記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

マインドセットの変革方法とは?本人や周囲の取り組み、研修について

マインドセットとは、経験や教育、生まれ持った性質などから形成される「ものの見方や考え方」を意味する言葉です。マインドセットの変革のためには、本人の自覚と努力だけでなく、上司や同僚といった周囲の環境も重要になります。今回は、社員のマインドセットの変革方法についてご紹介します。

マインドセットの使い方とは?ビジネスシーンへの影響の違いについて

マインドセットとは、経験や教育などから形成される「ものの見方や考え方」を意味する言葉です。グロースマインドセットを持つ人とフィックストマインドセットを持つ人では、同じビジネスシーンにおける捉え方や考え方が異なり、その後の行動も大きく変化します。今回は、グロースマインドセットとフィックストマインドセットの違いや、マネジメントへの使い方についてご紹介します。

フィックストマインドセットとは?意味や定義、企業への影響について

フィックストマインドセットとは「人の能力は固定的で努力しても変わらない」という考え方を意味する言葉です。フィックストマインドセットに陥った社員は、当人の生産性が低下するだけでなく周囲のモチベーション低下や離職を引き起こす危険があります。今回はフィックストマインドセットの意味や定義、企業への影響や具体例、グロースマインドセットとの関係についてご紹介します。

グロースマインドセットとは?言葉の意味や企業での活用方法について

グロースマインドセットとは「自分も他人も含めて、人はみな成長するもの」という考え方を意味する言葉です。グロースマインドセットを根付かせることができれば、社員のモチベーションが高まり、会社の生産性が大幅に向上します。今回はグロースマインドセットの意味や定義、企業のメリットや活用方法についてわかりやすくご紹介します。

OJTやOff-JTの助成金制度とは?人材開発支援助成金を活用しよう!

OJTやOff-JTを実施する際には、人材開発支援助成金制度を活用すれば、訓練にかかった経費や訓練中の賃金の一部が助成されます。人材開発支援助成金は、支給対象となる訓練が幅広いため、自社のOJTやOff-JTが助成対象となる可能性は十分にあります。今回は、OJTやOff-JTを実施する際に申請できる助成金をご紹介します。

キャリア開発の企業事例から見る!キャリア開発の内容や効果とは?

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発に自社で取り組み始める際は、他社の成功事例を参考にすることで、施策の質と成功の可能性が大きく向上します。今回はキャリア開発を行った企業の事例から、キャリア開発の目的・内容・効果を詳しくご紹介します。

ダイバーシティマネジメントとは?意味やメリット、実施方法について

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメントを正しく行えば、生産性の向上や離職率の低下など、企業に様々なメリットがあります。今回はダイバーシティマネジメントの意味や目的、メリットや課題についてご説明します。

タスク型ダイバーシティとは?メリットや活用方法を理解しよう

タスク型ダイバーシティとは、能力・経験・知識など、実力の多様性のことを意味する言葉です。タスク型ダイバーシティは、組織や事業に新しい知識や価値観を与え、イノベーションを起こす大きなきっかけとなります。今回はタスク型ダイバーシティの意味やメリット、デモグラフィー型ダイバーシティとの違いについてご紹介します。

OJTによる教育研修の実施方法とは?PDCAのサイクルを意識しよう!

OJTを実施する際には、人事部や経営層だけでなく、実際に教育を行う各部門がOJTの意味や目的を正しく知っておくことが大切です。OJTによる教育研修は、PDCAのサイクルを意識して教育の目的をハッキリさせることで、効果や効率を向上させることができます。今回はOJTの基本となる4段階職業指導法やPDCAのサイクルにもとづいて、OJTによる教育研修の実施方法をご紹介します。