記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

【人間関係論】ホーソン実験の実験内容とは?人間関係論が注目された背景とは

良好な人間関係が労働生産性の向上につながることを発見した「ホーソン実験」。約90年前の実験ではありますが「人間関係論」の基となり、現在でも多くの研究や企業に影響を与えています。ホーソン実験では様々な仮説検証を行い「労働環境」「労働条件」「個人の感情」「人間関係」について実験を行いました。今でも影響を与えるホーソン実験の内容について、説明します。

ホーソン実験とは?人間関係が労働生産性向上に影響を与える!

労働生産性を向上させるために「従業員エンゲージメント」や「社内コミュニケーション」の改善が注目されています。労働環境や条件ではなく、人間関係が生産性に影響を与えることを分かったきっかけとして約90年も前の「ホーソン実験」があります。ホーソン実験から「人間関係論」が生まれ、「モチベーション」や「リーダーシップ」などの人間関係を対象とした研究につながっています。基となったホーソン実験の概要について、説明します。

社員のモチベーションが低いことで起きる問題と対策の方法とは?

社員のモチベーションが低い状態では、労働生産性の低下や離職率の悪化など、企業にとって様々なデメリットがあります。モチベーションの低下は企業にとって致命的な悪循環を生むため、根本的な対策を行うことが極めて重要です。今回は社員のモチベーションが低いことで起きる問題と、モチベーション低下を防ぐ対策方法をご紹介します。

モチベーションマネジメントとは?心理学で分かるモチベーション理論

モチベーションマネジメントとは、社員が高いモチベーションを持って仕事に取り組めるように、企業が行う施策や管理のことです。社員のモチベーションを上げるためのマネジメント方法は、心理学の理論に大きなヒントが隠されています。今回はモチベーションをマネジメントする方法と、モチベーションとはどういうものなのかを、心理学的な理論にもとづいてご説明します。