記事カテゴリー

「 求める人物像 」一覧

ヒューマンスキル(対人関係能力)とは?項目や種類を知ろう!

ビジネススキルのなかでも、どんな人材にも大切なものが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルは、主にコミュニケーションや教育で発揮される能力で、ヒューマンスキルが高い人材は専門性やキャリアにとらわれず、どんなポジンションでも活躍することが期待できます。具体的にはどのようなスキルなのでしょうか?この記事では「ヒューマンスキル」を構成する7種類の能力の項目を紹介し、人事業務に活用することでどのような効果が期待できるかを説明します。

ビジネススキルの種類や分類とは?ビジネススキルを体系的に定義しよう!

一言でビジネススキルと説明しても、思い浮かべるスキルは様々あります。PCスキルといった専門的なスキルから、ビジネスマナーなどの社会人全般におけるスキル、管理者に求められるマネジメントスキルなどがあります。人材採用や人事考課でスキルを用いる際には、スキルの種類や分類を明確にして、具体的なスキルを明確にすることが大切です。カッツの理論(カッツモデル)では、ビジネススキルを3種類に分類し、現場のリーダークラスから経営層まで、求められるスキルの種類ごとに重要性が体系的に分類されています。今回はビジネススキルにおける分類であるカッツの理論(カッツモデル)でビジネススキルを活用する方法について説明します。

ポータブルスキルの種類や一覧とは?採用選考で見極めよう!

35歳〜55歳のミドル層人材の有効活用のために厚生労働省が提唱している「ポータブルスキル」。ポータブルスキルは大きく分けて「専門知識・専門技術」「仕事のしかた」「人との関わりかた」の3種類に分けられます。特に後者2つはさらに細かく分類されています。ポータブルスキルと類似する概念である「社会人基礎力」や「トランスファラブルスキル」についても、スキルの一覧を紹介しながら、それぞれがどんなスキルなのか、採用選考で活用する際に大切なポイントについて説明します。

ポータブルスキル(持ち出し可能な能力)とは?適応能力を見極める

スキルピラミッドでは「テクニカルスキル」「ポータブルスキル」「スタンス」で求職者のスペックやスキルを分類します。ポータブルスキルとは、持ち出し可能な能力とも呼ばれ、どんな会社でも適応できる能力を指しています。中途採用においては、前職での専門性の高さだけでなく、自社で活躍してくれるかの観点から、ポータブルスキルを見極めることが非常に重要です。今回は会社への適応能力を意味するポータブルスキル(持ち出し可能な能力)の意味や定義、活用するメリット・デメリットについて説明します。

コンピテンシー面接とは?メリットやデメリット、活用のポイントについて

コンピテンシーを評価項目としたコンピテンシー面接が、企業での採用選考の場はもちろんのこと、公務員試験や中学受験などでも使われています。コンピテンシー面接では、応募者のスキルや能力である行動特性を客観的に見抜くことができる手法です。コンピテンシー面接の概要やメリットとデメリット、活用のポイントについて説明します。

ケース面接とは?フェルミ推定との違いや問題の例題について

グーグルの採用面接でも使用されていた「ケース面接」は外資系金融やコンサルティングファームを中心に使われている手法です。ケース面接の元と言われているフェルミ推定との違いや、ケース面接のお題例、応募者の評価項目などについてご紹介しながら、今後自社の採用選考に導入すべきかの視点について、説明致します。

コンピテンシーモデルの問題点とは?成果を上げるために必要なこと

多くの企業で活用されている「コンピテンシーモデル」。コンピテンシーモデル自体の問題点を把握しておかなければ、導入したものの効果が実感できない、効果が出ない原因が分からないなどの状況に陥ってしまいます。コンピテンシーモデルの効果が得られないときに見直す6つの問題点について説明します。

コンピテンシーモデルとは?意味や定義、組織で活用する目的について

コンピテンシーモデルとは、人材の見えづらい行動特性であるコンピテンシーを職務や役職ごとに明確に定義したモデルのことです。コンピテンシーを活用するためには、自社独自のコンピテンシーモデルを作成することが必要不可欠です。コンピテンシーモデルの作り方の概要やモデル作成時の注意点、採用面接や人事評価制度への活用方法について説明します。