記事カテゴリー

「 評価制度 」一覧

障害者採用の給与水準とは?現状や給与設定の考え方について

民間企業の障害者法定雇用率は2.2%で社員を45.5人以上雇用してる企業は障害者を雇用する義務が発生します。障害者採用や雇用をすすめる上で、障害者の賃金を決めなくてはいけません、実際の障害者労働者の給与水準や決め方はどのようになっているのでしょうか。今回は障害者雇用における給与水準や賃金の決め方、考え方などについて説明します。

抜擢人事の導入に成功した企業の事例とは?導入成功のコツについて

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事には、導入の失敗要因や失敗した際のリスクが数多く存在するため、成功事例にもとづいた事前準備をしっかりと行う必要があります。今回は、抜擢人事の導入に成功した企業の事例についてご紹介します。

抜擢人事が失敗する理由とは?失敗の原因や対策方法について

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事の導入に失敗すると、社内の人間関係の悪化や組織全体の結束力の崩壊など、企業にさまざまな悪影響を及ぼす危険があります。今回は、抜擢人事が失敗してしまう原因や対策方法についてご紹介します。

抜擢人事が注目されている理由とは?導入を成功させる要素について

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事は、組織を活発化させる起爆剤となる反面、組織内の人間関係を悪化させる危険がある点に注意が必要です。今回は、抜擢人事が注目されている理由や、導入を成功させる要素についてご紹介します。

抜擢人事とは?意味や目的、企業のメリット・デメリットについて

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事では「誰にでもチャンスがある」という環境が作れるため、若手を中心とした社員のモチベーションを向上させ、組織全体の活性化につながります。今回は、会社側が適切な配属を行うために実施される「抜擢人事」についてご紹介します。

優秀な人材に選ばれる企業の特徴とは?魅力的な企業の4つのポイント

優秀な人材とは、業績に貢献できる高い能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。優秀な人材が魅力的に感じる企業には共通の特徴があり、優秀な人材にとって魅力的な企業になるべく努力することは、優秀な人材の採用や定着を図る上で非常に重要です。今回は、優秀な人材の特徴と、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴についてご紹介します。

人材アセスメントの手法とは?人材採用や管理職昇格で活用しよう

人材アセスメントとは、人の性格や価値観などを可視化し、幅広い人事業務に活用できる評価技法です。人材アセスメントを正しく活用すれば、管理職候補の適性検査や人材と職務のミスマッチ防止だけでなく、人材の成長や組織の効率的な運用など、様々な人事業務に役立てられます。今回は人材アセスメントを実際の業務で人事活用する手法についてご説明します。

人材アセスメントツールとは?評価項目から適した種類を選択しよう

人材アセスメントとは、複数のシミュレーションや心理テストを通して、受講者の能力や適性を測る評価技法です。人材アセスメントで評価できる項目は多数ありますが、事業や組織の目的によって、評価する項目と使用するツールを正しく選ばなければなりません。今回は人材アセスメントを組織で活用するために有効な評価ツールについてご紹介します。

人材アセスメントの活用方法とは?人材の評価項目を設計しよう

人材アセスメントとは、人事評価だけでなく採用や教育研修にも活用できる、客観的かつ公平に能力や適性を見極める評価手法です。人材アセスメントを活用するためには、評価する項目を具体的に設定しなければなりません。今回は人材アセスメントがどのような能力や適性を評価できるのかについてご説明します。

人材アセスメントとは?管理職の育成・選抜に適性検査を活用しよう

人材アセスメントとは、客観的かつ公平に人材を評価できる手法であり、社員の人材配置や昇進・昇格の適性を測定できます。人材アセスメントを有効に活用すれば、従業員の不満を緩和できるだけでなく、人事業務の正確化と効率化も図れます。今回は人材アセスメント導入のメリットやデメリットと注意点、従来の人事評価との違いについてご説明します。