記事カテゴリー

「 求める人物像 」一覧

キャリブレーションとは?相手の気持ちに気づくコミュニケーションスキル

業界・業種未経験の人材を積極的に雇用する人事方針をとるならば、コミュニケーション能力は重要な評価基準となります。特に「相手が何をしたいか気がつくこと」は、人間関係の円滑化だけでなく、職場の生産性の向上にもつながります。「気がつく」スキルがキャリブレーションと呼ばれるものです。この記事では、キャリブレーションがどのようなスキルなのか、そしてビジネスシーンでどのようなメリットがあるかを紹介します。

仕事を辞めない人材を獲得するための「求める人物像」の作り方とは

求人市場では求職者数よりも求人件数が上回る売り手市場となっており、企業間の競争が激化の一途をたどっています。さらに、新たな人材が獲得できたとしても早期離職となってしまうことも少なくなく、辞めない人材の確保が重要な人事課題になっています。この記事では、辞めない人材を獲得するためには「求める人物像」をどのように設定し、採用活動を行うべきかを検討します。

プレゼンテーションスキルの向上方法とは?心掛けたい3つのポイント

ビジネスではプレゼンテーションをしなければならないシーンが度々訪れます。相手に意図を伝えるスキルでもあるプレゼン力ですが、実に7割以上のビジネスパーソンがそのスキルに不安を抱えているという調査結果も報告されています。ではどうすれば上手くなるのでしょうか?この記事では、プレゼンテーションスキルを向上させる3つのポイントを紹介します。

プレゼンテーションスキルを活用するメリットとは?細分化して考えよう

プレゼンテーションスキルは相手にお願いしたことをやってもらうために大切なスキルです。こちらの意見を伝え、理解してもらうことができて、はじめて人は動きます。一方的ではなく、双方的なコミュニケーションスキルと考えることもできるでしょう。この記事では、ビジネスシーンで不可欠なプレゼンテーションスキルとはなにかを解説し、実際にどのように活用していくかを紹介します。

仕事をすぐに辞める人材の特徴とは?採用要件や人事評価に反映しよう

求人倍率は右肩上がりで上昇し続ける昨今、採用難易度が高く人手不足が深刻化しています。人を採りにくい時代だからこそ、従業員の離職率を改善することは採用と同じくらい大事な人事業務だと言えます。注目したいのが「どういう人が辞めやすいのか」ということです。この記事では、仕事をすぐ辞める人の特徴を整理し、人材マネジメントの効率アップのヒントを探ります。

プレゼンテーションスキルとは?活用場面はプレゼンだけではない

プレゼンテーションスキルとは、自ら情報を発信するコミュニケーションスキルの一つです。社内会議や報告会、顧客との商談など、さまざまな場所でプレゼンテーションの機会がありますが、実に7割以上に登るビジネスパーソンがプレゼンテーションスキルに不安を抱えているといわれています。この記事では、プレゼンテーションスキルの概要、どんな技術を身につければプレゼンテーションスキルが向上するかを紹介します。

仕事を辞めない人材の3つの特徴と「仕事を辞めれない」理由とは

現在、日本では求人倍率が増加の一途を辿っており新たな人材確保が非常に難しい状況にあります。だからこそ大切なのは離職率を低下させることです。長期的に自社で活躍できる人材の確保が大切になります。この記事では、早期離職の現状などを振り返りながら、仕事を辞めない人の特徴を紹介します。