記事カテゴリー

「 評価制度 」一覧

人材アセスメントが活用できる人事業務とは?有効な手法を考えよう!

人材アセスメントとは、人の性格や価値観などを可視化し、幅広い人事業務に活用できる評価技法です。人材アセスメントを正しく活用すれば、管理職候補の適性検査や人材と職務のミスマッチ防止だけでなく、人材の成長や組織の効率的な運用など、様々な人事業務に役立てられます。今回は人材アセスメントを実際の業務で人事活用する手法についてご説明します。

人材アセスメントツールとは?目的に最適な評価測定ツールを考えよう

人材アセスメントとは、複数のシミュレーションや心理テストを通して、受講者の能力や適性を測る評価技法です。人材アセスメントで評価できる項目は多数ありますが、事業や組織の目的によって、評価する項目と使用するツールを正しく選ばなければなりません。今回は人材アセスメントを組織で活用するために有効な評価ツールについてご紹介します。

人材アセスメントの活用方法とは?評価する項目を考えよう!

人材アセスメントとは、人事評価だけでなく採用や教育研修にも活用できる、客観的かつ公平に能力や適性を見極める評価手法です。人材アセスメントを活用するためには、評価する項目を具体的に設定しなければなりません。今回は人材アセスメントがどのような能力や適性を評価できるのかについてご説明します。

人材アセスメントとは?客観的な評価で人材の能力や適性を知ろう!

人材アセスメントとは、客観的かつ公平に人材を評価できる手法であり、社員の人材配置や昇進・昇格の適性を測定できます。人材アセスメントを有効に活用すれば、従業員の不満を緩和できるだけでなく、人事業務の正確化と効率化も図れます。今回は人材アセスメント導入のメリットやデメリットと注意点、従来の人事評価との違いについてご説明します。

テレワーク導入を阻害する課題とは?解決策は生産性向上にもつながる!

テレワークには様々な課題や問題点があり、導入・運用へのハードルとなっています。課題の一つひとつは解決が可能で、テレワークの課題を解決することは会社全体の生産性向上にもつなげることができます。今回はテレワークにおける課題や問題点と、課題に対する解決策についてご説明します。

キャリアパスを人事制度に活用する方法とは?採用や教育研修・評価に活かそう!

キャリアパスとは、目指す職位や職務に到達するための経験や能力の積み重ねを行う道筋や順序のことです。キャリアパスを明確にすることは、自社の理想の人物像を明確にすることでもあり、採用選考や教育研修制度、人事評価制度にも活用することができます。今回は自社独自のキャリアパスを構築する方法や人事制度への活用方法について説明します。

同一労働同一賃金では賞与(ボーナス)も対象となる!

正規・非正規間の不当な格差を是正する目的である「同一労働同一賃金」制度。基本給だけでなく、賞与も対象となっており、正社員と同様の貢献をしたアルバイトやパートタイム労働者にも、正社員と同様に賞与を支払う必要があると説明されています。一方で正社員と非正社員で業務内容や責務に大きな違いがある場合には、支払わなくても問題がないとの見解も示されています。今回は同一労働同一賃金制度における賞与の扱いについて説明します。

同一労働同一賃金の推進法案とは?実は既に始まっていた?

同一労働同一賃金推進法案について、現在も議論が交わされています。実は元となる法律として「職務待遇確保法」という法律が2015年9月から施行されています。しかし、この法律は様々な議論を経て「企業がそれぞれで解釈できる余地がある」「必ずしも措置を講ずる必要がない」など、実効性が弱い問題点がありました。この問題点を解決しようとしたのが、現在の同一労働同一賃金ガイドライン案による法改正です。今回は職務待遇確保法の目的や問題点、どのように改善しようとしているのかについて説明します。

日本ならでは同一労働同一賃金制度、メリットとデメリットとは?

正規・非正規間の格差を是正するために進められている「同一労働同一賃金」制度。EU諸国などとは働き方や評価が違うため、日本ならではの制度として法改正案が作成されています。近い将来、法改正によって同一労働同一賃金制度が運用されることによって、企業・労働者の双方に様々な影響があると考えられます。企業・労働者双方の視点から見た、同一労働同一賃金制度のメリットやデメリット、求められる対応やリスクについて説明します。

同一労働同一賃金ガイドライン案に書かれている内容とは?ポイントを説明

EU諸国では一般的な「同一労働同一賃金」制度は、日本との働き方が違う前提があるため、日本ならではの同一労働同一賃金制度を作る必要があります。日本企業の実態を反映し、関連法案の改正の指針をまとめた同一労働同一賃金ガイドライン案には、具体的なビジネスシーンでの問題例などの説明がされており、法律知識に詳しくない方でも理解しやすく書かれています。今回は同一労働同一賃金のガイドライン案の内容や、ガイドライン案を通じて政府が伝えたい内容を取りまとめて説明します。