。

現代のビジネスは、VUCA時代と呼ばれる将来の予測が困難な状況となっています。将来の予測の難しさは、企業のビジネスに対してだけでなく、個人のキャリアに対しても大きな影響を及ぼします。

VUCAとは、様々な要素によって形成される予測不可能な状況を表すビジネス用語です。予測不可能な要素ばかりの現代ビジネスを勝ち抜くためには、VUCAを認識し対応することが必要不可欠です。今回はVUCAの意味と、VUCAとはどのような概念なのかについてご説明します。

野村総合研究所によると、ロボットや人工知能などのテクノロジーの発達により、今まで人が担当していた業務の置き換わりが始まっており、今後10年〜20年間で人口の半分の仕事が人工知能に取って代わられると予想されています。

参考URL『野村総合研究所』日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に

将来的になくなる職種についての議論が多くされていることは、どこかで耳にされた人も多いのではないでしょうか。将来の予測ができない時代である現在において、予測もしていなかった出来事から個人のキャリアが崩壊してしまうことを「キャリアショック」といいます。

今回の記事では、キャリアショックの意味や定義、キャリアショックが起こる原因や企業に与える影響についてご紹介します。

キャリアショックとは?意味や定義、キャリアショックが起こる原因や企業への影響について

キャリアショックの意味や定義

キャリアショックとは、個人が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことを意味する言葉です。

キャリアショックという言葉は、現代のビジネスパーソンの誰もが陥る可能性のあるリスクとして、慶應義塾大学大学院特任教授である高橋俊介氏が著書で提唱した概念です。

企業の人材マネジメントにおいては、社員のキャリアショックをいかに防止するかが重要な課題になります。

キャリアショックを起こした社員の症状とは?

キャリアショックを起こした社員は「自分が今まで頑張ってきたことが認められなかった・評価されなかった」と感じてしまい、今までの積み重ねたキャリアがなくなってしまったような喪失感や焦燥感を感じます。

キャリアショックに陥ると、仕事に対する意欲やモチベーションが低下し、仕事に対してだけでなく会社や組織に対しての不信感が増大します。仕事へのモチベーションも会社への信用も失った社員は、生産性が低下するだけでなく、退職を選んでしまう場合もあります。

キャリアショックが起こる原因とは?

キャリアショックは、社員が自身のキャリアについて予想もしていなかったような「減給や降格を言い渡される」「希望していなかった部署に異動が命じられる」「現在の仕事がなくなる」といった突然の出来事が原因で起こります。

キャリアショックが起こりやすいタイミングとしては、役職定年制度による異動や産休・育休制度によるキャリアの中断などが挙げられます。望まない異動でプライドが傷ついたり、キャリアが中断されることを不利に感じたりすると、キャリアショックの原因となります。

キャリアとは「積み重ねるもの」「蓄積するもの」といったイメージを多くの人が強くもっているため、せっかく積み重ねた経験や蓄積したノウハウがなくなってしまう・無駄になってしまうのではという落胆・喪失感こそが、キャリアショックを引き起こす要因といえます。

キャリアショックが企業に与える影響とは?

キャリアショックが企業に与える影響としては、社員の仕事に対する意欲やモチベーションの低下によって、生産性の低下や組織の雰囲気の悪化が起こることが挙げられます。

キャリアショックを起こした社員は会社への信用を失っていることが多いため、周囲の社員に主観的な愚痴や会社の悪口を広め、組織全体にキャリアショックを伝染させてしまう危険があります。組織全体にキャリアショックが伝染すると、極端な生産性の低下や集団退職につながる可能性があるため、企業にとって致命的な悪影響があります。

キャリアショックへの対策は、社員に対するメンタルヘルス対策としてだけでなく、企業全体のリスクマネジメントとしても非常に重要なのです。

キャリアショックは企業にとって大きなリスクになる

キャリアショックとは、個人が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことを意味する言葉です。

キャリアショックは、社員が自身のキャリアについて予想もしていなかったような「減給や降格を言い渡される」「希望していなかった部署に異動が命じられる」「現在の仕事がなくなる」といった突然の出来事が原因で起こります。

キャリアショックを起こした社員は、仕事に対する意欲やモチベーションが低下し、仕事に対してだけでなく会社や組織に対しての不信感が増大します。会社への信用を失った社員は、周囲の社員に主観的な愚痴や会社の悪口を広め、組織全体にキャリアショックを伝染させてしまう危険があります。

社員に対するメンタルヘルス対策としてだけでなく、企業全体のリスクマネジメントとしても重要な施策として、キャリアショックへの対策は急務と言えるでしょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ