記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

フリーライダー問題が生まれる原因や具体例、特徴とは?ビジネスシーンで考える

他者の成果を横取りし、会社にただ乗りするフリーライダーは、組織や他の従業員に対して悪影響を与える存在です。フリーライダーは元々社会学や経済学の概念であり、どのようにして生まれるのかのメカニズムも研究されています。今回はフリーライダーが生まれてしまう原因や、ビジネスシーンにおける具体例、特徴について説明します。

リーダーシップの行動理論とは?具体的な行動から優れたリーダーを探る

リーダーシップ研究は100年以上の歴史があり、行動理論は1940年代頃から研究された代表的な理論の一つです。リーダーシップはスキルであり、身につけられる能力であるが、その能力を追求するために、優秀なリーダーの行動に着目して要因を探ろうとしたものが行動理論です。何故行動理論が生まれたのか、行動理論のうち代表的な理論であるマネジリアル・グリッド論やPM理論の概要、行動理論の問題点について説明します。

キャリアアップ助成金の正社員化コースとは?金額や条件について

非正規労働者として働いているが、正社員として働きたい人は273万人、25歳~34歳の世代でも57万人がいるとされています。非正規雇用から正規雇用だけでなく、有期雇用を無期雇用、無期雇用を正規雇用とすると受給できる助成金がキャリアアップ助成金の正社員化コースです。正社員化コースでは、1人あたり最大72万円、1年度あたり最大1440万円が支給される助成金です。正社員化コースの概要や受給要件、申請の流れについて説明します。

フリーライダーとは?会社にぶら下がるタダ乗り社員問題

他人の成果にただ乗りする「フリーライダー」とは、以前は「給与泥棒」などと言われた昔から存在する概念です。少子化に伴う労働人口の減少の一方で、企業の事業に活用されない雇用保蔵者、社内失業者数は増加傾向にあります。フリーライダーの意味や定義、他の従業員や会社に与える悪影響について説明します。

リーダーシップの特性理論とは?リーダーの才能や資質は育成できる!

現代に続くリーダーシップ研究の礎となった「特性理論」が1900年代から1940年代まで研究されていました。特性理論では、リーダーシップとは生まれ持った才覚であると定義されて、生まれ持って優れたリーダーとなる前提の元で研究がされましたが、普遍的な特徴が見つかりませんでした。リーダーシップはスキルであり、訓練することができることを裏付けた特性理論について説明します。

新入社員の配属先の決め方にカルチャーフィットを使ってみよう!

採用だけでなく、配属先を決める業務も人事担当者には重要かつ難しい業務の一つです。人手不足である部署を新入社員が希望していない、希望している部署が適切だとは思えない場合にはどのように判断すべきでしょうか?配属の負担を減らし、客観的な判断材料ができる配属の決め方としてカルチャーフィット配属があります。近年のカルチャーフィット研究の知見から、カルチャーフィット配属について説明します。

キャリアアップ助成金とは?非正規雇用労働者の問題を解決しよう!

キャリアアップ助成金とは、非正規労働者への待遇改善を目的とした助成金です。非正規労働者を正規労働者として雇用する、非正規労働者の賃金を上げるなどだけでなく、健康診断制度を導入する、家族手当などの福利厚生制度を導入するなども助成の対象となり、目的によって7つのコースに分かれます。今回はキャリアアップ助成金の目的や各コースの概要について説明します。

ローパフォーマーへの対応や対策とは?解雇ではなく育成が大切な理由

組織が大きくなればなるほど、業務成績の芳しくない人材やスキルや能力が不足しているローパフォーマーが発生しやすくなります。ローパフォーマーだからと言って解雇しても、新たなローパフォーマーが生まれたり、不当解雇として裁判になる可能性すらあります。今回はローパフォーマーが生まれてしまう原因から、ローパフォーマーを生まないための対策と生まれてしまった場合の対応について説明します。

リーダーシップ論とは?リーダーシップ理論の歴史や研究動向について

多くの企業が「リーダーシップのある人材」を求めていますが、リーダーシップとは何かについて具体的に説明できる人は多くありません。現代のリーダーシップ理論は1900年代から研究が始まり、様々な仮説検証が行われながら、社会背景に合ったリーダーシップ論が研究されています。今回は現代のリーダーシップ理論の歴史や研究内容、各理論で何が課題であったのかについて説明します。

ローパフォーマーの特徴とは?真面目なローパフォーマーを改善する

成果が出なかったり、能力やスキルが足りていないローパフォーマーは、真面目な人でもなってしまう可能性があります。人事担当者や経営者が「優秀な人材」だと思ったとしても、現場ではローパフォーマー化してしまうことは起こりえます。組織が大きくなるほど、ローパフォーマーが生まれる可能性が高まります。今回はローパフォーマーにしっかりと向き合うために、ローパフォーマーの特徴などについて説明します。