記事カテゴリー

「 評価制度 」一覧

従業員が評価しあう360度評価の落とし穴とは?失敗例と対策を紹介

360度評価とは、上司や人事部だけでなく、共に働いている部下や同僚などの意見も取り入れて評価する制度です。360度評価を導入する企業は増えていますが、一方で導入していたのにも関わらず辞めてしまった企業も多くいます。今回は360度評価における失敗例や対策について説明します。

多様性を生む360度評価システムを導入するポイントとは?

360度評価とは、上司や人事部だけでなく、共に働いている部下や同僚などの意見も取り入れて評価する制度です。従来の人事評価制度でありがちだった「評価する側と評価される側のギャップ」を取り除く方法として期待されており、日本でも特に大手企業を中心に導入が進んでいます。今回は360度評価を導入するポイントについて説明します。

360度評価とは?従来の人事評価制度との違いやメリットについて

360度評価とは、上司や人事部だけでなく、共に働いている部下や同僚などの意見も取り入れて評価する制度です。従来の人事評価制度でありがちだった「評価する側と評価される側のギャップ」を取り除く方法として期待されており、日本でも特に大手企業を中心に導入が進んでいます。今回は360度評価について説明します。

人事考課制度導入で受給できる助成金とは?自社制度の整備に活用しよう

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人材の評価制度は従業員や組織の生産性向上に直結するため、厚生労働省も企業に制度を整備してもらうために助成金を設けて導入を促進しています。今回は人事考課制度の導入で受給できる人事評価改善等助成コースについて説明します。

人事考課表とは?シートの導入で従業員の成長を促進する!

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課に評価シートを導入することで、目標設定や進捗が明確になり、評価者自身も行動を変えられるだけでなく、情意といった定性的な評価についても納得感のある評価を行うことができます。今回は人事考課で使用できる評価シートについて説明します。

人事考課の面談の目的や実施すべき内容とは?適切な運用を実現するために

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課を運用する上で欠かせないのが評価者(部下)に対する面談です。目標の設定や進捗を共有し、目標を達成するための行動改善にもつながる面談ですが、適切な運用が求められます。今回は人事考課における面談について説明します。

人事考課の運用と目標設定・管理のポイントとは?定量目標も決めよう!

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課を効果的に運用する上では、従業員個人における目標設定は欠かせません。会社の目標とも連動した目標設定を行い、時には数値化できる目標を設定することも大切です。今回は人事考課における運用と目標設定・管理のポイントについて説明します。

人事考課制度を設計するために必要なこととは?人事戦略と紐付けよう

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課制度を設計する上では、従業員の何をどう評価するか、成果に対する報酬をどう分配するかを決めることが大切です。今回は人事考課制度を設計するために必要なことについて説明します。

人事考課とは?活用方法次第で生産性の向上にも低下にもつながる

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課を行う際は、公平かつ公正な評価をすることで取り組むべき業務や目標が明確になり従業員の成長を促進できますが、正しい運用が出来なかった場合には不平・不満を生む原因ともなります。今回は人事考課について説明します。

人事評価が低い人材の特徴とは?成果を出している場合には要注意である

人事評価制度が低い人には特徴があります。遅刻や欠勤もしていない、成果も出している人材の人事評価が低い場合には、適切な人事評価制度の設計・運用が出来ていない可能性が高く、成果を出しているのに人事評価が低い人材だけでなく、周りの従業員も人事評価制度への不満を抱え、優秀な人材であるほど離職してしまう可能性が高くなってしまいます。今回は人事評価が低い人の特徴について説明します。