記事カテゴリー

「 求める人物像 」一覧

ゆとり社員の特徴とは?親の教育や周囲の環境から影響を受けている

ゆとり社員とはゆとり教育を受けた社員のことで、2026年の新卒まではゆとり社員に該当すると言われています。いつの時代も世代間ギャップは生じており、性格や価値観の違いからトラブルに発展することも多くあります。ゆとり社員の特徴として挙げられる項目は、親の教育や周囲の環境から影響を受けているものが多くあります。今回はゆとり社員の特徴について説明します。

ゆとり社員とは?世代の特徴を把握しながら、個人の特性に注意する

ゆとり社員とはゆとり教育を受けた社員のことで、2026年の新卒まではゆとり社員に該当すると言われています。いつの時代も世代間ギャップは生じており、性格や価値観の違いからトラブルに発展することも多くあります。ゆとり世代の特徴を踏まえながら、個人の性格や価値観についてきちんと理解することが大切です。今回はゆとり社員について説明します。

就業力を構成するスキルとは?軸となる3つのスキルを理解しよう

就業力とは「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」のことです。就業力は次世代の会社経営を担う人材に育つ可能性を秘めたスキルですが、就業力の高い学生を採用しようとしても、就業力を具体的なスキルにまで落とし込んでから採用要件に組み込むことが大切です。今回は就業力を構成する3つのスキルについて説明します。

就業力とは?就職力とは異なる採用すべき学生が持つスキルについて

就業力とは「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」のことです。多くの大学・専門学校が実施しているエントリーシートの添削・模擬面接による就職力とは異なるスキルで、就業力は次世代の会社経営を担う人材に育つ可能性を秘めたスキルです。今回は就業力とはどのようなスキルなのかについて説明します。

プロジェクト管理スキルとは?具体的にどんな能力が求められるのか

プロジェクト管理スキルは「ビジネスの総合力」が求められるスキルです。課題発見や課題解決、分析力などだけでなく、円滑に業務を進めてもらうためのコミュニケーションスキルなども重要になってきます。今回はプロジェクト管理に求められることから、プロジェクト管理スキルがどのようなスキルなのについて説明します。

若者の離職率の改善に向けた効果的な対策方法や施策とは?

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。離職理由として多く挙げられているのは、仕事や業務内容、人間関係、労働条件のミスマッチです。今回はそれぞれの離職理由から考えられる効果的な対策方法や施策について説明します。

管理スキルとは?現代で重要になっている理由と不足しているワケ

管理スキルとは、マネジメントスキルとも呼ばれ、中間管理職や経営層に求められるスキルのことです。多くの企業では管理スキルの重要性を認めつつも、そのスキルについての上司と部下の認識の齟齬が見られたり、管理スキルの教育・研修の効果については十分に検証されていないという問題があります。管理スキルとはどんなスキルか、そしてなぜ重要なのかを解説します。

若者の離職理由とは?仕事・人間関係・労働条件のミスマッチを改善しよう

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。離職理由として多く挙げられているのは、仕事や業務内容、人間関係、労働条件のミスマッチです。早期離職を防止するためには、自社の離職理由に多いものから対策することが大切です。今回は若者の離職理由をデータから読み解きます。

実行力と行動力の共通点と違いとは?人材要件を詳細に落とし込むために

実行力とは、目標を設定して行動する能力のことです。行動力とは、目的のために積極的に行動する力です。実行力と計画力は似たような概念ですが、計画性の観点では大きな違いがあり、採用要件や教育研修に落とし込む際には、2つの能力の違いを理解して詳細に落とし込んでいくことが大切です。今回は実行力と行動力の共通点や違いについて説明します。

若者の離職率の現状とは?データから自社の数値を比較してみよう

若者の離職率は高いと言われ続けています。大卒の入社後3年以内の離職率は3割といわれる状況が20年以上続いており、現在もまだ改善されていない状況にあります。しかし3割という数字は性別や年齢、雇用形態や事業規模によって違いがあります。自社の離職率を改善するためには、3割という数字を基準に考えるのではなく、自社の従業員規模などとあった数字を基準に考えることが大切です。今回はデータからみる若者の離職率の現状について説明します。