記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

ジョブ・クラフティングを実施する方法とは?企業からのサポートも大切

ジョブ・クラフティングとは、従業員一人ひとりが仕事の捉え方や業務上の行動を主体的なものへと修正することで、退屈な作業や「やらされ感」のある業務を、自らやりがいのあるものへ変容させる手法のことをいいます。モチベーションと生産性は密接に関係しているおり、モチベーションの向上が自社の労働生産性・業績の向上につながります。今回はジョブ・クラフティングを実施する方法について説明します。

ジョブ・クラフティングとは?従業員が主体的に働くために必要なこと

ジョブ・クラフティングとは、従業員一人ひとりが仕事の捉え方や業務上の行動を主体的なものへと修正することで、退屈な作業や「やらされ感」のある業務を、自らやりがいのあるものへ変容させる手法のことをいいます。モチベーションと生産性は密接に関係しているおり、モチベーションの向上が自社の労働生産性・業績の向上につながります。今回はジョブ・クラフティングについて説明します。

全体最適と部分最適の関係性や活用方法とは?全体像を周知しよう

全体最適と部分最適は、企業の生産性向上のためには必要不可欠な考え方です。経営者は理想の状態である全体最適を目指しますが、従業員は短期的に実現しやすく目先の課題を解決できる部分最適を目指しますが、全体最適を考えていない部分最適は逆に生産性を低下させてしまう恐れがあります。今回は全体最適と部分最適の関係性や活用方法について説明します。

部分最適とは?多くの労働者が生産性向上のために陥りやすい思考について

部分最適とは「特定の問題に対して、一部分のみが最適化されている状態」のことを指し、組織やシステムの一部に着目して業務の効率化を図った状態のことをいいます。特定の問題を解決するためには効果的である反面、他部署や他業務に悪影響をもたらし、組織全体としての生産性を低下させてしまう恐れもあります。今回は部分最適について説明します。

全体最適を阻害する課題や実現するための方法とは?経営層が主体になろう

全体最適とは「組織全体として最適な状態」のことを指し、組織として最もパフォーマンスを発揮できる状態のことです。全体最適を実現するためには、全体最適を阻害する要因や課題についての対策をしながら、成功させるためのポイントについて理解しておくことが大切です。今回は全体最適の実現方法について説明します。

全体最適とは?企業全体として生産性を高めるために必要な視点について

全体最適とは「組織全体として最適な状態」のことを指し、組織として最もパフォーマンスを発揮できる状態のことです。従業員個人や部署ごとに最適化を行ったとしても、企業全体としての全体最適は実現できないため、横断的な改善が必要になります。今回は全体最適について説明します。

組織社会化の実行方法とは?乗り越えるべき3つの課題を理解しよう

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化を行うためには、解決しなければならない課題について理解し、どのように課題を解決していくのかの方法について明確な目的意識をもった状態で取り組む必要があります。今回は組織社会化の実行方法について説明します。

社会組織化とは?早期離職や生産性の改善に欠かせないプロセス

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化は、離職率・定着率の改善だけでなく、労働生産性の向上にも影響があり、結果的に業績の向上にもつながる重要な概念です。今回は組織社会化について説明します。

ジュニアボード制度の導入に役立つ企業事例とは?

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を導入したからと行って必ず成功するわけではなく、失敗してしまった起業も多くあります。今回はジュニアボード制度の企業事例について説明します。

ジュニアボード制度のやり方とは?研修実施前の事前準備や注意点について

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を実施するためには、メンバーや議題の選定など、様々な準備が必要です。今回はジュニアボード制度のやり方について説明します。