記事カテゴリー

「 求める人物像 」一覧

スキルマップの活用事例とは?実際の企業における事例を5つご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを導入する際には、他社の事例を参考にすることで、高い効果と効率が得られます。今回は、スキルマップを導入した企業の事例と、導入した結果得られた効果を5つご紹介します。

スキルマップの評価項目の決め方とは?具体的な方法をご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する上では、評価項目が細かく具体的であればあるほど、現場の業務実態に近く精度の高い資料となります。今回は、スキルマップの評価項目を設定するための具体的な方法をご紹介します。

組織適応力の高い人材とは?組織適応性の4つの傾向から見極める!

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを判断するための根拠となる、人材の性格や価値観の傾向を意味する言葉です。自社の組織風土に合った組織適応力を持つ人材を採用できれば、離職率の改善や生産性の向上が期待できます。今回は自社への組織適応力が高い人材を見抜くために、組織適応性にはどのようなタイプがあるのかをご紹介します。

スキルマップの作り方とは?評価項目や評価基準の決め方について

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する際には、評価項目や評価基準を正しく設定しなければ、業務の質や社員のモチベーションを低下させてしまう恐れがあります。今回はスキルマップの作り方について、評価項目や評価基準、評価方法の決め方をご紹介します。

スキルマップとは?スキルを可視化する目的とメリット・デメリット

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップは、教育研修だけでなく人事評価やマネジメント、人材採用などの様々な人事業務に活用できます。今回はスキルマップの意味や目的、メリット・デメリットについてご紹介します。

職務適応性検査とは?採用活動における効果的な活用方法について

職務適応性検査とは、職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、人材がどれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応性検査は、応募者が現時点で持っているスキルだけでなく、将来的なポテンシャルを含めた適性を測ることができます。今回は職務適応性という言葉の意味や定義、職務適応性検査のメリットとデメリットについてご紹介します。

人材ポートフォリオの分析方法とは?分析結果を人事業務に活用しよう

人材ポートフォリオの分析結果は、人材の配属や異動、採用戦略や雇用形態などの人事業務に役立ちます。人材ポートフォリオは便利なマネジメント手法ですが、分析結果だけを頼りに人事業務を行うと、社員のモチベーション低下や離職につながる危険があります。今回は人材ポートフォリオを使った分析の方法や、分析結果の活用方法と注意点についてご説明します。

ストレス耐性検査とは、どんなことが分かるのか?先天的・後天的な要素で考えよう

ストレス耐性検査とは、適性検査の一種で、ストレス耐性の強さを見極める検査です。精神障害の労災請求が年々増加しており、多くの企業が入社前にストレス耐性を見極めようとしています。今回はストレス耐性検査で見極められる6つの要素と、見極めるべき要素について説明します。