記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

ローパフォーマーとは?パフォーマンスの低い社員が生まれる原因や対策

ローパフォーマーとは、高い業績を生み出すハイパフォーマーの対義語であり、目標の成果が生み出せない人のことです。業績の悪化や他の社員への悪影響を生む可能性がある人材ですが、ローパフォーマーを切り捨てても解消されないどころか悪化する可能性があります。健全な組織を目指す上ではローパフォーマーへの対応がしっかりとできるかが焦点となります。今回はローパフォーマーの概要や放置するデメリット、原因と対応策について説明します。

リーダーシップとは?意味や良い・悪いリーダーを決める要因と具体例

企業にとって魅力的なのが「リーダーシップがある人材」です。会社で働いてもらうならば長期的に会社利益を出してくれる人材が望ましく、部署や会社全体に良い影響を与えるには「リーダーシップ」を発揮できる人材が不可欠となります。しかし、「リーダーシップ」という言葉は広く、頻繁に使用されているにもかかわらずいくつかの誤解を持ったまま認識している人も多くいます。今回はリーダーシップとはそもそも何か、どんな誤解があるのかなどについて説明しますので、リーダーシップの重要性を再認識してみましょう。

【人間関係論】ホーソン実験の実験内容とは?人間関係論が注目された背景とは

良好な人間関係が労働生産性の向上につながることを発見した「ホーソン実験」。約90年前の実験ではありますが「人間関係論」の基となり、現在でも多くの研究や企業に影響を与えています。ホーソン実験では様々な仮説検証を行い「労働環境」「労働条件」「個人の感情」「人間関係」について実験を行いました。今でも影響を与えるホーソン実験の内容について、説明します。

ホーソン実験とは?人間関係が労働生産性向上に影響を与える!

労働生産性を向上させるために「従業員エンゲージメント」や「社内コミュニケーション」の改善が注目されています。労働環境や条件ではなく、人間関係が生産性に影響を与えることを分かったきっかけとして約90年も前の「ホーソン実験」があります。ホーソン実験から「人間関係論」が生まれ、「モチベーション」や「リーダーシップ」などの人間関係を対象とした研究につながっています。基となったホーソン実験の概要について、説明します。

社員のモチベーションが低いことで起きる問題と対策の方法とは?

社員のモチベーションが低い状態では、労働生産性の低下や離職率の悪化など、企業にとって様々なデメリットがあります。モチベーションの低下は企業にとって致命的な悪循環を生むため、根本的な対策を行うことが極めて重要です。今回は社員のモチベーションが低いことで起きる問題と、モチベーション低下を防ぐ対策方法をご紹介します。

モチベーションマネジメントとは?心理学で分かるモチベーション理論

モチベーションマネジメントとは、社員が高いモチベーションを持って仕事に取り組めるように、企業が行う施策や管理のことです。社員のモチベーションを上げるためのマネジメント方法は、心理学の理論に大きなヒントが隠されています。今回はモチベーションをマネジメントする方法と、モチベーションとはどういうものなのかを、心理学的な理論にもとづいてご説明します。