記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

【業務改善助成金の記入例】申請書類の書き方とは?

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。助成金を受給するためには、どんな設備投資を行い、どんな効果が得られるのかを記載する事業実施計画書を記入し、提出する必要があります。業務改善助成金の申請の流れや、申請に必要な書類の書き方について説明します。

カリスマと認知されて部下を動かす!カリスマ型リーダーシップとは?

カリスマ型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。カリスマ型リーダーシップでは、カリスマ性を先天的に身につけていることではなく、部下などからカリスマだと認知されることで発揮できるリーダーシップです。代表的な人物としてAppleの創始者であるスティーブ・ジョブス氏が挙げられます。カリスマ型リーダーシップはどのような場面で活用できるのか、活用するメリットやデメリットについて説明します。

労働生産性を向上させた企業事例や施策とは?業務自動化だけではない!

労働生産性の向上は、多くの企業が取り組んでいる課題です。しかしながら、自社の課題と適した施策に取り組まなければ効果は表れないだけでなく、適した施策を実施しても効果が表れないこともあります。労働生産性が高い企業は、ロボットなどの業務の自動化を行うだけでなく、中長期的な視点での改善を行っています。今回は労働生産性の高い企業が取り組みを行った目的や施策、得られた効果などの事例について紹介します。

業務改善助成金の受給事例とは?他社の取り組みを参考にしよう!

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。既にいくつかの企業が業務改善助成金を受給しており、取組内容や効果も現れています。今回は業務改善助成金を受給した企業の取り組み内容やその効果をご紹介します。

労働生産性を向上させる方法とは?付加価値額の増加から考える

労働生産性を向上させるには、労働の成果である「付加価値額」を増加させる方法と労働投入量である「労働人数や労働時間、人件費」を減少させる2つの方法があります。売り手市場や労働者不足と言われる現在の日本において、人件費を削減することは法律的にも厳しく、大きな改善を行うことは難しい領域です。今回は労働生産性を向上させるための「付加価値額の増加」の視点から、どのような方法で付加価値額を上げることができるのかについて説明します。

業務改善助成金とは?生産性の向上と正規・非正規間の格差を是正する!

働き方改革における課題として「労働生産性の向上」や「正規・非正規間の格差是正」などが挙げられます。業務改善助成金とは「労働生産性の向上」と「正規・非正規間の格差是正」を行う中小企業を助成する制度です。賃金を向上させるためには労働生産性の向上が必要ですが、予算面から設備・機器投資が難しい企業に向けて、設備投資の費用の70%以上が負担される助成金です。今回は業務改善助成金の受給要件や受給するための流れ、受給金額などについて説明します。

コンセプト理論とは?課題に対してリーダーシップ・スタイルを変える

現代のリーダーシップ研究は、コンセプト理論が主流となっています。コンセプト理論は、条件適合理論を発展させたリーダーシップ論です。条件適合理論では、部下や問題の難易度に応じたリーダーシップの一般的な共通解を見つけ出すことが目的でしたが、コンセプト理論は、具体的なビジネスシーンや課題に対して、誰もが活用できるように研究されています。コンセプト理論の概要と、コンセプト理論の中でも代表的な理論について説明します。

労働生産性が低い理由とは?日本企業の生産活動から考える

日本の労働労働生産性は過去最高水準と言われていますが、1995年からの約20年、ほぼ横ばいで推移しています。一方で他国の労働生産性の向上が凄まじく、国際社会で比較すると日本の労働生産性は低いと言われるようになりました。日本企業の労働生産性が低い理由として、パソコンの普及によるITの利活用やグローバル化における市場競争の激化に対応しきれなかったことだけでなく、人事評価制度や就業者の意識の変化などにも労働生産性が低いといわれる理由があると考えられます。今回は日本企業の生産活動における、労働生産性が低い理由について掘り下げて説明します。

キャリアアップ計画書の記入例とは?キャリアアップ助成金を申請しよう!

キャリアアップ助成金には目的に応じた7つのコースがあります。どのコースを申請するにしても、キャリアアップ計画書という書類の提出が必要です。キャリアアップ計画書は、会社情報などの一般的な項目だけでなく、誰を対象としたキャリアアップ計画を行うのか、目標や全体の流れはどのようなものかを記載しなければなりません。キャリアアップ計画書の概要と書き方や記入例、提出期限などについて説明します。

リーダーシップのSL理論とは?部下の能力から将来のリーダーを育成しよう!

SL理論とは、部下の習熟度に合わせて発揮するリーダーシップを変える理論です。SL理論を活用すれば、業務のことが分からない新人社員には具体的な業務指示を行って教育するなど、将来のリーダーとなる人材を育てることが可能となります。SL理論の概要と、部下の習熟度に合わせてとるべきリーダーシップについて説明します。