記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

従業員の離職を防止するために、施策と期待のギャップを認識しよう

従業員の離職防止は多くの企業における課題となっています。離職防止施策として企業内訓練などを実施する企業は多いですが、従業員側は離職防止施策としてはあまり効果がないと回答しています。離職防止施策を実施するためには、組織が一方的に施策を考えるだけでなく、従業員が何を求めているのか、従業員が離職してしまう理由は何かを把握して効果的な防止施策を講じることが大切です。今回は従業員の離職を防止するために企業が実施している施策と従業員が期待する施策のギャップについて説明します。

離職防止のために対策すべき課題とは?効果的な施策を選択しよう

離職率の改善はあらゆる企業にとって重要な課題となっています。主な離職理由として一般的に人間関係や待遇、仕事内容への不満や会社の将来への不安などが挙げられますが、どれも採用段階で丁寧に理解を確認し入社前後のギャップをなくすこと、入社後には定期的なカウンセリングなどで不満を大ききになる前に把握し解決に取り組むことが大切です。今回は離職防止のために対策すべき課題について説明します。

離職防止のソリューションとは?退職理由から改善施策を考えると

離職を防止する方法としては「自社で発生した離職理由」と「一般的に多い離職理由」の2種類を改善するアプローチがあります。一般的に多い離職理由として共通しているのは「入社前に思い描いていた理想と入社後に感じた現実とのミスマッチ・ギャップ」です。今回は一般的に多い離職理由から、離職を防止するソリューションについて説明します。

離職を防止するメリットとは?コスト削減や労働生産性の向上など様々!

多くの企業が人材獲得や人材確保に課題を抱えています。労働力人口が減少して新規人材の獲得が難しくなる中で、既存従業員の離職を防止するメリットとしてコスト削減や労働生産性の向上など様々なことが挙げられます。今回は離職を防止することによって得られるメリットについて説明します。

経済産業省が提唱する「2025年の崖」とは?DXレポートの概要について

経済産業省による「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」ではITシステムの移行の必要性が主張されています。印象的なのが「2025年の崖」という言葉です。国内IT市場における諸問題をより引き起こされる最悪のシナリオに対する危機感を喚起するもので、最大で年に12兆円の経済損失が出ると試算されています。この記事では、2025年の崖が提唱された「DXレポート」の概要を紹介します。

2025年の崖の原因や対策方法とは?事前準備を進めていこう

2025年の崖とは、基幹業務システムのサポートが打ち切られることで発生するITシステム問題のターニングポイントを示す言葉です。DX(デジタルトランスフォーム)の失敗は市場競争力の低下につながり、最大に年12兆円の経済損失が発生すると試算されています。今回は2025年の崖が発生する原因や対策方法について説明します。

2025年の崖とは?古いシステムが労働生産性の低下につながる

2025年の崖とは、古い自社システムを使い続けていることで発生する経営問題です。2025年の崖によって最大年間12兆円の損失が出ると試算されています。IT人材が減少し、自社システムの度重なるアップデートによりシステムがブラックボックス化し、新しいシステムに移行できないことによって生じます。今回は2025年の崖がなぜ起こるのか、何が問題であるのかについて説明します。

J字カーブとは?入社直後から従業員の組織コミットメントは下がり続ける

J字カーブとは、従業員の組織コミットメントの変化をグラフ化したときのモデルです。入社直後から組織コミットメントは下がり続け、勤続7年目頃から回復していくとして考えられています。若手社員の組織コミットメントがなぜ下降し、停滞し、回復するのかの要因を知っておくことは、新入社員を受け入れて育成していく上で非常に重要です。今回はJ字カーブについて説明します。

エンプロイーエクスペリエンスの向上方法とは?施策の具体例について

エンプロイーエクスペリエンスは社員と企業との接点、経験によって社員が得る価値やエンゲージメントを表す概念で社員のパフォーマンス向上には最適な指標です。今回はエンプロイーエクスペリエンスを向上させる方法の具体的な施策についてご紹介します。

アンラーニングの実施方法とは?リフレクションを大切にしよう

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も会社もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。ここでは「アンラーニング」を実際に実施するための方法について説明します。