記事カテゴリー

「 評価制度 」一覧

人事評価が高い人材の特徴とは?人事制度改善はどう着手すべきなのか

人事評価制度が高い人には特徴があります。しかし正当な評価で高い評価を受ける人もいれば、正当でない評価で高い評価を受ける人も存在し、正当でなく高い評価を受けている人を放置してしまうと、周りの従業員からの不満が生じ、適切な人事評価制度の運用ができなくなるばかりか、高い評価を受けるべき人材の離職にもつながる可能性があります。今回は高い人事評価を受ける人材の特徴について説明します。

人事評価制度の導入事例とは?明確な目的を持って設計運用しよう

人事評価制度とは、社員の働きぶりについて会社側が客観的指標のもと評価を行うシステムのことです。人事評価制度では、どのような人材を育てるのかを明確にして設計し、適切な運用を行うことで実際に人材を育成することが大切です。今回は特徴的な人事評価制度を設計して成功した企業事例について説明します。

近接誤差が生まれる原因や対策方法とは?客観性と手軽さがポイント

近接誤差とは、直近の出来事の方が強く印象に残ってしまい、評価期間全体の実際の成果よりも評価が高くなったり低くなったりしてしまう心理的偏向の一種です。近接誤差は主観による評価や面倒臭さから評価を後回しにしてしまうことで生じてしまいます。今回は近接誤差が発生する原因や対策方法について説明します。

人事評価シートを作るための基礎知識とサンプルについて理解しよう

人事評価シートとは、人事評価の対象となる項目についての客観的な評価を記すものです。人事評価シートは平等かつ効率的な人材管理のほか、人材育成の観点からも利用価値が高い代物です。今回は人事評価シートを作るならばどんな項目を設定すべきかを、サンプルを見ながら紹介します。

近接誤差とは?最新の成果のみが全体の評価に影響を与えてしまう

近接誤差とは、直近の出来事の方が強く印象に残ってしまい、評価期間全体の実際の成果よりも評価が高くなったり低くなったりしてしまう心理的偏向の一種です。近接誤差による評価エラーが常態化してしまうと、評価期間の最後だけ頑張れば良いとなってしまい、序盤や中盤のモチベーション低下を招きます。今回は近接誤差について説明します。

人事評価シートとは?活用する目的やメリット・デメリットについて

人事評価シートとは、人事評価の対象となる項目についての客観的な評価を記すものです。人事評価制度を運用する上で、評価項目や評価基準が明確になることで公平・公正な評価がしやすくなるメリットがありますが、センシティブな情報を多く含むことや活用具合は上司によって左右されるため、運用には注意が必要です。今回は人事評価シートについて説明します。

逆算化傾向が起きる原因や対策方法とは?人事評価の目的を周知しよう

逆算化傾向とは、人材の評価を行う際に最初に総合評価を決めてしまい、帳尻を合わせるように細かい評価を調整してしまう心理的偏向の一種です。理由を後付にした人事評価を行うことで、人事評価制度の崩壊を招いてしまうため、人事評価制度の目的や重要性について周知することが対策方法として挙げられます。今回は逆算化傾向が起きる原因や対策方法について説明します。

人事評価制度に対する不満とは?内容を理解し、対策方法を考えよう

人事評価制度とは、社員の働きぶりについて会社側が客観的指標のもと評価を行うシステムのことです。人事評価制度が重要であることを多くの人が理解している一方で、多くの従業員が人事評価制度に不満を感じていることも事実です。今回は人事評価制度に対する不満の内容や対策方法について説明します。

逆算化傾向とは?総合評価や昇進ありきの人事評価は周囲に悪影響を与える

逆算化傾向とは、人材の評価を行う際に最初に総合評価を決めてしまい、帳尻を合わせるように細かい評価を調整してしまう心理的偏向の一種です。逆算化傾向が現れると、人事評価が上司の印象によって決まってしまい、各従業員の長所・短所が正しく査定されないという問題点が生じます。今回は逆算化傾向について説明します。

主観での人事評価から脱却するポイントとは?定量情報まで細分化しよう

人事評価制度とは、社員の働きぶりについて会社側が客観的指標のもと評価を行うシステムのことです。人事評価では業績・能力・情意の3要素を評価することが大切ですが、評価の公平・公正さを保つためには主観からの評価から脱却することが大切です。今回は評価のブレが起きやすい定性情報を定量情報にすることの重要性や具体例について説明します。