記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 求める人物像 」一覧

    ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの関係性とは?歴史背景から読み解く

    マネジメントの世界的な第一人者、ピーター・ドラッカー氏が提唱した「ナレッジワーカー」。この対語である「マニュアルワーカー」とともに、1970年代以降さまざまなビジネスの現場で使われている用語です。今回は、人事担当者として知っておきたい「ナレッジワーカー」と「マニュアルワーカー」の概要とその違いなどについてご紹介します。

    性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

    採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。

    マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは?将来性や必要性について

    マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは、ナレッジワーカー(知識資産労働者)の対語である存在です。高度経済成長期において特徴的な働き方で、マニュアル通りに正確かつ速さが求められていました。現代の働き方においてナレッジワーカーの重要性が高まっているものの、マニュアルワーカーが不要というわけでは決してありません。マニュアルワーカーの意味や定義、今後マニュアルワーカーに求められるものについて説明します。

    性格検査を採用の現場で活かす方法とは?適性検査の種類を知る

    適性検査の一つである性格検査とは、曖昧で抽象的な概念である性格や価値観を、客観的かつ具体的に明示化してくれる検査です。しかし性格検査は分析を行うのみで、人事業務へ具体的にどのようにして応用していけばよいのかについては、利用者に委ねられ、有効活用できていないことも多々あります。今回は性格検査とは何か、自社ならではの形で活用するための方法やメリットについて説明します。

    ナレッジワーカーの条件や特徴とは?抽象化して定義すると

    顧客ニーズの多様化、付加価値の創造など、企業が競争で勝ち残るためにはナレッジワーカーの活用が必要不可欠です。ナレッジワーカーとは、知識や経験を知恵として活用して付加価値を生み出す労働者のことを指します。ナレッジワーカーの条件や特徴は自社が置かれている環境によって様々ですが、抽象化して条件や特徴を定義して説明します。

    知識を知恵に活用するナレッジワーカーとは?意味や重要性について

    ロボットや人工知能の発達により、単純作業を行うマニュアルワーカーではなく、知識を知恵として活用するナレッジワーカーの重要性が高まっています。ナレッジワーカーとは、マネジメントの生みの親であるピーター・ドラッカーが提唱した用語で、知識経済を根本から支える高度な専門知識をもつ労働者と定義されています。ナレッジワーカーとホワイトカラーの違いや、何故今後ナレッジワーカーが重要視されていくのかについて説明します。

    新卒採用で「求める人物像」を設定する3つのポイントとは?

    採用活動を成功させるためには「求める人物像」を明確にすることが大切です。人材採用は、自社の課題解決手段であり、目的ではありません。新卒採用の場合、対象となる求職者のほとんどは専門性が高いとは言えない人材であるため、「人物重視」「伸びしろを期待」して採用活動が行われます。新卒採用を成功させるためには、抽象的で曖昧である「人物」や「伸びしろ」、「コミュニケーションスキル」などを具体的な項目に落とし込み、優先順位を付けて早期離職を防ぐ採用活動を行う必要があります。今回は新卒採用における「求める人物像」を設定する上で、重要な3つのポイントについて説明します。

    ハイパフォーマーに育成する方法とは?何を育成するかを明確化しよう

    組織の中でも高い成果を出すハイパフォーマー。ハイパフォーマーへの育成戦略は組織として非常に重要です。ミドルパフォーマーやローパフォーマーをハイパフォーマーに育成するためには、まず彼らだけが持ち合わせる特徴を明確にすることが重要です。自社ならではのハイパフォーマーを効率的に育成する方法について説明します。

    ハイパフォーマーの特性の分析方法とは?特徴を抽出して人材活用に活かす

    ハイパフォーマーの特徴が分かれば、採用要件だけでなく、人材育成などの人事戦略に組み込むことができます。組み込むためには自社のハイパフォーマーの特徴を分析する方法を知る必要があります。ハイパフォーマーを構成する要素には①思考や価値観②スキル③行動特性の3つの視点があります。それぞれの視点での分析方法について説明します。

    「ハイパフォーマー」の特徴から人材育成を考える

    売上の8割を生み出すと言われる上位2割の従業員であるハイパフォーマーですが、自社組織で活用する上で、まずはハイパフォーマーの特徴について知ることが大切です。ハイパフォーマーが持ちあわせているスキルなどをミドルパフォーマー、ローパフォーマーに身に付けさせることで、効率の良い人材育成が可能になります。今回はハイパフォーマーの特徴として、思考(価値観)、スキル、行動特性の3つの視点から説明します。