記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

OJTやOff-JTの助成金制度とは?人材開発支援助成金を活用しよう!

OJTやOff-JTを実施する際には、人材開発支援助成金制度を活用すれば、訓練にかかった経費や訓練中の賃金の一部が助成されます。人材開発支援助成金は、支給対象となる訓練が幅広いため、自社のOJTやOff-JTが助成対象となる可能性は十分にあります。今回は、OJTやOff-JTを実施する際に申請できる助成金をご紹介します。

キャリア開発の企業事例から見る!キャリア開発の内容や効果とは?

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発に自社で取り組み始める際は、他社の成功事例を参考にすることで、施策の質と成功の可能性が大きく向上します。今回はキャリア開発を行った企業の事例から、キャリア開発の目的・内容・効果を詳しくご紹介します。

ダイバーシティマネジメントとは?意味やメリット、実施方法について

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメントを正しく行えば、生産性の向上や離職率の低下など、企業に様々なメリットがあります。今回はダイバーシティマネジメントの意味や目的、メリットや課題についてご説明します。

タスク型ダイバーシティとは?メリットや活用方法を理解しよう

タスク型ダイバーシティとは、能力・経験・知識など、実力の多様性のことを意味する言葉です。タスク型ダイバーシティは、組織や事業に新しい知識や価値観を与え、イノベーションを起こす大きなきっかけとなります。今回はタスク型ダイバーシティの意味やメリット、デモグラフィー型ダイバーシティとの違いについてご紹介します。

OJTによる教育研修の実施方法とは?PDCAのサイクルを意識しよう!

OJTを実施する際には、人事部や経営層だけでなく、実際に教育を行う各部門がOJTの意味や目的を正しく知っておくことが大切です。OJTによる教育研修は、PDCAのサイクルを意識して教育の目的をハッキリさせることで、効果や効率を向上させることができます。今回はOJTの基本となる4段階職業指導法やPDCAのサイクルにもとづいて、OJTによる教育研修の実施方法をご紹介します。

心理的安全性の論文の内容とは?重要なポイントを分かりやすく解説!

心理的安全性はGoogleの発表で注目を集めた言葉ですが、心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学のエイミー・エドモンソン教授です。エドモンソン教授の論文には、心理的安全性のメリットや高める方法が詳しく書かれています。今回は、心理的安全性の論文の内容について、重要な部分をピックアップしてご紹介します。

OJTとOff-JTの違いとは?メリットを高めデメリットを防ぐ方法

OJTとは職場で実務を通して行う研修のことで、Off-JTとは職場を離れて行う合宿や集合研修などの研修のことです。OJTとOff-JTにはそれぞれ違ったメリットとデメリットがあり、上手く組み合わせることで教育研修としての効果・効率を最大限に高めることができます。今回はOJTとOff-JTの違いについて説明し、それぞれのメリットを高める方法とデメリットを防ぐ方法をご紹介します。

心理的安全性を解明したGoogleのプロジェクト・アリストテレスとは?

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。Googleのプロジェクト・アリストテレスによる研究の結果、心理的安全性を高めることで、チームの労働生産性が大きく向上することが判明しました。今回は心理的安全性と労働生産性との関係について発表した、Googleのプロジェクト・アリストテレスの研究についてご紹介します。

Off-JTとは?意味や定義、OJTとの違いや研修効果を高める方法

Off-JTとは、実務の現場を離れて行う教育研修のことを意味する、企業が従業員の能力開発のために行う教育研修の手法の一つです。Off-JTは単に研修の手間を減らすだけでなく、OJTと組み合わせることで、社員全体のレベルアップと教育研修の効率化を同時に実現できます。今回はOff-JTの意味や定義を説明した上で、Off-JTによる研修の目的やメリット・デメリットについてご紹介します。