記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

J字カーブとは?入社直後から従業員の組織コミットメントは下がり続ける

J字カーブとは、従業員の組織コミットメントの変化をグラフ化したときのモデルです。入社直後から組織コミットメントは下がり続け、勤続7年目頃から回復していくとして考えられています。若手社員の組織コミットメントがなぜ下降し、停滞し、回復するのかの要因を知っておくことは、新入社員を受け入れて育成していく上で非常に重要です。今回はJ字カーブについて説明します。

エンプロイーエクスペリエンスの向上方法とは?施策の具体例について

エンプロイーエクスペリエンスは社員と企業との接点、経験によって社員が得る価値やエンゲージメントを表す概念で社員のパフォーマンス向上には最適な指標です。今回はエンプロイーエクスペリエンスを向上させる方法の具体的な施策についてご紹介します。

アンラーニングの実施方法とは?リフレクションを大切にしよう

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も会社もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。ここでは「アンラーニング」を実際に実施するための方法について説明します。

エンプロイーエクスペリエンスとは?従業員のエンゲージメントを上げる

エンプロイーエクスペリエンスとは、直訳すると「社員の経験」のことであり、入社後だけでなく入社前も含めた従業員の経験をデザインしてエンゲージメントを高める概念です。エンプロイーエクスペリエンスは、労働生産性や離職率に大きく影響を与えている重要な概念です。今回はエンプロイーエクスペリエンスの概要について説明します。

アンラーニングとは?過去の知識や経験にとらわれずに育成を行う

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も組織もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。今回はアンラーニングの概要について説明します。

BPRの具体的な手法とは?4つのプロセスを理解して実践しよう

BPRとはバブル気の不況にあえぐ日本で注目された業務フロー全体を見直すことで業務の立て直しを図る手法です。具体的な手法としては①検討②分析③実施④モニタリング・評価の四つのプロセスとなります。BPRは大掛かりなプロジェクトになりやすいですが、予測不可能性の高い現代の市場で生き残るために取り組む価値のある手法です。

BPRとは?業務の改善・最適化を図る方法を理解して活用しよう

BPR(Business Process Re-engenieering)とは、日本語で「業務改革」を意味し、従来の業務改善のような業務フロー別の改善にとどまらず、事業全体の業務プロセスを根本的に見直すことで企業に大きくかつポジティブな変化をもたらすことを目的にバブル崩壊後の日本で注目されました。大きな変化をもたらす取り組みであるが故のリスクも大きいですが、働き方改革によって労働生産性が求めれれる中再び注目されています。

スパンオブコントロールの人数を決定する要素とは?最適な人数を知る

スパン・オブ・コントロールとは、上司が直接連動してマネジメントできる人数の限界を示したものです。一般的には5~8人、多くても10人程度と言われていますが、過半数以上の管理職が10人以上の部下を抱えている現状があります。今回はスパン・オブ・コントロールの人数が変動する要素について説明します。

経験学習モデルを意識した人材育成方法の事例とは?自社でも活用しよう

1つの経験から多くを学び深く理解する経験学習モデルは、人材育成の現場ではぜひ取り入れたい学習事例のひとつです。業務で得た知識や経験を最大限に活かすためには、経験学習サイクルを回すことが大切で、自社制度に経験学習サイクルを取り組れることで、自然に経験学習を行うことができます。今回は経験学習サイクルを意識した人材育成の取り組み事例について説明します。

海外で長時間労働が発生しにくい理由とは?日本の現状と取組を知ろう

日本に比べて、欧米をはじめとした海外の国々では長時間労働者の割合が低い調査結果があります。長時間労働者の割合が低い理由として、法律や労働協約で労働時間や残業可能時間がこと細かく定められていること、成果主義やタスク管理が徹底しており成果を出していれば柔軟に働き方を変えられることなどが挙げられます。今回は海外で長時間労働者の割合が低い理由から、取組内容を紹介します。