「 求める人物像 」一覧

ハイパフォーマーに育成する方法とは?何を育成するかを明確化しよう

組織の中でも高い成果を出すハイパフォーマー。ハイパフォーマーへの育成戦略は組織として非常に重要です。ミドルパフォーマーやローパフォーマーをハイパフォーマーに育成するためには、まず彼らだけが持ち合わせる特徴を明確にすることが重要です。自社ならではのハイパフォーマーを効率的に育成する方法について説明します。

ハイパフォーマーの特性の分析方法とは?特徴を抽出して人材活用に活かす

ハイパフォーマーの特徴が分かれば、採用要件だけでなく、人材育成などの人事戦略に組み込むことができます。組み込むためには自社のハイパフォーマーの特徴を分析する方法を知る必要があります。ハイパフォーマーを構成する要素には①思考や価値観②スキル③行動特性の3つの視点があります。それぞれの視点での分析方法について説明します。

「ハイパフォーマー」の特徴から人材育成を考える

売上の8割を生み出すと言われる上位2割の従業員であるハイパフォーマーですが、自社組織で活用する上で、まずはハイパフォーマーの特徴について知ることが大切です。ハイパフォーマーが持ちあわせているスキルなどをミドルパフォーマー、ローパフォーマーに身に付けさせることで、効率の良い人材育成が可能になります。今回はハイパフォーマーの特徴として、思考(価値観)、スキル、行動特性の3つの視点から説明します。

売上の8割を生み出す2割の人材、ハイパフォーマーの定義や特徴とは

パレートの法則はビジネスシーンでもよく用いられます。「売上の80%は上位20%のトップパフォーマーから構成される」など、売上に大きな影響を与える人材をハイパフォーマーと考えられます。常にハイパフォーマーとなる人材要件は存在しませんが、活用するメリットや共通する要素などは多くの企業や学術分野で研究がされています。今回はハイパフォーマーとはどのような人材であるのか、概要について説明します。

ポテンシャル採用のメリットやデメリットとは?新たな母集団形成にも

スキルや経験を問わずに人材を採用できるのがポテンシャル採用です。新卒や第二新卒などの若手の採用で用いられる傾向にありますが、中途採用の新たな母集団形成としても注目されています。しかしポテンシャルは抽象的な概念であるため、何をどのように評価するのかなど明確にしなければならないポイントや教育体制の整備、早期離職の防止などに注意しなければなりません。ポテンシャル採用を導入するメリットやデメリット、注意点などについて説明します。

面接で優秀なポテンシャル人材を「見逃さない」ために

面接で優秀な人材を見極めるためには「求める人物像」を明確にして、どんな人材が優秀であるのかを定義し、スキルや人柄を見極めることが大切です。売り手市場で即戦力人材の獲得が難しくなっていく中、優秀な人材に成長するポテンシャルがあるかどうかを見極めることが、人材獲得に課題を感じている企業にとって重要となります。今回は優秀な人材とはどのような人材なのか、優秀な人材を見逃さないために何をすべきかについて説明します。

採用面接には「面接で聞くことリスト」を作って、事前に準備を行おう!

採用面接の限られた時間を最大限に有効活用するためには、事前の準備が必要不可欠です。そのためには「面接で聞くことリスト」を作成し、求める人物を見抜けるか、面接での回答に対して掘り下げる質問は適切か、様々なパターンを想定してシミュレーションしておくことが大切です。今回は面接で聞くことリストを作る上で、もれなく綿密に洗い出すために必要なことを説明します。

コンセプチュアルスキル(概念化能力)の項目や要素の一覧、具体例とは?

ビジネススキルの中でも抽象度が高いのが「コンセプチュアルスキル(概念化能力)」です。トップマネジメント層で最も求められるスキルですが、一般社員には不要というわけではありません。コンセプチュアルスキルは先天的な影響が強く「採用段階での見極め」や「中長期的な教育」が重要となります。コンセプチュアルスキルに含まれるスキルも細分化することができます。今回はコンセプチュアルスキルの項目や要素の一覧と各スキルの内容、ビジネスシーンでの具体例について説明します。

コンセプチュアルスキル(概念化能力)とは?意味や定義、項目について

コンセプチュアルスキル(概念化能力)とは、ビジネススキルを体系化したカッツモデルの中で、経営層などのトップマネジメントになればなるほど求められるスキルです。一般社員やリーダー職などでも、比重が少ないだけで、不要なスキルではありません。採用や人事考課など、人材を適切に評価することが求められる人事業務において、コンセプチュアルスキルを理解し、うまく活用できるように、コンセプチュアルスキル(概念化能力)の意味や定義と項目、人事業務に活用するメリットやポイントについて説明します。

テクニカルスキル(業務遂行能力)の種類や一覧、具体例とは?

現場で業務を行う人材が活躍するために必須なのが「テクニカルスキル」です。これは業務遂行能力や専門性の高さを示すものですが、一般に「狭く深い」スキルであるがゆえに汎用性がないと考えられることもあります。テクニカルスキルを人事評価の基準として設定するなら「業種・職種問わず活かせるテクニカルスキル」があることを知っておくべきです。汎用性の高いテクニカルスキルの種類や一覧、具体例を紹介しながら「テクニカルスキルを持つ人材をどう活用できるか」について説明します。